行事

これで夏も終わりやなぁと京都人が思う五山の送り火、見える場所はここ!

更新日:

8月16日の午後8時になると、大文字を皮切りに、順に五山全部に送り火がともっていきます。

まだまだ残暑は厳しい時期ですが、京都に住む者にとって、夜風に夏の終わりを感じる行事です。
五山すべてを見れる場所は、高さのある建物に上がらないと無理ですが、それぞれの五山がよく見える場所が市内に点在します。

今日は、五山の送り火の見える場所や、送り火と一緒に焚かれる護摩木の奉納についてご紹介します。

五山の送り火の見える時間

五山送り火扇子
五山の送り火は、午後8時から始まりますが、火がともっている時間は、1時間にもならない短い時間です。
観光バスもかなり入ってきますので、道路もかなり混雑しますし、町中に人もあふれています。
移動するだけでも大変ですので、大文字なら大文字、妙法なら妙法と、見る字形を決めて動かれることをおすすめします。

五山の送り火がよく見えるところ

大文字・賀茂川堤防(丸太町大橋~御薗橋)

tahe

鴨川と高野川が合流する地点、出町柳の三角州も有名です。
京都御所からも大文字がよく見えるので、かなりの人出ですが、御苑の中は広いのでおすすめです。

妙・北山通(ノートルダム女学院付近)

法・高野川堤防(高野橋北)

船形・北山通(北山橋から北西)

左大文字・西大路通(西院~金閣寺)

鳥居型・松尾橋、広沢の池

tahe
嵐山の渡月橋も送り火を見る人で賑わいます。
嵐山・灯篭流しも行われるので、とても幻想的な雰囲気でステキですよ!

無病息災を願って護摩木を奉納

五山の送り火_鳥居型

京都フリー写真素材

妙法以外の山では、無病息災を祈願する護摩木を奉納することが出来ます。

護摩木に、自分の名前と治したい病気を書いて納めると病気が治ると信仰されてきました。
納めた護摩木は、送り火の火床の割木の上にのせられて、送り火とともに焚かれます。

またその消し炭は、厄除けのご利益があるとされています。
江戸時代に、松の消し炭が胃腸薬として用いられていたのですが、送り火の消し炭には、特別な力があると考えれていたそうです。
戸口に飾ると泥棒除けに、削って飲むと虫下しに、お腹にのせておくと腹痛が治ると信じられてきました。

護摩木の受付期間と場所

護摩木は、いずれも300円(2017年7月現在)です。
用意された護摩木が無くなれば、受け付けも終了しますのでご注意を!

まとめ

そぞろ歩きで五山すべてを見ることはできませんが、一つの送り火を京都の夏を感じながら見るのも風情があっていいものです。
日頃のあわただしい生活をふと忘れさせてくれる、五山の送り火にはそんな力もあるように感じます。

五山の送り火_大文字
京都の夏を彩る五山の送り火、その起源について

毎年8月16日、京都で行われる五山の送り火。 京都市内から眺めることが出来る5つの山に、炎で文字を浮かび上がるさまは圧巻です。 この京都の夏の風物詩、いつごろから始まったのか、五山それぞれにまつわる起 ...

あわせて読みたい

-行事
-

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.