土用の丑の日2018年はいつ?一目で分かるカレンダーで楽々チェック!


暦と結びついている食べ物の中でも、土用の丑の日とうなぎは、特に知られている組み合わせではないでしょうか。

夏のスタミナ食の代表格ともいえるそんなうなぎですが、旬は意外にも冬なのです。

どうして、旬の時期でもない夏の土用と、うなぎが結びついたのか、不思議ですよね。また、カレンダーによっては、今年の土用の丑の日がいつなのか記載されていないこともあります。

そこで、まずはうっかり土用の丑の日に気づかずに、うなぎを食べられなかったという事が無いように、土用の丑の日が一目で分かるカレンダーを作成しました!

さらには、土用の丑の日にうなぎが食べられるようになった由来についても、しっかりお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

「土用の丑の日」とは

土用の丑の日top
2018年の土用の丑の日が何日かを見る前に、そもそも土用の丑の日とは何ぞや?ということをサラッと見ていきたいと思います。(それは知っているよという方は飛ばしてカレンダーをご覧ください⇒2018年土用の丑の日カレンダー

「土用」とは

「土用」とは、暦の上で季節が変わる立春・立夏・立秋・立冬の前の18日(もしくは19日)の期間のことです。

「土用」の根底にあるのは、中国で生まれた「五行説」という考え方です。

五行説では、世の中の全てのものは、“木・火・土・金・水”の5つに分けられると考えますが、季節も例外ではなく、春は木、夏は火、秋は金、冬は水、そして季節の移りかわる時期を土と分類したのです。

土用とは年に4回の要注意期間だった?!2018年はズバリこの時期!

2018.04.14

「丑の日」とは

「干支は何?」と聞かれることがありますよね。

今では、十二支は生まれ年ぐらいにしか使いませんが、かつては月日を表す符丁のようなものでした。(例えば、2018年4月10日は、戌の年、卯の月、申の日という感じですね。)

つまり、「土用の丑の日」とは、先ほど説明した土用の期間に巡ってくる「丑の日」のことを表しているのです。

また、土用の期間は18日から19日間ありますが、一方の十二支は12日で一巡です。そのため、土用の丑の日が、1回だけの年や2回ある年が生じます。年に2回ある時は、最初の「土用の丑の日」を「一の丑」、2回目を「二の丑」と呼びます。なかなか便利ですね(笑)。

ではでは、2018年の土用の丑の日がいつなのかをカレンダーで確認したいと思います!

スポンサーリンク

土用の丑の日、2018年はこの日!

土用の期間は年に4回ありますが、「丑の日」が重要なのは、立秋の前の夏の土用だけです。夏の土用は、「丑土用」と呼ばれるほど、「丑」が意味を持っています。

そのため、ここでも丑土用の期間のみをカレンダーでご紹介させていただきますね。

土用の丑の日2018カレンダー
    2018年の夏の土用期間

  • 土用入り 2018年7月20日(金)
  • 土用明け 2018年8月6日(月)
    2018年の土用の丑の日

  • 一の丑 2018年7月20日(金)
  • 二の丑 2018年8月1日(水)

また、うなぎを食べるというのも夏の土用の「丑の日」だからこそ生まれた風習です。

最近は、冬の土用の丑の日にも、うなぎの宣伝を目にすることがありますが、由来を知ると“うーん、それはどうなんだろう?”と個人的には疑問に感じます。。。

続いて、『土用の丑の日といえば、うなぎ!』となった由来をお伝えしますが、由来を知ると私の疑問にも賛同いただけるのではないかと思います。

スポンサーリンク

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのはなぜ?

土用の丑の日張り紙
そもそも、江戸時代には、丑の日にちなんで、“う”から始まるものを食べると夏負けしないと考えられていました。

そのため、うなぎ以外にも、うり、梅干し、うり、うどん、馬肉、牛肉など、“う”から始まる食べ物も土用の丑の日には、よく食べられていたそうです。

それが、あることをきっかけに、うなぎを食べる日になったわけですが、なぜ”う”のつく物なのかから順を追って、詳しく見ていきましょう!

丑の日だから“う”から始まる食べ物

土用は、五行説の考えに基づいているものと最初に触れましたが、五行説には、対立する物をぶつけることで打ち克てるという考えがあり、それを「相克(そうこく)」と言います。

夏は暑い季節ですから、五行では当然、火です。そして、火に打ち勝てるものといえば水です。

ここで干支の登場です。未と丑の相克

夏の土用は、干支では未(ひつじ)の月。もちろん未も火気にあたります。

未と対立関係にある干支は、右の図からも確認できますが、冬の土用の月である丑(うし)。丑は水気を持つ干支です。

つまり、火気のさかんな夏(未)を水気を持つ丑で鎮めることができると考えます。

ここから、土用の丑の日に、“う”のつくものを食べると夏バテしないと言われるようになりました。(ちょっと語呂合わせの世界ですが(笑))

また、この考えから、土用の丑の日には、五行で水に分類される黒い色の食べ物を食べると良いとも考えられていました。土用しじみや土用餅などが、それですね。

ですが、暑い夏の土用には、スタミナのつくうなぎがピッタリ!食欲もそそられますよね。

結局のところ、色という点からも、うなぎは土用の丑の日にピッタリな条件が揃っていたと言えますが、土用の丑の日といえばうなぎとなるには、もう一つ理由があるのです。

続いて、そちらを見ていきましょう。

日本初のキャッチコピー!

数ある“う”のつく食べ物を押しのけて、土用の丑の日といえばうなぎと言われるようになった陰には、江戸時代のマルチ学者・平賀源内(ひらがげんない)が、鰻屋に授けた日本発のキャッチコピーが成功したからと言われています。

本来、うなぎの旬は夏ではなく冬。当然、どんな食べ物も旬が美味しいですし、うなぎも冬に食べる物でした。

となると、夏は売り上げが落ちます。それを何とかしたいと鰻屋さんが平賀源内に相談したところ、「本日丑の日」という張り紙をするようアドバイスされました。

土用の丑の日の鰻屋さん

いざ、張り紙をしてみたら、うなぎは“う”から始まるし、黒色だしと、一気に売れたのですね。

やがて、それを他の鰻屋さんも真似をしだし、土用の丑の日はうなぎを食べる日として、すっかり定着して、それがそのまま現在まで続いているのでした。

どうでしょう?土用の丑の日のうなぎも商売っ気から出たものでしたが、夏の土用だから、「丑の日」で、”う”から始まる食べ物、”黒色”という根拠(?)があるわけなので、冬の土用に丑の日にうなぎは無理があるように思いません?

うなぎは古くから夏のスタミナ食でした

うなぎが、栄養価が高いスタミナ食で夏バテ防止になるということは、古くから知られていました。
大伴家持(おおともやかもち)がうなぎについて歌った歌が万葉集(7世紀後半~8世紀後半の編纂)に残されています。

石麻呂に 吾物申す 夏痩せに よしと言うものぞ うなぎ取り寄せ

家持さん、なかなかストレートな方ですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

土用の丑の日は、立秋前の夏の土用の期間にめぐってくる丑の日のこと。

土用の期間は18日から19日間のため、年によっては土用の丑の日は2回ある年もありますが、2018年の夏の土用の期間と丑の日は次のとおりです。

    2018年の夏の土用期間

  • 土用入り 2018年7月20日(金)
  • 土用明け 2018年8月6日(月)
    2018年の土用の丑の日

  • 一の丑 2018年7月20日(金)
  • 二の丑 2018年8月1日(水)

また、年に4回ある土用の期間で、「丑の日」が重要なのは夏の土用だけ。

土用は、万物は木・火・土・金・水の5つから出来ていると考える五行説に基づいたものですが、夏は火に分類されます。そして、火を弱めるものと言えば水ですね。

干支で見た場合、夏の土用は、未の月であり、火を弱める水気を持つ冬の土用は丑の月となるため、夏の土用では「丑」が意味を持つのです。

ここから、土用の丑の日に“う”のつくものを食べると夏バテしないと考えられるようになり、江戸時代には、うなぎの他に梅干しやうり、うどんなども食べられていました。

それが、いつしかうなぎを食べる日になったのは、平賀源内が考えた日本初のキャッチコピーが成功したからなのだとか。

いずれにしても、うなぎは栄養価の高いスタミナ食です。そういった意味でも、土用の丑の日のうなぎ、理にもかなっていますよね!

7月といえば何?連想する言葉から行事・記念日まで総まとめ!

2018.03.24

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事