京都の夏を彩る五山の送り火、その起源について


毎年8月16日、京都で行われる五山の送り火。
京都市内から眺めることが出来る5つの山に、炎で文字を浮かび上がるさまは圧巻です。
この京都の夏の風物詩、いつごろから始まったのか、五山それぞれにまつわる起源をご紹介します。

五山の送り火とは

五山の送り火_大文字
五山の送り火は、長崎市の精霊流しや各地で行われる灯篭流しと同じく、盆明けの8月16日に、お盆に帰ってきていた先祖の霊、お精霊(しょらい)さんをあの世に送り届けるための送り火として焚かれます。
東山如意ケ嶽(にょいがたけ)の大文字が、最も有名なため、「大文字焼き」の名称でも知られていますが、正式には五山の送り火と言います。

五山の送り火の名称とそれぞれがある山

  • 大文字(東山、如意ケ嶽:ひがしやまにょいがたけ)
  • 妙法(松ヶ崎、西山万灯篭山:まんとうろうやま、東山大黒天山)
  • 船形(西賀茂、船山)
  • 鳥居型(嵯峨、曼荼羅山:まんだらやま)
  • 左大文字(金閣寺、大北山)

江戸後期には、五山の他にも市野原の「い」の字、鳴滝の「一」の字など字形がありましたが、途絶えてしまい現在の五山だけが残りました。

はっきりしない起源

五山の送り火_妙
山に炎で字を焚き上げるといった、これだけ盛大な行事であるのに、誰がいつ始めたのか、はっきりとしたことは分かっていません。
また、五山それぞれ諸説あり、送り火が始まった時期もばらばらです。

大文字の起源についての説

五山の送り火の象徴ともいえる大文字は、起源についての説も一番多くあります。

平安初期に弘法大師・空海が始めたという説

如意ケ嶽のふもとにあった浄土寺が火事になった時に、ご本尊である阿弥陀様が光を放ちながら山上に姿を現わされたと言います。
その光をかたどって山に点火したものを弘法大師が「大」の字にあらためたのが大文字の始まりという説です。

室町幕府8代将軍足利義政が始めたという説

義政が、若くして亡くなった息子・義尚(よしひさ)の冥福を祈るために、相国寺の横川景三、家臣の芳賀掃部に命じたのが始まりという説だそうです。

江戸時代初期の有名な能筆家・近衛信尹(このえのぶただ)が始めたという説

1662年に刊行された「案内者」という書物にそういう記録があるそうです。

有力とされる説は

大文字の送り火が始まったのは、はっきりとしないながらも、江戸時代の初めのころと考えられています。
となると近衛信尹が始めたという説が有力となりますが、大文字山が銀閣寺領であったという古文書が銀閣寺で発見されたということもあり地元では足利義政の説が正しいと言われています。

なぜ「大」の字なのか

これもまたはっきりとした記録はないのですが、いわれとされる説をご紹介します。

「大」の字のいわれとされる説

  • 霊は万物を構成する四大要素(地・水・火・風)に帰るという考えから、四大の「大」を現わす。
  • 悪魔を退治する五芒星から、「星」の字をかたどった
  • 神の化身とされる「北極星」をかたどった
  • 弘法大師が、組む護摩壇が「大」の字形だった
  • “一人”を重ねると「大」の字になることから、人形に見立てて無病息災を願った

妙法の起源についての説

妙法は、二つの字形でセットですが、字の並びから、始まった(作られた)時期は異なっていると考えられています。

「妙」の字形の起源

鎌倉時代、万灯篭山のふもとにある涌泉寺が、日像(1269-1342年)という僧によって天台宗から法華宗に改宗したそうですが、その際に日像が、西山に「妙」の字をかたどり点火したと伝えられているのですが、やはり「妙」の字形も始まりは、大文字と同様、戦国時代末期か江戸時代の初めだろうと考えられています。

「法」の字形の起源

妙泉寺の末寺である下鴨大妙寺の僧日良(1590-1660年)が東山に「法」の字をかたどったのが始まりとされています。

船形の起源についての説

船形山のふもとに慈覚大師円仁という僧が開いた西方寺というお寺があります。

847年、円仁が遣唐使として唐から戻る船が嵐にあいました。
その時に、南無阿弥陀仏と唱えたところ、嵐がやんで無事に帰れたことから、円仁は、船形光背を持つ阿弥陀如来様を西方寺のご本尊とし、船形をかたどった送り火を始めたということです。

鳥居型の起源についての説

鳥居型については、3つの説があります。

  • 弘法大師が石仏千体をつくり、化野念仏寺に祀る際の開眼法要を営んだ時に点火されたという説
  • 鳥居型が、伏見稲荷大社から見えることから、稲荷大社の灯明として焚かれたという説
  • 曼荼羅山のある鳥居本には愛宕神社の鳥居があり、愛宕神社との深い関係からという説

最後の愛宕神社の説が有力とされています。

左大文字の起源についての説

五山の中で、最後に始まったのですが、それでもはっきりとした起源は分かっていません。
1658年に描かれた「洛外図」には、左大文字の姿はまだなく、1665年に記された書物(扶桑京華志)には記録があるということです。
時期としては、江戸中期に始まったと考えてよさそうです。

人々の信仰が五山の送り火を生み出した

お盆という行事は盂蘭盆会という仏教行事と日本古来の先祖信仰が融合したものとされています。
仏教が、庶民の間でも信仰されるようになったのは室町時代に入ってのことです。
それと同時に送り火の習慣も盛んとなっていきました。
そうした人々の信仰が、五山の送り火という壮大な行事を生み出したのでしょうか。
庶民の間で始まったということもあって、はっきりとした記録がないのかもしれませんね。

これで夏も終わりやなぁと京都人が思う五山の送り火、見える場所はここ!

2017.07.04

ご先祖をお迎えして感謝する期間、お盆としきたりについて

2017.06.30

まとめ

京都の夏をいろどる五山の送り火ですが、その起源は本当に驚くほど、はっきとしたことが分かっていませんでした。
ただ昔も今も、人々のご先祖を思い、日々の平穏を祈る気持ちは変わらないものなのだなと感じました。
五山の送り火は、そうした思いを受けて、これからもずっと続けられていくことでしょう。

habit_cat
このページの写真は京都フリー写真素材さんの写真です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事