立春2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!


立春と書いて、“りっしゅん”と読みます。

立春と言えば、節分とセットで取り上げられることが多いですね。
そのためか、同じ日と混同してしまいがちですが、立春の前日、つまり大寒の最終日が節分です。

立春の前日だけではなく、本来は立夏・立秋・立冬の前日も節分なのですが、近年では立春の前日だけを指すようになっています。
立春が、二十四節気では1年の始まりの節気ということからも特別扱いも納得できますね。

そして、四柱推命などでは立春から次の年の運気に変わるとされていることをご存知でしょうか。
干支も正確には、節分までに生まれた人は前年の干支に入りますので、運勢を知る上でも立春は重要なのです。

若かった時ほど占いを気にはしなくなりましたが、翌年の運勢や占いの本の広告や雑誌の特集を見かけると、運気の入れ替わる立春がいつなのかが、つい気になってしまいます(笑)

そんな立春ですが2018年はいつでしょうか。
日程はもちろん、立春とはどういう季節なのか、まつわる事柄についてもピックアップしてお届けしていきます。

スポンサーリンク

立春の由来と時期

二十四節気立春top
立春とは、日本が太陰暦だったころに、季節の移り変わりを知るために使っていた二十四節気という区分の一つです。

立春の日というのは、この立春という時期の始まる日(節入り日)のことです。

立春という場合、節入り日の当日のみを指すこともありますが、本来は約15日間の期間を意味します。

2018年の立春はいつ?

2018年の立春の日(節入り日)は2月4日です。
2018年の立春の期間は2月4日から2月18日までです。

立春カレンダー

年によって1日前後しますが、例年2月4日ごろから始まり、次の二十四節気・雨水の前日にあたる2月18日ごろまでが立春の時期になります。

二十四節気とは?簡単に24つ全部を説明!

2017.07.10

立春とはこんな季節

立春に入ると「寒明け」となり、暦の上では立春の日から春が始まり、立夏の前日までが春となります。

そして、立春は二十四節気の最初の節気です。

茶摘みに歌にある八十八夜や、台風の厄日として知られる二百十日・二百二十日などは、立春を起点に数えた日数なのですね。

旧暦で生活していた時代は、立春は一年の始まりでもありました。
今でも中国では、立春を春節として盛大に祝う習慣があります。

ただ、旧暦は月の動きから作られる暦です。
一方、二十四節気は太陽の動きをもととした日付です。
旧暦の元旦と立春が同じ日になるのは、約30年周期で訪れるために、朔旦立春(さくたんりっしゅん)と呼ばれ、大変縁起の良いこととされます。

ちなみに、旧暦の元旦の前に立春があると、年内立春と呼び、元旦の後に立春があることを新年立春と呼びます。

立春で暦の上では春になっても、2月は寒さがまだまだ厳しい時期です。
そんな中にも、時折、春を感じさせる陽射しが差し込む日もあり、九州や太平洋側の温暖な地域からは梅の開花の便りも届く頃です。

スポンサーリンク

立春にあたる七十二候

二十四節気をさらに5日ごとの季節に分類した七十二候では、立春は次のような季節になります。

東風解凍(はるかぜこおりをとく)
2月4日から2月8日頃は、春に吹く東寄りの風が、川や湖に張りつめた氷をとかし始める時期です。
七十二候でも最初の候にあたり、いよいよ春が近いことをあらわします。

「東風」は、“こち”と読み、昔から俳句や和歌に詠まれてきました。

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしと手 春を忘るな
(東風が吹いたら その香りを遠く離れる私のもとまで届けておくれ 梅の花よ。 私がいなくなっても春を忘れてはいけないよ)

学問の神様・菅原道真が、大宰府に左遷される道真の心境をよんだ歌としてあまりにも有名な一首です。

黄鶯睍睆(うぐいすなく)
2月9日から2月13日頃は、ウグイスが春を告げるかのように、美しい鳴き声を響かせだす頃です。
その年に初めて聞くウグイスの声は「初音(はつね)」と言いますが、気象庁でもウグイスの初鳴き日を観測しているほど、春の訪れをしる事象です。

魚上氷(うおこおりをいずる)
2月14日~2月18日頃は、川や湖の氷が、いよいよ春の暖かさで割れはじめ、氷の下に閉じ込められていた魚が水面に跳ね上がる時期とされています。
水の中も徐々に温かくなりますので、魚が泳ぐ姿も水中に見られるようになっていきます。

立春の時期の気象データ

ともに春を告げる花と鳥である梅とウグイス。
実際には、梅とウグイスの取り合わせは見られることが少ない光景ということをご存知でしょうか。
梅に緑色の小鳥がよく止まっていますが、あの小鳥はウグイスではなくメジロなのです。

ですが、昔から梅とウグイスはセットで扱われることが多いのも事実。
そこで、2017年の梅の開花とウグイスの初鳴きが観測された日を調べてみました。

梅の開花日うぐいす初鳴き
都市観測日都市観測日
札幌4月28日函館4月25日
仙台2月20日仙台3月10日
東京1月10日横浜3月19日
名古屋1月10日岐阜3月 7日
大阪2月17日神戸4月 2日
福岡1月19日福岡3月10日
那覇12月22日那覇1月31日
京都2月27日京都3月24日

*気象庁データから作成
*札幌、東京、名古屋、大阪は、ウグイスの初鳴きの観測がないため近隣都市のデータを記載

観測データを見る限り、梅の開花とウグイスの初鳴き、立春とちょうど重なるというのは珍しいことのようです。

そして、それぞれの観測日を見ると、意外に間が空いていることが分かります。
北海道まで行くと、両方の日にちは接近していますが、1~2ヶ月も離れているとは驚きました。

梅の花が一歩も二歩も先に春を告げて咲くということですね。

そういえば、初詣に京都の北野天満宮に行くのですが、もう梅の花、咲いています。
ところが、京都の観測対象の梅は2月27日とかなり遅い開花日が記録されているので、こちらもちょっと意外な数値でした。

立春に関わる雑学

立春紅梅メジロ
旧暦の一年の始まりでもある立春ですが、立春だからといって食べるものは特にないようです。
風習としても冬至の柚子風呂のように広く知られている「これ!」といったものはないのも何だか不思議な感じではあります。

ですが、調べてみるとやはりありました!
春だけに「縁起のいい」内容満載です(笑)

立春大吉

立春の早朝に禅寺の門前に、「立春大吉」と書いた御札が貼られることから、広まった厄除けの風習です。

「立春大吉」という漢字は左右対称のため、表から見ても裏から見ても“りっしゅんだいきち”と読むことができます。

その御札を玄関に貼っておくと、季節の変わり目に現れるという鬼が、家の表から入って振り向くと「立春大吉」が表と同じように読めるので、家の中に入ったはずなのになぁと逆戻りして出ていく。
つまり、鬼を追い出せるので平穏無事に過ごせる厄除けと考えられています。

初午大祭

商売の神様として知られる稲荷神社のお祭りです。
初午詣は、福詣とも呼ばれる京都の初春第一の祭事とされています。

もともとは、稲荷神社の祭神である稲荷大神が、奈良時代である711年(和銅4年)2月の初午の日に、稲荷山の三ケ峰に初めて鎮座されたことをしのぶものでしたが、豊作祈願と結びつき、大変賑わいのあるお祭りとなりました。

かつては、旧暦の2月初午で行われていましたので、現在の2月下旬の幾分暖かくなる時期でしたが、新暦の初午で開催されるようになってからは、まだ寒い節分前に初午が来る年もあります。

立春朝搾り

立春の未明に搾られて、その日のうちに店頭に出荷される日本酒が、立春朝搾りとして限定販売されます。

日本名門酒会の企画で1998年から始まり、以降毎年実施されています。
立春朝搾りに参加した酒蔵から出荷されて、日本名門酒会に加盟している酒販店でだけで入手できるということです。

「立春」の縁起のよさと、早朝の厳しい寒さの中で搾られたお酒というのが、とてもキレの良いお酒を想像させますね。

まとめ

立春は、二十四節気の始まりの節気で、暦の上では立春の日から立夏の前日までは春とされます。
また、旧暦が暦として使われていた時期には、立春は一年の始まりでもありました。
八十八夜や二百十日・二百二十日などは、立春から数えた日数で言い表されたものです。

実際は、まだまだ寒い2月の時期ですが、春の足音を感じることも増えてきます。
気候が温暖な九州や太平洋側から梅の開花が観測され、春を告げるウグイスの初鳴きも聞こえてきます。
春は、もうそこまで来ていますね。

  • 次の二十四節気は雨水(うすい)です。

雨水2018年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

2017.10.19

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事