お彼岸におはぎを食べる由来!あずきの赤い色に深い理由があった!


先日、デパ地下に立ち寄ったら、「仙太郎」さんに長蛇の列が出来ていました。

「仙太郎」さんは、京都の人気の和菓子屋さんですので、列が出来ていることは珍しくはないのですが、なんと列が3重になっています。

なぜ?と思って気づいたのが、その日は秋分の日
そう、まさにおはぎを食べる日だったのです。

「仙太郎」さんのおはぎは、お餅に青じそが入っているのが特徴で、お彼岸以外でもよく買って帰ります。
でも、やはりお彼岸にはおはぎを食べないと!と私も20分ぐらい並んで、きなこと粒あんのおはぎを買いました(笑)。

でも、なぜお彼岸には、おはぎを食べるようになったのでしょうね。
また、同じ物なのに、秋のお彼岸では「おはぎ」で春のお彼岸では「ぼたもち」と呼び方を変わりますものね。

気になったことは調べるに限ります。
本日は、お彼岸とおはぎの由来についてまとめました!

スポンサーリンク

小豆(あずき)の赤い色に理由があった!

お彼岸おはぎ由来top
おはぎには、お餅をあんこでくるんだものと、あんこをお餅でくるんできな粉をまぶしたものがありますよね。
(他にも関東ではごま、関西では青のりをまぶしたりもしますが)

お彼岸におはぎが食べられるようになったのは、このあんこの材料である小豆(あずき)の赤い色に意味があったのです。

なぜなら、古くから赤い色には、魔除けや厄除けの力があると信じられてきました
(そういえば、神社の社殿や鳥居には赤がよく使われていますよね。)

小豆の歴史は本当に古くて、「古事記」にも登場しますが、すでに縄文時代には人々の生活に根付いており、遺跡から小豆の種子が発掘されています。

そして、赤い色をした小豆には魔除けの力が宿っているとして、行事や儀式などで供えられてきました。

それがいつごろから、小豆ともち米を使った「おはぎ」という和菓子になったのでしょうか。
今回、調べてみると、「おはぎ」の誕生は江戸時代になってからのことだと分かりました。

「おはぎ」の誕生は江戸時代

萩の花
まず、「おはぎ」という言葉は、宮中に使えた女性たちが使っていた女房詞(にょうぼうことば)が語源とされています。

もともとは「萩の餅」もしくは「萩の花」と呼ばれていたものが、“お”をつけて「おはぎ」に変わっていったそうです。
そして、この女房詞というものが登場したのも、近世つまり江戸時代にあたります。

そして、もう一つ、大事な要素が砂糖の存在です。

今でこそ、砂糖は簡単に手に入る日用品ですが、江戸時代の初期までは国外から輸入する大変貴重なものでした。
それが、18世紀に入ると国内でも生産されるようになり、少しずつ庶民の口にも入るようになります。

とはいえ、砂糖はぜいたく品です。
お彼岸や四十九日と言った大事な日に、魔除けの力のある小豆と貴重な砂糖であんこを作り、それをお餅とあわせて先祖に供える風習が江戸時代に広がりました

いうなれば、小豆の赤い色を特別と思う気持ちと、先祖への供養が結びついて生まれた風習ということになります。
そうして先祖供養としてお供えした後に食べることで、邪気を払って家族が健康に過ごせると考えられていました。

お彼岸の由来についてはこちらに詳しくまとめています!⇒お彼岸とはどんな意味で何をする期間?7日間あるのには深い理由が!

habit_cat
そこに貴重な砂糖を使ったというところに、当時の人たちの小豆の赤い色に込めた厄除けの願いがうかがうことが出来る話ですね!
スポンサーリンク

「おはぎ」と「ぼたもち」、違いは何?

牡丹の花
さて、ここまで「おはぎ」の由来を見てきましたが、同じ和菓子を「ぼたもち」とも呼びますね。

私は、子どもの頃、名前が違うのだから違うものだと思っていた時期がありました(笑)。
それが、どこかの段階で同じものだと知り、しばらくは、「おはぎ」と言ったり、「ぼたもち」と言ったり、使い分けが分からなかったです。

それが、春は牡丹の花に見立てて「ぼたもち」で、秋は萩の花に見立てて「おはぎ」だと知ったのは、確か20代前半です。

今回調べてみると、「おはぎ」と「ぼたもち」は全く同じものを呼び分ける地域もあれば、微妙な違いをつけている地域もあるようです。

例えば、

  • 「ぼたもち」は硬くなった豆の皮を取り除いたこしあんで、「おはぎ」は収穫したばかりなので粒あん
  • 「ぼたもち」はお餅をあんこで包んだもので、「おはぎ」はあんこをお餅で包んできな粉をまぶす
  • 「ぼたもち」は牡丹の花に似せて大振りで丸い形で、「おはぎ」は萩の花に似せて細長く小ぶりな俵型

というような。

また、冒頭で触れた「仙太郎」さんのサイトでは、「ぼたもち」について次のような歳時記が寄せられていました。

もともと「ボタ」とは米の卑称。
出荷できない、売り物になりにくい欠けたお米のことを「ボタ米」と称し、それでつくった餅を「ぼた餅」と呼んだ様である。
(中略)
現今では、春も秋も「お萩」というのが一般的であるが、私共では年中「ぼた餅」と呼んでいる。1コ120gと大振りなのが牡丹という名に相応しいと思って・・・。

「仙太郎」さんのサイトから引用しました

確かに、「仙太郎」さんの「おはぎ」、違った、「ぼた餅」はズッシリとした重量感があります!
“そうかぁ、「おはぎ」ではなく、「ぼた餅」として売っておられたか”と、認識を新たにしました。

なお、「仙太郎」さんの「ぼた餅」は、通年販売されていますが、生菓子ですので地方発送はされていません。
京都にお立ち寄りの際は、高島屋でも大丸でも出店されていますので、ぜひお召し上がりになってみてください。

スポンサーリンク

おはぎは彼岸のいつに食べるもの?

おはぎ
お彼岸近くともなると、和菓子屋さんには「おはぎ」と書かれた紙が張り出されていますね。
ですが、おはぎを食べる日は実は決まっているのです。

それはいつかというと、彼岸の中日

お彼岸は、春分の日・秋分の日が真ん中になるよう前後3日をあわせた7日間の期間ですね。
つまり、春のお彼岸なら春分の日、秋のお彼岸なら秋分の日です。

お彼岸には、お墓参りに行かれる方も多いと思います。
彼岸の中日には、お墓や仏壇に、ご先祖様への感謝を込めておはぎをお供えし、その後に家族の健康を祈りながらいただく。

これが、おはぎをいただく正しいタイミングだったのです。

今年のお彼岸がいつかはこちらでチェック!⇒お彼岸2018年はいつからいつまで?春のお彼岸・秋のお彼岸

まとめ

お彼岸には必ず食べる「おはぎ」は、お彼岸という先祖に感謝する期間に結びついているだけあって、大変意味のある食べ物でした。

おはぎのあんこを作る小豆の赤い色には、古くから魔除け・厄除けの力があると信じられていましたが、それが江戸時代に先祖信仰と結びつき、お彼岸におはぎを食べる風習が広まりました。

そこには、貴重品だった砂糖が庶民の間にも少しつずつ広がっていったという産業上の背景もあります。

貴重なぜいたく品、砂糖を使って作ったおはぎを先祖にお供えした後に、家族や近所と食べることで、邪気を払って健康に過ごせると考えられていました。

お彼岸のおはぎ。
由来を知らずに食べていましたが、これからは、家族の健康を祈りながら食べるようにしようと思います!


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事