布団を捨てる方法!捨てる枚数やタイミングによってどれがお得か検証


布団は、一度買うと長く使うものの一つです。
長く使うということは、「捨てる」という機会も少ないと言い換えることができますね。

そのためもあってか、布団を買い替えたり、要らなくなったりすると、“あれ?布団ってどう捨てればいいの?”と、戸惑うこともありますよね。

今まさに、我が家でも掛け布団が1枚余っているのですが、当面は弟家族が帰省した時に使えるよう置いておくことにしました。

でも、それも置き場所があるから可能な話です。どこかのタイミングで処分を考えないといけないのは間違いありません。

そこで、気になった時が調べ時とばかりに、本日は布団の捨て方について調べています

捨てる布団が1枚だけか、何枚かあるのか。
買い替えで捨てるのか、引っ越しで捨てるのか。

シチュエーションによって、どの捨て方がお得かも変わってきますので、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

布団を捨てる方法は大きく4つ

布団を捨てる方法top
まずは、布団を捨てる方法ですが、大きく分けると次の4つになります。

  • そのままで粗大ごみに出す
  • 裁断して燃えるごみとして出す
  • 買い替えや引っ越し時の引き取りサービスを使う
  • 不用品の回収業者を使う

前の2つは、お住まいの自治体のごみ回収を利用する方法。
そして、後ろの2つは、業者にお願いする方法です。

自治体や業者によって料金や引き取り方法が違いますが、基本部分で共通することも多くあります。それぞれのメリット・デメリットが分かると、捨てる布団の枚数や捨てる理由によって、どの捨て方を選べば一番お得かが分かりやすくなりますよ。

粗大ごみに出す

何か捨てる・処分するとなった時、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、やはり自治体のゴミ回収ではないでしょうか。

布団ももちろん自治体にゴミとして出せますが、自治体の多くが粗大ごみ・大型ごみとして有料で回収しています。料金や捨てるときのルールなど自治体によって違いますので、詳細はお住まいの自治体に問い合わせが必要ですが、京都市の例に大まかな流れを説明しますね。

    自治体に大型ごみの回収を依頼する手順(京都市の場合)

  1. 大型ごみの受付センターに電話する
  2. 住所、氏名、電話番号、捨てる品名・数量などを告げる
  3. 収集日、手数料、収集場所を教えてもらう
  4. 収集日は受付から1週間ぐらい後のことが多いですが、その時の混み具合でもっと早いこともあります。

  5. 「粗大ごみ処理手数料券(シール)」を買う
  6. 京都市の場合、コンビニや区役所などで買うことができます。
    また、布団1枚につき手数料は400円ですが、自治体が変わっても4~500円ほどのようです。

  7. 「粗大ごみ処理手数料券(シール)」に収集日と名前を記入し、布団の見える場所に貼る
  8. 収集日当日の午前8時までに収集場所に出す

布団を大型ごみに出す

自治体の粗大ごみ・大型ごみで処分すると、何といっても手数料が安いというメリットがあります。

反対にデメリットは、今日捨てたい、明日捨てたいといった急ぎの対応はしてもらえないこと。
収集場所が遠い場合も、ちょっと大変ですね。

また、複数枚を捨てたい場合は、一回の回収では受け付けてもらえないかもしれません。

捨てる布団が1枚か2枚と少なくて、かつ収集日まで置き場所も困らない場合なら、自治体の大型ごみ・粗大ごみに出すのが、手間もかからず費用もお安い捨て方ですね。

ゴミ処理場に持ち込んで捨てる方法

処分したい布団の枚数が多いときなど、自分でゴミ処理場まで持ち込むという方法もあります。

京都市の場合、持ち込みなら、一度に布団10枚まで受け付けOKで、重量が100㎏以下なら1000円と言うお安さです。持ち込む際には身分証明書の提示が必要など、色々と決まり事もありますので、お住まいの自治体に確認してくださいね!

燃えるゴミに出す

布団は、外側の布はもちろん、中綿も羽毛・羊毛・真綿・化繊綿など燃える素材です。

そのため、布団を小さくたたみ紐でくくって一定のサイズ以下になるなら燃えるゴミに出せる自治体もあるようです。

ただ、そうした自治体は全体から見たら少数。多くの自治体では、布団を燃えるごみとして出す場合は布団を小さく裁断する必要があります。(小さく切っても燃えるゴミで出してはいけない自治体もあります!)

最近は、ごみの回収に指定のごみ袋を使わないといけない自治体が多いです。布団を燃えるごみに出す場合は、この指定の袋におさまるように切らないといけません。

この方法は、布団を捨てるための費用はかかりませんが、その分、手間と労力がかかってきます。

もし捨てたい布団が羽毛布団の場合は、手間のかかり加減からも切って捨てる方法はあきらめましょう。想像するだけで、部屋中に羽毛が飛んですごいことになりそうですよね。

また、布団がカビてしまったとか古くなったために捨てるのであれば、切る時に出るホコリやダニの死骸も怖いかなと思います。

布団を切るという労力からも1枚だけを捨てる、それも羽毛以外で、カビたり汚れたりしていない布団の場合、この方法でも布団は捨てることが出来ます。

参考に布団の切り方を説明されている動画をご紹介します。(偶然にも京都市の方のようです)

スポンサーリンク

買い替えや引っ越し時の引き取りサービスを使う

布団を買い替えるときや引っ越しの時に入らなくなった布団を引き取ってもらえるサービスがあります。この捨て方のメリットでありデメリットでもある最大の特徴は、買い替えや引っ越しという限られた状況の時に使えるということです。

料金の点で違いがありますので、分けて説明しますね。

買い替えで古い布団を引き取ってもらう

新しい布団を買うと、要らなくなった布団を無料で引き取ってくれるサービスです。調べたところでは、布団の老舗で知られる西川寝具さんや通販のベルメゾン、ジャパネットタカタで実施されています。

引き取りサービスがあるところで布団を買わないといけませんが、買いたい布団がたまたまそのお店の物だったらラッキーという感じでしょうか。

布団の購入以外にも、一定金額以上の購入が必要などの条件があるかどうか、こちらも詳細は要確認です!

これから布団の買い替えを考えるというタイミングなら、まずは引き取りサービスのあるお店で気に入る布団があるかどうか探してみる。
そんな使い方かなと思います。

引っ越しの不用品引き取りサービスを使う

こちらも、引っ越しというシチュエーション限定で使えるサービスですね。

ただし、布団の買い替えと違って、引っ越しの不用品引き取りは、別途引き取り料金が必要になります。また、引っ越しの業者さんによっては布団の引き取り処分はしていないということもあります。

引っ越しも複数の見積もりを取る時代ですので、まずは引っ越しそのものの費用を比較検討して業者さんを決める。そのあとに捨てたい布団があるなら、不用品として引き取り処分してくれるかどうか、費用がいくらかかるのかを聞く。

こちらも、引っ越しを頼んだ業者さんが、要らない布団の引き取りもしてくれたというスタンスになりますね。

引っ越しトラック

不用品の回収業者を使う

最後にご紹介する方法は、費用を払って、不用品を回収する業者さんに頼む方法です。

業者さんですので、自治体に頼むより料金は高額です。

親の家を整理しないといけないなど、布団の外にも不用品が大量にある場合に適した捨て方ですね。また、何らかの事情で、今すぐに引き取ってほしいというときも自治体では間が空きますので、業者にお願いするしかないでしょうか。

こうした状況以外で1~2枚の布団を捨てたいようなら、家まで引き取りに来てくれるとはいえ、ちょっと割高感は否めません。

複数枚を捨てたいとか、今すぐ捨てたいというようなときに、何社か見積もりをとって利用されることをおすすめします。

引き取りサービスの中には、布団屋さんが布団の購入に関係なく行われている有料の引き取りサービスがあります。1枚につき1000円かかりますが、送料が無料というのが魅力です。

さて、ここまでで4つの布団の捨て方を見てきました。途中でこうした場合が向いていますねという説明もしてきましたが、あらためてこんな場合はこの捨て方がお得という点を整理したいと思います。

スポンサーリンク

どの捨て方が一番お得?

まずは、捨てたい布団の枚数が1~2枚だけなのか、複数枚なのかによって、どの捨て方が良いかを振り返ってみましょう。

捨てる布団の枚数では?

枚数によって、どの方法が良いか、費用はどれぐらいかを表にしています。

枚数捨てる方法処分料金備考
1枚切断して燃えるごみ0円切る労力がかかる。
羽毛布団や古い布団はNG。
1 ~3枚大型ごみ・粗大ごみ1枚につき
4~500円
収集日と場所は指定される。
(自治体に要確認)
複数枚不用品の回収業者要見積家まで引き取りに来てくれる。
また即日引き取りOKな場合も。

捨てる布団の枚数が少ないようなら、個人的には粗大ごみ・大型ごみに出すのがおすすめです。布団と小さく切って捨てる方法が処理費用はかかりませんが、手間と労力を考えると、処理費用4~500円は高くないのではと思います。

もし小さく切って燃えるごみとして出されるなら、布団も楽に切れるこんなハサミがありましたのでご紹介しますね。

タイミングによって使えるサービスを利用!

処分する布団の枚数に関係なく、処分するタイミングや状況によって、布団を引き取ってくれるサービスもありましたね。

タイミング捨てる方法処分料金備考
布団の買い替え布団屋さんの引き取りサービス0円布団の購入の他に一定金額以上の購入が条件の場合がある。
引っ越し引っ越しの不用品引き取りサービス要見積引っ越し屋さんによっては布団の引き取りが無いこともある。

布団を買った先で、使わない布団を引き取るサービスがあれば、利用しない手はないですね。ただし、この場合は枚数によって費用が変わることもありますので、きちんと確認してみてください~。

寄付するという方法も!

布団を捨てるのにはもったいないということもありますよね。

未使用な布団であれば、ネットオークションやリサイクルに出すという余地もありますが、一旦使ったものの需要は、国内ではほぼありません。

一方で、海外に目を向けると、まだまだ日本の布団が喜ばれることがあります。
WORLD GIFTさんが使っていた布団の寄付を受け付けておられます。

古い布団でも、破れたり汚れたりしていなければ、OKということです。ただし、再利用にかかる費用と集荷料金として、引き取り時には2400~3700円が必要です。

国内の寒い地方の動物愛護施設などでも使われるようですので、こんな社会貢献も素敵ですね。

まとめ

長く使う布団は、捨てる機会も少ないものです。そのため、布団が汚れたり、要らなくなったりしたときに、布団の捨て方が分からないことがあります。

布団を捨てる方法は、大きく分けて4つあります。

  • そのままで粗大ごみに出す
  • 裁断して燃えるごみとして出す
  • 買い替えや引っ越し時の引き取りサービスを使う
  • 不用品の回収業者を使う

前の2つは自治体のごみ回収、そして、後ろの2つは業者に布団の処分を依頼する方法です。

料金や捨て方など、自治体や業者によって異なってきますが、少ない枚数を捨てる時は自治体のごみ回収を使う方がお得です。

布団の買い替えや引っ越しなどで要らない布団が生じた場合は、布団の購入先や引っ越し業者が不用品として布団を回収してくれるサービスもあります。

処分したい布団の枚数が多いときや、今すぐに処分したいという事情がある場合は、不用品の回収業者が有料で引き取ってくれます。家まで取りに来てくれますが、その分、費用は割高になる傾向です。

このように捨てたい布団の枚数や状況に応じた方法で布団を捨てると費用も労力も無駄になりません

我が家も当面は1~2枚の布団の処分しか起こりませんが、そのうち複数枚を一気に捨てないといけないことも出てくると思うので、しっかり使い分けたいと思います。

布団の衣替えの時期!室温を目安にすれば1年中いつでも快眠!

2017.12.27

布団のダニの退治方法!しぶといダニは2段階で撃退!

2017.12.06

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事