二十四節気とは?簡単に24つ全部を説明!


カレンダーを見ていると、普段使わない言葉や読めない漢字、聞いたことはあるけど意味が分からない、そういった単語が、どの月にも数個ありますよね。

例えば、立春や大寒、こういう言葉はニュースなどでもよく聞きます。
春分・秋分は祝日にもなっていますし、冬至はかぼちゃを食べる日として定着しています。

その一方で、小満、霜降は、初めて聞く言葉で、知っている漢字でも正しい読み方が分からない言葉です。

自称、漢検2級の私としては、気になることもいっぱい。(関係ないか)

ちょっと調べてみたら、これらの言葉は、すべて二十四節気(にじゅうしせっき)という1年を24つの季節に分けた名称ということが分かりました。

そこで、本日は、二十四節気がどういうものなのかの由来と、24つの季節がどういう季節でいつになるのかを分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

二十四節気とは

二十四節気
二十四節気という季節の分け方は、中国の戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)に生まれた考え方です。

それが日本に伝わり、江戸時代の頃から広く使われるようになりました。
現在でも、その名残として季節の変わり目を示す言葉として使われているんですね。

では、二十四節気が、どういうものなのかを説明します。
ちょっと難しい話も多いのですが、出来るだけわかりやすく頑張ります!

二十四節気と暦

現在、私たちが日々見ているカレンダーは、グレゴリオ暦という地球が太陽を1周する期間を1年と定めた太陽暦に基づいたものです。

でも太陽暦が暮らしのベースになったのは、けっこう最近のことなんです。

日本が、グレゴリオ暦を公式のカレンダーと定めたのは、明治6年。
それ以前は、月の満ち欠けを1か月とする太陰暦が暮らしのベースとされていました。

この二つ、何が違うかというと、太陽と月の周期の違いから1年の長さがそもそも違いました。

  • 太陰暦の1年は354.3671日間。
  • 太陽暦の1年は、365.3671日。

この数値から分かるように、太陽暦と太陰暦では1年が11日も違います

春や秋といった季節は、太陽と地球の位置関係で変わっていきます。
つまり地球が太陽の周りを1周する公転周期365日で季節は一巡りしているんですよね。

なのに、日常の生活は季節の一巡する365日に11日足りない太陰暦です。
その 太陰暦と太陽暦のずれを修正すると同時に、1年を四季に分ける方法として考え出されたのが二十四節気という考え方というわけです。

ですが、この二十四節気は、中国で作られたため中国の気候に合わせて作られています。
そのため、二十四節気と日本の実際の季節感が合わないところが随所にあります。

それを補うために作られたのが、土用や八十八夜などの「雑節(ざっせつ)」と呼ばれる考え方です。
二十四節気と雑節、同じく季節季節で巡ってきますが、成り立ちが違っていたんですね。

さて、次は二十四節気を決める太陽と地球の位置の話です。
理科が苦手な文系女子が理解できた内容を超コンパクトにお伝えします。

二十四節気と太陽の動き

二十四節気は、太陽の1年間の動きを黄道上で15度ごとに24等分して決められています。
こうして決めた24等分の期間に名称をつけ、天候の影響を受けやすい農作業の目安としたものが二十四節気です。

黄道って何?

黄道というのは、地球から見た太陽の動き。
実際には、地球が太陽の周りを公転しているのですが、地球を中心に太陽が動いていると考えた時の太陽の道筋のことです。

スポンサーリンク

二十四節気は日にちをさす?

「今日は1年で最も暑いとされる大暑です。」
こんな言葉をニュースで聞いたことありませんか?

大暑を例にしましたが、「大暑」というとき、その日1日のことを思っている人が多いのではないかと思います。

二十四節気は、1日だけではなく約15日間で区切られた季節ですが、「大暑」というときには、その期間を意味するときと、その期間が始まる節入り日を意味するときがあります。

特に大きな区切りの八節(はっせつ)

二十四節気の中で、八節と呼ばれ、特に季節の大きな区切りとされるものがありますのでご紹介します。

四立(しりゅう)
四季それぞれの始まりとされる、立春・立夏・立秋・立冬を指します。

二至二分(にしにぶん)
昼夜の時間がほぼ同じとなる春分・秋分、1年のうちで昼間の時間が最も長い夏至、同じく夜の時間が最も長い冬至の4つのことです。

二至二分と四立をあわせて八節。
さすがに、よく耳にしますし、今でも季節の移り変わりを知る目安として根付いているものばかりですね。

スポンサーリンク

二十四節気全ての簡単説明

二十四節気は、春・夏・秋・冬の四季に、6つずつの節気が割り当てられています。

江戸時代は、農耕が社会を支えていました。
農耕に欠かせないのは太陽を中心とした季節の変動を正しく知ること。
一方、生活で使われていたのは、月の動きが分かる暦。

二十四節気が、種まきをして作物を育て収穫するうえで大事だったのことが、それぞれの説明を知るとよく分かるような気がします。

春をあらわす二十四節気

立春

立春(りっしゅん)

2月4日~2月18日ごろ

旧暦の1年の始まり。暦の上では、この日から春が始まる。
厳しい寒さの中に春の気配が感じられる頃。 節分や八十八夜などの「雑節」は、立春から数えて何日目かで日にちが決まる。

立春2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.09.27

雨水 (うすい)

2月19日~3月4日ごろ

陽射しの暖かさが増し、雪や氷が溶けてはじめ、雪が雨に変わる季節。
春一番が吹き、草木も芽吹き始める。

雨水2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.10.19

啓蟄 (けいちつ)

3月5日~3月19日ごろ

冬眠していた虫や蛙が目覚め、地表に這い出して来る季節。
実際に、虫たちが地表に表れるのは、1日の気温が10度を超える必要があるので、もう少し先。

啓蟄2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.11.06

春分 (しゅんぶん)

3月20日~4月3日ごろ

太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる日。北半球では、春分の日から夏至まで、昼間の時間が長くなる。
春分の日を真ん中に、前後7日間が「春の彼岸」。「暑さ寒さも彼岸まで」、本格的に暖かくなりだす。

春分2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.11.20

清明 (せいめい)

4月4日~4月19日ごろ

すべてのものが明るく生き生きとして、清らかに見える季節。桜の満開もこの時期で、多くの花が楽しめる時期。

清明2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.12.07

穀雨 (こくう)

4月20日~5月4日ごろ

穀物を育む春の雨が降る季節。 田畑の種まきに適した時期。

穀雨2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.12.20

夏をあらわす二十四節気

立夏

立夏 (りっか)

5月5日~5月19日ごろ

暦の上では、この日から夏が始まる。山の新緑が目にまぶしく、夏の気配が感じられる季節。

立夏2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2018.01.03

小満 (しょうまん)

5月20日~6月4日ごろ

陽気もよく、草木などが勢いよく伸びる季節。西日本は梅雨のはしり。田植えの準備が始まる。

小満2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2018.01.16

芒種 (ぼうしゅ)

6月5日~6月20日ごろ

麦や稲など、穂先に芒(のぎ、とげのようなもの)がある穀物を植える季節。6月11日ごろに入梅(にゅうばい:つゆいり)する。

芒種2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2018.02.02

夏至 (げし)

6月21日~7月6日ごろ

北半球では、昼間の時間が最も長い日。この日から冬至まで、昼間の時間が短くなっていく。
梅雨の真っただ中。

夏至2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2018.02.14

小暑 (しょうしょ)

7月7日~7月22日ごろ

梅雨明けの季節。本格的に暑くなり始める。
蝉の声が聞こえ始める。

小暑2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2018.03.05

大暑 (たいしょ)

7月23日~8月6日ごろ

梅雨も明けて、夏の暑さがピークとなる季節。
夏バテ予防に、うなぎを食べる土用の丑の日はこの時期。

大暑2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.08

秋をあらわす二十四節気

立秋

立秋 (りっしゅう)

8月7日~8月22日ごろ

暦の上では、この日から秋が始まる。

実際には、まだまだ暑さの厳しい時期。立秋を境に、残暑見舞いに変わる。

立秋2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.09

処暑 (しょしょ)

8月23日~9月6日ごろ

暑さが止むとされる季節。お盆を過ぎると、朝夕に涼しい風を感じることも。
台風の到来シーズンでもある。

処暑2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.10

白露 (はくろ)

9月7日~9月21日ごろ

朝露がおりて、草が濡れる季節。ようやく秋の気配が感じられる頃。

白露2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.15

秋分 (しゅうぶん)

9月22日~10月7日ごろ

節入り日が秋の彼岸の中日。太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる日。北半球では、秋分の日から冬至まで、夜の時間が長くなる。

「彼岸」は、「現世を離れ極楽浄土の岸に到る」という仏教用語。お墓に参って、先祖を供養する週間。

秋分2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.23

寒露

10月8日~10月22日ごろ

秋が深まり、朝晩に冷たい風が吹き始める季節。稲の収穫も終わり、木々が紅葉しはじめる。

寒露2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.07.31

霜降 (そうこう)

10月23日~11月6日ごろ

朝夕が冷え込み、山間部では霜が降りる季節。紅葉も色づきを深め、冬を迎える準備に入る。

霜降2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.08.04

冬をあらわす二十四節気

立冬

立冬 (りっとう)

11月7日~11月21日ごろ

暦の上では、この日から冬が始まる。 木枯らしが吹き、早いところでは初雪が降る所も。

立冬2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.08.07

小雪 (しょうせつ)

11月22日~12月6日ごろ

冷え込みが厳しくなる季節。木々も葉を落として枝だけになり、平野部でも初雪の便りがある。

小雪2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.08.08

大雪 (たいせつ)

12月7日~12月20日ごろ

本格的な冬が始まる。池や川の水が凍り始め、寒い地方の積雪が深くなる季節。

大雪2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.08.14

冬至 (とうじ)

12月21日~1月4日ごろ

1年中で最も夜の時間が長い日。この日から夏至まで、昼間の時間が長くなっていく。

冬至かぼちゃを食べ、柚子湯に入る風習が有名。

冬至2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.08.19

小寒 (しょうかん)

1月5日~1月19日ごろ

この日を「寒の入り(かんのいり)」という。寒さが厳しさを増し、「節分」までの1か月が「寒」の期間。

小寒2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.09.04

大寒 (だいかん)

1月20日~2月3日ごろ

1年で最も寒い季節。1の最低気温が観察されるのもこの時期のことが多い。

「立春」を迎えることを「寒明け」という。

大寒2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.09.16

まとめ

二十四節気とは、中国の戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)に生まれた季節の分け方です。
それが日本に伝わり、江戸時代の頃から広く使われるようになりました。

江戸時代の日本は月の動きをもとに作られた太陰暦を暦に採用していましたが、季節の移り変わりは地球が太陽の周り1周する公転周期で移り変わっていきます。
現在、私たちが使っている暦は、太陽暦ですので、公転周期が1年の長さになります。

  • 太陰暦の1年は354.3671日間。
  • 太陽暦の1年は、365.3671日。

太陰暦と太陽暦は毎年11日のずれがあります。
太陰暦と太陽暦のずれを修正すると同時に、1年を四季に分ける方法として考え出されたのが二十四節気です。

天候の影響を受けやすい農作業にとっては、太陽の動きを知ることは非常に重要です。
二十四節気は、農業を営む上でも大切な目安とされてきたのでした。


あわせて読みたい記事