ひな祭りの食べ物の意味とは!由来から分かる娘の幸せを願う親の思い!


女の子の健やかな成長を祝うひな祭りには、菱餅ひなあられちらし寿司ハマグリのお吸い物などが定番の食べ物です。

どれも女の子の節句にふさわしく彩りもきれいで、こども心にウキウキしたことが思い出されます。

いざ自分が準備をする立場になってみると、ふと気になるのが、ひな祭り菱餅などが食べられる意味由来ではないでしょうか。

菱餅なんか、その代表とも言いましょうか。あの菱型の形と3色の色合いは、ひな祭りの菱餅ならではですから、きっと深い意味があるはずと思わされますよね。

そこで本日は、ひな祭りの食べ物の意味と由来について調べてみることにしました。期待を裏切らないいい話ばかりですので、どうぞ最後までご覧ください(笑)。

スポンサーリンク

ひな祭りの5つの食べ物の意味と由来

ひな祭り食べ物
のちほど詳しくご紹介していきますが、まずひな祭りの代表的な5つの食べ物について、意味と由来の簡単な説明を見てみましょう。

  • 菱餅(ひしもち)
  • 宮中で長寿を願って食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」を簡略化したもので、娘の長寿を願うひな祭りの食べ物です

  • ひなあられ
  • 外で食べるために菱餅を砕いて作ったのが始まりとされ、娘が幸せに過ごせるよう願うひな祭りの食べ物です

  • 白酒
  • 魔除けの力があると信じられていた桃の花を浸した桃香酒が変わったもので、娘が病気にならないよう願うひな祭りの食べ物です

  • ハマグリのお吸い物
  • 対の貝がらとでないとピタッとあわないハマグリは、女子の貞節と美徳を表しており、娘が良い人と結婚して添い遂げるように願うひな祭りの食べ物です

  • ちらし寿司
  • 海老やレンコンなど縁起のいい具材を使うちらし寿司は、娘が一生食べ物に困らないようにと願うひな祭りの食べ物です

    ひな祭りの食べ物

どれも娘の幸せや健康を願って食べられるようになったことが分かりますね。

では、それぞれの食べ物の意味や由来をさらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

菱餅(ひしもち)がひな祭りで食べられる意味と由来

菱餅(ひしもち)は、ひな祭りでしかお目にかかれない、まさにひな祭りを代表する食べ物ですね。

赤・白・緑という色の組み合わせは花見団子でも見かけますが、名前のとおり、菱型の形がとても特徴的です。

実は、赤・白・緑という色と菱型という形には、それぞれ違う由来があるのです。

赤・白・緑の3色になったのは明治時代!

赤・白・緑の3色が当たり前に思える菱餅ですが、赤い餅が加わったのが明治時代白いお餅が加わったのは江戸時代と、緑のお餅だけだった時代が長いのです。

最初は長らく緑のお餅だけでした

桃の節句とも呼ぶことのあるひな祭り。

「節句」というのは季節の変わり目を指す言葉で、中国から伝わった「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」の日本式の名称が桃の節句です。

中国では上巳の節句に、春の七草の一つである母子草(ははこぐさ)で作るお餅が食べられていました。

”母と子が健やかでありますように”という願いのもと中国では食べられていたそうなのですが、日本では「母と子をついて餅にするのは縁起が悪い」と嫌われます。

そして母子草の代わりに使われるようになったのが蓬(よもぎ)です。

春の初めのひな祭りに、ヨモギの新芽を食べることで穢れをはらい、若草の息吹をいただこうとしたのでしょう。

日本では緑のお餅といえば、ヨモギ餅が一般的ですが、こういう背景があったのですね。

桃の節句の由来!もともとは女の子のための日ではなかったってホント?!

2018.12.03

江戸時代に白と緑2色に

江戸時代に入ると、菱の実を入れて作る白いお餅が加わり、菱餅は緑と白の2色になります。

菱は繁殖力の強い植物で、子孫繁栄と長寿の力があると信じられていたことが、桃の節句を祝う食べ物として加えられた理由といわれています。

明治時代に赤いお餅が入って3色に

明治時代に入って山梔子(くちなし)を使った赤いお餅が加わります。

これで、ようやくお馴染みの赤・白・緑の3色揃った菱餅になったわけですが、比較的最近の事だったのが意外でした。

菱餅を調べていると、赤・白・緑の3色の意味が説明されているのですが、加わった時代もばらばらですので、けっこう後付けぽい気がするのは私だけでしょうか(笑)。

ちなみに、菱餅の3色の意味として次のような説明が多くされています。

  • 赤 ⇒ 魔除け、色付けに使う山梔子(くちなし)には解毒作用がある
  • 白 ⇒ 清浄、菱の実には血圧を下げる作用がある
  • 緑 ⇒ 健康と長寿、ヨモギには血を増やす造血作用がある

また、赤が桃の花、白が雪、緑が大地であり、”雪が残る春先に草が芽生えて桃の花が咲く”景色を再現しているとも言われます。

明治5年に新暦になるまで、ひな祭りは旧暦3月3日に祝われていました。旧暦3月3日は、新暦では3月下旬から4月上旬ですので、雪国以外は雪も溶け残っていない時期ですよね。

新暦3月3日なら、まだ雪が降ることもあります。やっぱり3色の意味は明治に入ってから出来たものだなと分かりますね。

菱餅

菱型になったのは江戸時代

さきほど菱餅の簡単な由来として、宮中で食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」が原型とご紹介しましたが、菱餅が現在の菱型になったのも江戸時代中期のことなのです。

「菱葩餅(ひしはなびらもち)」は、お正月に長寿を願う「歯固めの儀式」を簡略化して宮中で食べるようになった和菓子で、花びら餅として現在でも知られていますね。

菱餅は、花びら餅を真似して、さらにシンプルにしたお餅ということですが、なんでも菱型は女性を象徴する図形なのだとか。

桃の節句が女の子の節句になったのは江戸時代からですから、菱型はピッタリの形だったのでしょうね。

ただ、菱餅が菱型になった由来には諸説あり、他にはこんな説があります。

  • 三角形だったものを繁殖力が高い菱の実にあやかって菱型にした
  • 菱の実を食べて千年生きた仙人の伝説にちなんで菱型にした
  • 大地の形を表して菱型にした
  • 菱型が心臓の形を表しているので菱型にした
  • 足利将軍家で正月に食べられていたお餅が菱型だったのを宮中が取り入れた

長寿を願って食べる菱餅

さて、菱餅の色と形の由来が分かったところで、ここで改めて菱餅がひな祭りで食べられるようになった意味を確認しておきましょう!

菱餅がひな祭りに食べられる意味は、娘の長寿を願ってのことです。

  • 菱型の形は、長寿を願って宮中で食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」に由来する
  • 3色のお餅の色にも長寿の意味や、健康にいい作用がある植物が使われている

長い歴史を経て、菱餅は現在の姿になったのでした。

スポンサーリンク

ひなあられがひな祭りで食べられる意味と由来

お雛様
さて、菱餅の次はひなあられについて見ていきましょう。ひなあられもひな祭りのときにだけ食べる機会のあるお菓子ですよね。

ひなあられは、そもそも菱餅を砕いて作ったものが始まりだと言われています。

なぜ菱餅を砕く必要があったのかというと、かつて「ひなの国見せ」という習慣があったからなのです。

ひなの国見せ」とは、ひな人形を持って野山や海辺に出かけ、おひな様にも春の景色を見せてあげることで、いわばピクニックのようなものですね。

その際に、菱餅を砕き外で手軽に食べられるようにしたというわけです。

栄養面からも、お餅から作られるひなあられには、春先に必要なでんぷんをたっぷり含んでいます。

ひなあられには、春にしっかりと栄養をとって、娘が健康で幸せに過ごせるようにという願いが込められているのです。

ひなあられ

白酒がひな祭りで飲まれる意味と由来

もともと桃の節句で飲まれていたのは、桃の花を浸したお酒・桃香酒でした。

昔の中国や日本で、桃は邪気を祓う力のある仙木と信じられていました。

魔よけの力のある桃の花を浸したお酒を3月3日に飲む

  • 百病を取り除ける
  • 邪気を祓うことができる
  • 気力・体力をおぎなってくれる

薬酒」として中国から伝わってきたのです。

ひな祭りに供えられていた桃香酒が白酒に変わったのは、これまた江戸時代のこと。

現在も続く東京の酒造屋さん・豊島屋の当主の夢枕におひな様が表れて白酒の作り方を伝授されたそうです。

さっそくその作り方で白酒を作ったところ、甘くて飲みやすい白酒が大人気となり、将軍家に献上するまでになります。

豊島屋さんの白酒の登場から、ひな祭りには桃香酒ではなく白酒が飲まれるようになったのです。

白酒

甘くて飲みやすいとはいえ、白酒はれっきとしたアルコールです。(しかも度数10%前後とけっこう強いお酒)

子どもも飲めるようにと、同じように白いけれどもアルコール分を一切含まない甘酒がひな祭りに飲まれるようになりました。

桃香酒から白酒・甘酒に変わってしまいましたが、白酒は百病を除いて健康で過ごせるように願う意味があるのです。

日本各地に伝わる桃香酒を飲んで蛇の子を流したという伝承

日本各地に伝わるのが、3月3日桃香酒を飲んで、身ごもった蛇の子を堕したという話です。

伝承の細部は違っても共通点は

  1. 素性の知れない男が娘のところに通ってきて娘が妊娠した
  2. 心配した家族(もしくは父親と疑われた青年)が男の後をつけた
  3. 後をつけるためにしたことが元で蛇が傷つく
  4. 瀕死の蛇が、3月3日に桃香酒だけは飲んでくれるな、子どもが流れると言って息絶えた
  5. 3月3日に桃香酒を娘が飲んで無事に胎内から蛇の子を流せた

桃香酒は中国から伝わったものですが、こうした各地の伝承から、3月3日に女性が桃香酒を飲むと

  • 悪い子を身ごもらない
  • 厄払いになる

とも言われるようになりました。

【参考文献】佐賀県立図書館 小副川 肇さん「佐賀の昔話」について

スポンサーリンク

ハマグリのお吸い物がひな祭りで食べられる意味と由来

2枚貝であるハマグリは、対の貝がら同士でないとピッタリと合わないという性質があります。

そうした貝がらの形状から、ハマグリは女性の貞節と美徳を表すものとされてきたのです。

ハマグリの貝がらを使った、「貝合わせ」という遊びは、大名家の子女のたしなみとされて、「貝合わせ」の道具は最も重要な嫁入り道具だったほどです。

貝合わせ

ハマグリのお吸い物が、ひな祭りの食べ物にあげられるのも貞節と美徳の象徴とされたハマグリの貝がらの特性からです。

対の貝がらピタッと合うことから、夫婦として仲良く添い遂げられるとも受け取られ、娘が良縁に恵まれて一生を添い遂げられるようにという願いを込めた縁起物としてひな祭りで必ず食べられるようになったのでした。

スポンサーリンク

ちらし寿司がひな祭りで食べられる意味と由来

彩りも美しいちらし寿司は、女の子と成長を祝うひな祭りの席にふさわしい食べ物ですね。

寿司」という言葉自体も、”寿を司る”と読めますから、お祝いの席の縁起物として好んで食べられるようになったのです。

また具材である海老やレンコンも縁起のいい食材といわれるものばかり。

  • 海老 ⇒ 腰が曲がるまで長生きできる
  • レンコン ⇒ 将来の見通しがいい、見通しがきく
  • ⇒ 健康でマメに働ける
ちらしの具材

ちらし寿司に入っている具材の種類が多いほど、一生食べ物に困らないといわれることも、娘の幸せを願うひな祭りの食べ物としてもピッタリですよね。

スポンサーリンク

まとめ

女の子の健やかな成長を祝うひな祭りには、菱餅などひな祭りならではの食べ物があります。

どの食べ物も、娘の健康や幸せを願って食べられるようになったものばかりです。

    ひな祭りで食べる代表的な5つの食べ物の意味と由来

  • 菱餅(ひしもち)
  • 宮中で長寿を願って食べられていた「菱葩餅(ひしはなびらもち)」を簡略化したもので、娘の長寿を願うひな祭りの食べ物です

  • ひなあられ
  • 外で食べるために菱餅を砕いて作ったのが始まりとされ、娘が幸せに過ごせるよう願うひな祭りの食べ物です

  • 白酒
  • 魔除けの力があると信じられていた桃の花を浸した桃香酒が変わったもので、娘が病気にならないよう願うひな祭りの食べ物です

  • ハマグリのお吸い物
  • 対の貝がらとでないとピタッとあわないハマグリは、女子の貞節と美徳を表しており、娘が良い人と結婚して添い遂げるように願うひな祭りの食べ物です

  • ちらし寿司
  • 海老やレンコンなど縁起のいい具材を使うちらし寿司は、娘が一生食べ物に困らないようにと願うひな祭りの食べ物です

ひな祭りで楽しみに食べていたものばかりですが、改めて意味と由来が分かると、とてもありがたく感じてしまいますね。


あわせて読みたい記事