祝日・お休み

2019年のゴールデンウィークはいつから?カレンダーで楽々チェック!

更新日:

社会人になると、学生の頃のように夏休みや冬休みといった長期休暇がありません。

お正月が終わると同時に、早くもゴールデンウィークが待ち遠しいという方も多いのではないでしょうか?!(私はそうです(笑))

しかも、2019年は天皇陛下の退位と即位の関係でゴールデンウィークが10連休になるという素晴らしい話です!

そこで本日は、2019年のゴールデンウィークがいつからいつまでか、一目で分かるカレンダーで確認したいと思います!

2019年のゴールデンウィークは10連休!

ゴールデンウィーク2019いつtop
そもそもゴールデンウィークというのは5月3日の憲法記念日から5月5日のこどもの日までを指したようです。

しかし、最近では4月29日のみどりの日からゴールデンウィークが始まると一般的に考えられるようになりました。

では早速、2019年のゴールデンウィークがいつからいつまでかをカレンダーで確認しましょう!

2019年ゴールデンウィークカレンダー

冒頭でも触れましたが、今年のゴールデンウィークは、天皇陛下の退位・即位の関係で10連休!

なぜ、そんな超大型連休が出現するのでしょうか。

祝日法の規定で10連休が出現!

例年は、5月1日のメーデーは会社によって休みになったりならなかったりする日です。

しかし、2019年は5月1日に皇太子殿下の即位の礼が行われるため、国民の祝日となることが決まりました。

結果、国民の祝日に前後をはさまれて平日は休日になるという祝日法の規定が働いて

  • 4月29日・昭和の日と5月1日・即位の礼の間の4月30日が休日
  • 5月1日・即位の礼と5月3日・憲法記念日の間の5月2日が休日

となるのですね~。

多くの人が今年のゴールデンウィークは9~10連休

大体、毎年のゴールデンウィークは、

  • 昭和の日と中心とした前半の連休
  • 憲法記念日・みどりの日・こどもの日の後半の連休

に分かれていて、間の平日は会社によって休みだったり無かったりするのですが、今年はそれがないということになります。

中には、4月28日の土曜日は出勤という方もいらっしゃるかと思いますが、それでも9連休ですから、休み甲斐のある長さですね(笑)。

一方、多くの人が休みとなるときに働いてくださるのは公共の交通機関やサービス業にお勤めの方々です。

ドライブ

ゴールデンウィークが休みにならない方も

多くの会社や学校が休みになる一方で、観光地や飲食店、デパート・ショッピングモールなどのサービス業にお勤めの場合は、ゴールデンウィークはお休みできない期間ですね。

また、電車やバスと言った公共の交通機関も休日ダイヤになるとはいえ休まずに運行してくださっています。

駅員

さらに、ゴミの収集なんかも年末年始は休まれますが、ゴールデンウィークはいつもの曜日に回収がありますよね。

おかげでゴールデンウィーク中も電車に乗って遊びに行けますし、家がゴミであふれるということもないわけですから、有難いですね。

ところで、ゴールデンウィークが10連休になるということは、銀行や病院も休みとなるため喜んでばかりもいられないようです。

行政機関や銀行も2019年のゴールデンウィークは10連休!

区役所
例年のゴールデンウィークですと、お役所や郵便局、銀行などはカレンダーどおりの営業ですから、前半と後半の連休の間に用事を済ませることができました。

ところが、2019年のゴールデンウィークはカレンダーそのものが4月27日(土)から5月6日(月)まで10日間の休み。

お役所・郵便局・銀行も10日間閉まります!

年末年始でも、

  • 銀行は12月31日から1月3日までの4日間
  • お役所は12月29日から1月3日までの6日間

しか閉まらないものが、10日間も閉まるわけですから、影響は小さいとは言えませんよね。(前後に土日があると、もう少し長くなります)

病院もお休みになるでしょうから、ゴールデンウィーク中にうっかり病気にならないことはもちろん、連休の前後、病院はかなり混雑しそうです。

ATM

なお、ゆうちょ銀行や銀行のATMはゴールデンウィーク中のどの日でも使えます

ただ、ゆうちょ銀行は原則として日曜日・休日に利用できるホリデーサービス実施ATMに限ります。また、使える時間帯もATMが設置されている場所によって違いますので、ご注意ください。

銀行のATMは、三菱東京UFJ銀行は24時間利用可能ですが、銀行によっては19時までというところもあります。

土日祝日に引き出すと手数料が必要になるケースがほとんどです。ゴールデンウィークにお出かけの予定がある場合は特に事前に引き出しておくと安心ですね

ゴールデンウィークは映画の宣伝用語だった!

5月の連休を指してゴールデンウィークと呼ぶようになったのは、1952年頃のことです。

当時は、娯楽として映画が全盛期。5月の連休の興行成績がお正月やお盆休みと並んで活況でした。

そこで、5月の連休をさらに映画を見てもらえる期間にしようと大映が作った宣伝用語がゴールデンウィークという言葉です。

映画業界の宣伝用語という成り立ちから、NHKや一部の民放・新聞社ではゴールデンウィークを使わずに「(春の)大型連休」を使うと決めているとのこと。

1990年以降、徐々に週休2日制が定着すると、土曜日からめて10連休という会社も現れます。

そうなると、もはやウィーク(週間)ではないという意見なども『ゴールデンウィーク』を使わない理由にあるようです。

映画館

まとめ

ゴールデンウィークは、5月3日から5月5日の連休を指していましたが、最近では一般的に4月29日から5月5日の期間を言います。

例年、ゴールデンウィークは、

  • 昭和の日と中心とした前半の連休
  • 憲法記念日・みどりの日・こどもの日の後半の連休
  • に分かれていて、間の平日は会社によって休みだったり無かったりしますし、学校もあります。

    ところが、2019年のゴールデンウィークは、天皇陛下の退位・即位に関連して5月1日が祝日のため、10連休と超大型連休になります!

    国民の祝日に前後をはさまれて平日は休日になるという祝日法の規定が働いて

    • 4月29日・昭和の日と5月1日・即位の礼の間の4月30日が休日
    • 5月1日・即位の礼と5月3日・憲法記念日の間の5月2日が休日

    になるからなのです。

    いつもより長いゴールデンウィークが嬉しい反面、生活に影響が出そうなのは行政機関や郵便局・銀行などもカレンダーどおり10連休に入ることです。

    ゴールデンウィーク中でもATMは使えますが、営業時間が短くなる・手数料がかかるということがありますから、事前に引き出しておく方が無難です。

    また病院も休みになるところが多いでしょうから、連休中うっかり病気にならないことはもちろん、連休の前後の混雑が予想されます。

    いずれにしても、ゴールデンウィークは陽気もよく過ごしやすい時期です。

    前後に役所や銀行などの用事も済ませて、しっかりと予定を立ててリフレッシュしたいですね!




あわせて読みたい

-祝日・お休み
-

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.