大寒2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!


大寒と書いて、“だいかん”と読みます。

字からも分かるとおり、寒さが最も厳しい時期をあらわします。

この頃に大学入試が本番を迎えますが、雪の日とぶつかることも多く、例年のように、雪の影響で試験の開始時刻に影響があることを心配するニュースが聞かれます。

今年は暖冬だなぁと思っていても、大寒の時期には不思議と雪が降るのですよね。

そんな大寒ですが2018年はいつでしょうか。
日程はもちろん、大寒とはどういう季節なのか、まつわる事柄についてもピックアップしてお届けしていきます。

スポンサーリンク

大寒の由来と時期

二十四節気大寒top
大寒とは、日本が太陰暦だったころに、季節の移り変わりを知るために使っていた二十四節気という区分の一つです。

大寒の日というのは、この大寒という時期の始まる日(節入り日)のことです。

大寒という場合、節入り日の当日のみを指すこともありますが、本来は約15日間の期間を意味します。

2018年の大寒はいつ?

2018年の大寒の日(節入り日)は1月20日です。
2018年の大寒の期間は1月20日から2月3日までです。

大寒かレンダー

年によって1日前後しますが、例年1月20日ごろから始まり、次の二十四節気・立春の前日にあたる2月3日ごろまでが大寒の時期になります。

二十四節気とは?簡単に24つ全部を説明!

2017.07.10

大寒とはこんな季節

大寒は、二十四節気では一年で最も冷え込み寒さが厳しい時期ですが、立冬から始まった冬の最後の節気でもあります。

同時に大寒は、二十四節気の24番目つまり最後の節気です。
次の節気は、旧暦で1年の始まりとされる立春、待ちに待った春の訪れです。

大寒の日に寒さはピークを迎え、その後、季節は徐々に春へと動き出します。
「小寒の氷大寒に解く」という言葉もあるように、15日を平均すると、実は大寒より小寒の方が気温が低くなることもあるのです。

大寒にあたる七十二候

二十四節気をさらに5日ごとの季節に分類した七十二候では、大寒は次のような季節になります。

款冬華(ふきのはなさく)
1月20日から1月24日頃は、フキノトウが凍り付いた地面から芽吹いてつぼみを付ける時期といいます。
寒波が訪れ雪も積もりますが、地面の中では草花が春の準備を始めている象徴でもあります。

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
1月25日から1月29日頃は、沢の水も厚く凍るほど一年で最も寒い時期です。
最低気温が氷点下を記録する地域も多いことでしょう。

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)
1月30日~2月3日頃は、鶏が卵を産み始める時期と言う意味です。
鶏は、本来春から夏にかけて卵を産む生き物です。
その鶏が卵を生み出すほど、春の気配が濃くなることをあらわしています。

スポンサーリンク

大寒の時期の気象データ

最低気温が氷点下を記録することも多い大寒の時期。
気象庁の観測データから、各地点で観測された最低気温のランキングを見てみましょう。

順位観測地点最低気温観測された日
1旭川-41.01902/1/25
2帯広-38.21902/1/26
3江丹別-38.11978/2/17
4富士山-38.01981/2/27
5歌登-37.91978/2/17

*気象庁のデータから作成

1位と2位は、1902年とかなり昔のデータながら大寒の時期ですね。
このランキングは20位まで作成されているのですが、6位以下で1月24日~28日が、7回ランキングされていました。
大寒の1月下旬が、ぐっと冷え込む時期だということがよくわかります。

ただ、やはり近年の温暖化の影響もあり、最低気温のランキングが入れ替わるということは少ないようです。

実際に東京の1月下旬の平均最低気温を見てみると、1960年ごろまではもっと寒かったことがうかがえます。

1月下旬東京の最低気温

あまり寒くないのは嬉しいものの、こうしてグラフを見ると温暖化が感じられて、やはり心配になりますね。

大寒に関わる雑学

大寒ふきのとう

寒仕込み

この寒さを活かして味噌やお酒の仕込むことを「寒仕込み」といい特に美味しい味噌やお酒ができるといいます。

気温が低いと醗酵がゆっくりと進み味に深みが出ることを活かした昔の人の知恵には脱帽です。
水道水のなかった時代には、大寒の時期の水が、雑菌が少なく繁殖も少ない良質な水として「寒仕込み」をする上でも最適だったのですね。

大寒卵

今でこそ1年中手に入る鶏卵ですが、鶏は本来寒い時期には卵を産みません。

その鶏が、小寒・大寒の「寒の内」とされる寒い時期に産んだ卵は、「寒卵」と呼ばれ、寒さに負けない滋養と強運の卵として珍重されてきました。

その中でも大寒の日に生まれた卵は、「大寒卵」と特別なものとして、子供が食べると丈夫に育ち、大人が食べると金運が上がるといいます。

1年中卵が手に入る現在でも、「大寒卵」は数が少ない貴重品のようですよ。

湯立神事

湯立神事は、ご神前に大きな釜をおいてお湯を沸かして、そのお湯に笹をひたしてお湯のしずくを周りに振りかけて清め祓いを行う神事です。
巫女がおどる神楽と結びついて湯立神楽としても知られており、各地の神社で神事として行われています。

中でも京都の城南宮神社では、1年の無病息災を祈願してこの湯立神事を大寒の日に行うことで知られています。

節分

節分は、「季節を分ける日」という意味で、立春・立夏・立秋・立冬の四立(しりゅう)の前日を指していますが、現在では節分と言うと、立春の前日、つまり大寒最後の日を指すようになりました。

「鬼は外、福は内」と豆をまいて鬼を追い払う節分ならではの風習。
これは、季節の変わり目に出てきた鬼を悪霊を祓う力のある大豆で退治するというものです。

まとめ

大寒は、季節をあらわす区分に十四節気の一つで、冬の終わりでもあり1年の終わりの節気でもあります。

最低気温が氷点下を下回ることが多い時期でもあり、その寒さを利用してお味噌や酒の仕込みも始まります。

そして、寒さが厳しいと同時に季節は春へと徐々に動き出す時期でもあります。
春は、もうすぐそこまで来ています!
待ち遠しいですね!

  • 次の二十四節気は立春です。

立春2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.09.27

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事