うんちく話 行事

秋分2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

更新日:


秋分と書いて、”しゅうぶん”と読みます。

国民の祝日でもある秋分の日

祝日法が改正されて以降、秋分の日が水曜日になる年には、秋の大型連休・シルバーウィークが出現するようにもなりましたね。

ですが、秋分というのが、もともとは昔の季節を表わす二十四節気の一つということを知らない方も多いのではないでしょうか。

そんな、秋分ですが2019年はいつから始まっていつまでなのでしょうか。日程はもちろん秋分とはどういう季節なのか、まつわる事柄についてもピックアップしてお届けしていきますね。

秋分の由来と時期

二十四節気秋分top
秋分とは、日本が太陰暦だったころに、季節の移り変わりを知るために使っていた二十四節気という区分の一つです。

秋分の日というのは、この秋分という時期の始まる日(節入り日)のことです。

秋分という場合、節入り日の当日のみを指すこともありますが、本来は約15日間の期間を意味します。


2019年の秋分はいつ?

2019年の秋分の日(節入り日)は9月23日(月)です。
2019年の秋分の期間は9月23日(月)から10月7日(月)までです。

秋分2019カレンダー

年によって1日前後しますが、例年9月23日ごろから始まり、次の二十四節気・寒露の前日にあたる10月7日ごろまでが秋分の時期になります。

二十四節気
二十四節気とは?簡単に24つ全部を説明!

カレンダーを見ていると、普段使わない言葉や読めない漢字、聞いたことはあるけど意味が分からない、そういった単語が、どの月にも数個ありますよね。 例えば、立春や大寒、こういう言葉はニュースなどでもよく聞き ...

秋分とはこんな季節

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、二十四節気の中で秋分は、暑くもなく寒くもないちょうど良い季節です。

また、秋分の日は、太陽がほぼ真東から上り、真西に沈む日でもあり、昼と夜の長さがほぼ同じ日としても知られています。

昼の時間が最も長い夏至、夜の時間が最も長い冬至、そして昼と夜の長さが同じになる秋分と春分は、二至二分(にしにぶん)と呼ばれ、二十四節気の中でも重要な節気なのです。

昼の時間は、夏至をピークとして、当時に向けて徐々に短くなっていきます。

秋分の時期になると、ついこの間まで明るかった時間帯が、ふと気づけば暗くなっていることに驚かされることもしばしば。

「秋の夕べはつるべ落とし」と、秋の夕暮れの早さを表わす言葉もあるのも納得です。

また秋分の日は、秋の彼岸の中日(ちゅうにち:真ん中の日)。秋分の日をはさんだ前後3日は、彼岸の期間ですので、多くの人がお墓参りに訪れます。

そのため、祝日に関する法律でも、秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」と定められているのです。

秋分の時期の七十二候

二十四節気をさらに5日ごとの季節に分類した七十二候では、秋分は次のような季節になります。

雷乃収声(かみなりすなわりこえをおさむ)

9月23日から9月27日ごろは、夏の夕立につきものの雷が収まる時期とされています。

空に浮かぶ雲も入道雲から鱗雲(うろこぐも)に変わり、空も秋へと衣替え完了です。

残暑も落ち着き、夏空から秋空へと、季節が確実に歩を進めていることが実感できる頃ですね。

秋の鱗雲

蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)

9月28日から10月2日ごろは、虫たちが早くも冬ごもりの準備を始める時期です。

この時期は、人間にとっては、快適な時期ですが、虫たちには寒いと感じる時期のようです。

早々に温かい土の中にもぐってしまいます。

テントウムシからカブトムシまで、大小に関係なく土の中で春を待ちます。またここで言う虫には、カエルや蛇も含まれます。

冬ごもりで土にもぐった虫たちは、翌年の啓蟄(3月上旬から中旬)まで、地中でじっと春を待つのです。

虫の冬ごもり

水始涸(みずはじめてかる)

10月3日から10月7日ごろは、田んぼから水を落とす頃とされていて、そろそろ稲穂の刈り入れも始まります。

お米を育てるためには、田んぼの水管理が必要不可欠です。

春、田植えの時期が近づくと、田んぼには水が張られます。

夏には、いったん水を抜き、土を乾かす中干しをします。

真夏には、水温や地温が上がり過ぎて稲が弱らないよう、水を抜いたり張ったりして調節します。

そして収穫の秋、田んぼから完全に水を抜いて乾かし、稲を刈り取っていくのです。

田んぼの風景からも1年を感じることが出来るのは、四季がある国ならではですね。

収穫の秋

秋分の時期の気候

「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言いますが、最近は残暑が厳しく、なかなか涼しくならない気がします。

そこで、実際のところはどうなのか、東京の最高気温で確認してみたいと思います。

秋分、最高気温グラフ

9/159/209/259/3010/5
平年値28.525.728.924.220.7

2018年だけを見ると、上がり下がりが激しいですね。

ですが、平年値(1981年から2010年の30年平均値)を見ると、びっくりするほど見事に秋分の日前後で最高気温が25℃を切っています。

「暑さ寒さも彼岸まで」は本当だったんですね!温度計など無かった時代、人間の体感温度の正確さには驚かされますね。

秋分の時期の雑学

秋の実り
秋分は、秋のお彼岸の時期ですが、お彼岸と言えば「おはぎ」ではないでしょうか(笑)。

おはぎに使われる小豆には邪気を払う力があると信じられていました。

それがお彼岸の先祖供養と結びつき、お彼岸におはぎを食べる習慣が生まれたそうですよ。

秋分の日から金運up?

風水では、秋は「金(きん)」の季節といい、金運が上昇する時期とされています。

稲穂が実って、黄金色の景色が広がるイメージが、そのまま「金(きん)」色に重なってのことでしょうか。

この金運がよくなる時期の始まる日が9月23日で、11月24日までに財布を買い替えると、「秋財布」「実り財布」と呼んで、金運がよくなるとのこと。

財布を買い替えたいという人は、縁起を担いでみるのもいいかもしれませんね。

秋の収穫
秋財布の購入時期はいつ?2019年秋の金運の良い日もご紹介!

10数年前に、たまたま秋に財布を買い替えたことがあります。そのときに、『秋に買う財布は実り財布と言って縁起がいいんですよ』と店員さんに教えてもらったのが、秋の実り財布を知った最初でした。 秋は実りの季 ...

神奈川県、寒川神社の御来光守

神奈川県高座郡寒川町にある寒川神社は、相模国一之宮という由緒正しき神社です。

この寒川神社は、春分の日・秋分の日の日の出と日の入りの地点を結んだ線上(レイライン)に位置しています。

さらにすごいことに夏至・冬至の日もレイラインが通るため、寒川神社パワースポットとして名高い神社さんです。

春分の日・秋分の日は、日の出と日の入りの方角を直線で結びますと、
(御来光道) 房総沖から当寒川神社を通り、富士山山頂を経て元伊勢、出雲大社へとつながっていきます。

出典:寒川神社

春分の日・秋分の日に、寒川神社をお参りすると、この日限定で頒布されている『御来光守』をいただくことができるそうですよ。

数に限りがあるそうなので、お近くの方、興味のある方はお参りされてはいかがでしょうか。

まとめ

「秋分」は、昔使われていた季節の区分、二十四節気の一つで、立秋から数えて4番目の秋の節気です。

年によって1日前後しますが、例年9月23日ごろから始まり、次の二十四節気・寒露の前日にあたる10月7日ごろまでが秋分の時期です。

ちなみに、2019年は9月23日(月)から10月7日(月)までが秋分です。

秋分の時期は、暑くもなく寒くもない過ごしやすい気候が嬉しい時期です。

また秋分の日には、太陽が真東から昇り、真西に沈むため昼と夜の長さがほぼ同じになります。

彼岸の中日でもある秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として国民の祝日に定められています。

レイラインという言葉を今回初めて知りました。二至二分の日に太陽の通り道が交差する地点にある寒川神社、ちょっと惹かれちゃいますね。

関西からは少し離れていますが、機会があれば私も参拝したいなと思いました。

  • 次の二十四節気は寒露です。
二十四節気~寒露top
寒露2019年はいつ?一目でわかるカレンダーで詳しく紹介!

寒露と書いて、”かんろ”と読みます。 「寒」という字が入っていますので、冬という印象を受けますが、実は秋の季節をあらわしていて、時期としては10月です。 ですが、近ごろは残暑が長引く傾向にあるので、1 ...

あわせて読みたい

-うんちく話, 行事
-,

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.