旧正月2019年はいつ?韓国・中国・台湾に旅行するならここをチェック!


旧正月。最近では中国から観光客が大勢やってくる時期として話題になりますね。

ですが、反対に、旧正月の時期に韓国や中国、台湾などの旧正月を祝う国に旅行に行くとどうなのでしょうか

年も明けて、ちょっと落ち着いたから旅行に行こうとしたら、旧正月と重なっている場合、行くべきなのか止めるべきなのか。最初から避けたいという人もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで本日は、2019年の旧正月がいつなのか、また旧正月を祝う国の観光事情などを調べてきました。参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク

旧正月は2019年のこの日!

旧正月2019年はいつ
旧正月とは、旧暦の1月1日のこと

新暦が、地球が太陽を1周する期間で作られるのに対して、旧暦月の満ち欠けを基準としています。そのため、どうしてもズレが生じて、旧暦の1月1日は毎年変わってしまうのです。

旧正月は、例年1月21日から2月20日ごろの新月の日です
2019年は、2月5日火曜日が旧正月です
旧正月2019年カレンダー

日本も明治の初めに新暦(太陽暦)に変わるまでは、旧暦(太陰太陽暦)で新年を迎えていました。新暦に変わって以降、日本では新暦のお正月のみを祝って、旧暦のお正月を旧正月と呼ぶようになったのです。

ですが、中国をはじめとするアジアの国の多くは、新暦になった後も、旧暦のお正月を盛大にお祝いして過ごします。

そのため、旧正月の時期に旅行に行くと、普段とはかなり勝手が違ってしまいます。詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

旧正月をお祝いする国への旅行はあり?!

旧正月をお祝いする国は、本当に多くて、アジアのほとんどがそうと言っても過言ではありません。

  • 中国
  • 香港
  • 台湾
  • 韓国
  • ベトナム
  • シンガポール
  • マレーシア
  • インドネシア
  • モンゴル
  • ブルネイ

など

この中から、中国・香港・台湾・韓国について、旧正月の時期に旅行するとどんな感じか、お伝えしますね。

旧正月の時期の中国

中国では、旧正月の事を「春節(チュンジエ)」と呼びます。

春節は、1年で最も大切な行事です。(日本でもお正月は新年を迎える節目ですものね!)

新暦の1月1日は単なる祝日で、前後はお休みとなりませんが、春節の前後はお休みで連休となります。日本の年末年始休暇が、春節の時期に来るわけですね。

中国の春節(旧正月)休暇

例年、旧暦の大晦日から旧暦の1月6日までの7連休となることが多いようです。

2019年のお休みは2018年12月に正式発表されますが、おそらく次の日程ではないかと。

2月4日 月曜日(旧暦の大晦日)から2月10日 日曜日(旧暦1月6日)まで

大晦日の前が土日ですので、今年は9連休になりますね!

では、春節を中国の人たちが、どのように過ごすかというと、ほぼ日本のお正月と変わりません。

基本は、家族で過ごす。つまり帰省シーズンです。中国といえば世界一の人口を誇る国。帰省のために移動する人間の数が半端ありません。空港も駅も大混雑を覚悟しないといけないようですよ。

また、最近は、海外旅行に行く人も多く、日本にも“春節の時期・爆買い”と定着した感があります。海外旅行が人気ということは、もちろん国内旅行もそれ以上に人気です。そのため宿泊費や交通費など、かなり高騰します。

もちろん、デパートはお休み。街中のお店もお休みされるところが多くなります。

となると、旅行は不向きと思えますが、春節の時期には春節にしか体験できない雰囲気やイベントがあることは魅力です。

春節の時期は、赤・黄・ゴールドの飾り付けがあちこちで見られますし、大晦日の夜の爆竹花火も有名ですよね。爆竹には、魔除けの意味があるらしく、年越しには盛大に鳴らすというのが昔からの風習だそうです。

中国の旧正月2019年はいつからいつまで?1ヶ月も休みって本当?!

2018.07.07

旧正月の時期の香港

香港でも、旧正月は「春節」と呼びますが、お休みの期間は中国とは少し違いがあります。

香港の春節(旧正月)休暇

例年、旧暦の大晦日から旧暦の1月3日までの4連休となることが多く、2019年のお休みは次の日程になりますね。

2月4日 月曜日(旧暦の大晦日)から2月7日 木曜日(旧暦1月3日)まで

大晦日の前が土日ですので、今年は6連休ですね!

旅行先として人気の香港ですが、春節を迎えるとお休みとなるお店が多いため、街中は少しひっそりとします。(それが良いという人も(笑))

ただ、香港も大晦日はパレードや花火の打ち上げがあり、大変な盛り上がりを見せます。

また、春節の準備のために開かれるフラワーマーケットも、この時期だから楽しめる風物詩の一つですね。

香港旅行の目的がショッピングや食事と言う場合は、春節の時期は開いていないこともあるので事前チェックが必須です。

香港の旧正月2019年はいつからいつまで?街の様子・観光情報を総まとめ!

2018.07.13

旧正月の時期の台湾

旧正月パレード
台湾ももちろん、旧正月は「春節」です。台湾の2019年の春節休暇はすでに発表されていまして、次の日程です。

台湾の春節(旧正月)休暇

例年、旧暦の大晦日から旧暦の1月5日までの6連休となることが多く、2019年のお休みは次の日程になりますね。

2月4日 月曜日(旧暦の大晦日)から2月9日 土曜日(旧暦1月5日)まで

大晦日の前が土日、旧暦1月5日の翌日は日曜日です。2月2日(土)から2月10日(日)まで9連休です!

台湾も春節の時期は、帰省シーズンです。

デパートやショッピングモールは、大晦日は早く閉まりますが、翌日の旧正月から営業。ただし、個人商店などは、大晦日から旧暦の1月3日までを休むところが多いですね。

買い物や食事でお目当てのお店がある場合は、台湾も事前確認が必須です。

台湾の旧正月2019年はいつからいつまで?旅行に行くなら避けたい時期はココ!

2018.07.10

春節の台湾ならではとなると、幸運を呼ぶ赤い紙「春聯(チュンリエン)」でしょうか。台湾の人もお寺にお参りして「春聯(チュンリエン)」を買うのが年越し行事の一つです。

中国のような宿泊費の高騰は心配しなくて良さそうですが、タクシーなどは割高になります!

旧正月の時期の韓国

さて、お隣、韓国。韓国は、旧正月のことをソルラル(설날)、またはクジョン(구정:旧正)と呼びます。

大型連休が少ない韓国では、ソルラル前後のお休みはとても貴重です。

韓国のソルラル(旧正月)休暇

例年、旧暦の大晦日から旧暦の1月2日までの3連休となることが多く、2019年のお休みは次の日程になりますね。

2月4日 月曜日(旧暦の大晦日)から2月6日 水曜日(旧暦1月2日)まで

大晦日の前が土日ですので、今年は5連休ですね!

韓国でも、ソルラルは家族や親せきが一緒に過ごす時期。特に、祖先の霊が戻ってきて、この世で食事をすると考えられているので、祖先供養の法事を行う習慣があります。

ソルラル時期に旅行する場合は、韓国内を移動するのはかなり大変ですので、一都市にしぼって滞在するプランがおすすめです。

また、デパートをはじめ、東大門のファッションビルも軒並みお休みです。ただ、外国人観光客誘致に力を入れていることもあり、最近は明洞などでは営業しているお店も増えているようですね。

ロッテワールドやエバーランドは特別イベントを開催しますので、開園していますし、景福宮や博物館なども見学可能。

ソルラル前は、海外に行く人が免税店で買い物をして出国することもあり、韓国の人で混みこみです。セールも開催されるので、そこはねらい目ですが、空港出向時の免税品の受け取りも混雑しますので、気を付けてくださいね。

韓国の旧正月2019年はいつからいつまで?買い物・観光情報を総まとめ!

2018.07.06
スポンサーリンク

旧正月の時期のベトナム

ベトナムでは、旧正月のことはテトといいます。

ここまでご紹介してきた中国や韓国と同じく、ベトナムでもテトは日本の年末年始のように連休に入ります。

ベトナムのテト(旧正月)休暇

例年、旧暦の大晦日から旧暦の1月3日までの4連休となることが多く、2019年のお休みは次の日程になりますね。

2月4日 月曜日(旧暦の大晦日)から2月7日 木曜日(旧暦1月3日)まで

大晦日の前が土日ですので、今年は6連休ですね!

ベトナムでも、テトは家族が集まり新年を一緒に迎えますし、大晦日も深夜まで街中は賑わいを見せます。

ここまでは、中国や台湾など中華圏の国と、大した違いはありません。

特徴的なのは、テトには街中はもとより、家々の玄関前に花を飾って祝うこと。そのため、テトの前には花市が立ち、花を買い求める人の姿が多くみられるのです。

さすが、東南アジアの国ですよね。

また、テトの夜も花火大会あり、爆竹ありと、深夜まで大変賑やか。他の国が大晦日は賑やかでも旧正月元旦は静かになるのと対照的です。

ベンタイン市場やショッピングセンターなども旧暦1月3日まで閉まるお店が多いですが、南国の旧正月を楽しむだけでも価値があるかもしれませんね。

ベトナムの旧正月2019年はいつからいつ?旅行時期としてはアリ?それともナシ?

2018.07.12
スポンサーリンク

まとめ

旧正月とは、旧暦(太陽太陰暦)の1月1日のこと。

旧暦は月の満ち欠けを基準としているため、太陽の公転周期を基準とする新暦(太陽暦)とはズレが生じます。そのため、旧正月は毎年日にちが変わります。

例年、1月21日から2月20日までの間で旧正月を迎えます。
2019年旧正月は、2019年2月5日 火曜日です。

日本では、明治に新暦を採用してから、旧暦の1月1日を旧正月と呼ぶようになり、取り立ててお祝いや行事もありません。

ですが、中国はじめアジアの国の多くは、現在でも旧正月前後を連休として、家族と盛大に祝って過ごします。

そのため、帰省ラッシュで道路も電車も大混雑しますし、デパートやお店なども閉まっているということが多いでしょう。

中国、台湾、香港、韓国、ベトナムなど、人気の旅行先ですが、旧正月に旅行する際は、次の3つを踏まえてプランを立てる必要がありますね。

  • 宿泊費や交通費など旅行費用は高くかかる
  • 現地の人も大移動するので、一都市に絞って滞在する
  • 行きたい店や施設がある場合は事前に確認しておく

お買い物や食事などは普段のようにはいかないかもしれませんが、旧正月の時期ならではの街の雰囲気やイベントが体験できるのは魅力ですよ。


あわせて読みたい記事