納豆は消化にいい食べ物!納豆菌が生みだす消化酵素の強力パワー!


良質なたんぱく質をはじめとした栄養がたっぷりの納豆。
「納豆どきの医者知らず」ということわざがあるほど、納豆は健康に良い食べ物です。

ところが、消化に関してだけは、納豆は消化に良くないから、胃の調子が悪い時は食べてはいけないという話を聞きます。

でも、一方で、納豆は消化にいいから、胃の調子の悪い時こそ食べて、栄養を取るべしという話も聞こえてきます。

こうなると、一体どちらが本当なのか、悩んでしまいますよね。
最近はちょっとしたストレスを胃で受け止めるようになっている私としても、大変気になるところです。

そこで本日は、納豆が消化にいいのか悪いのかを理由も含めてしっかり調べてきました

スポンサーリンク

納豆は消化にいい食べ物!

納豆消化にいいtop
まず、納豆は消化にいいのか悪いのかですが、今回色々と調べた中から、納豆は消化にいい食べ物という結論にたどり着きました!

なぜ、納豆が消化にいいのか。
その理由は、一にも二にも納豆は大豆が発酵してできる食べ物だからです。

  • 発酵の過程で消化酵素が数多く作られる
  • 発酵することで大豆のタンパク質が小さく分解される

この2点を詳しく見ていきましょう。

納豆は消化酵素のかたまり!

納豆は、納豆菌という微生物が大豆を発酵させてできた食べ物ですが、その過程で多くの消化酵素も作られます。

私が、「納豆が消化にいい」という結論にたどり着けた重要なポイントがまさに納豆に含まれる消化酵素です。

その裏付けとして、自然療法で知られる石原結實医師が著書の中で納豆の消化について書かれていましたのでご紹介しましょう!

納豆がつくられる過程で、タンパク質をアミノ酸に分解するブロテアーゼ、でんぶんをブドウ糖に分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリバーゼのほか、カタラーゼ、ウレアーゼ、トリプシンなどの種々の消化酵素がつくられるので、納豆は、消化が極めて良い食物で、老人、子供、病人にとっての格好の栄養食品になります。

「50歳からの老いない体のつくり方」(石原結實著)から引用

カタラーゼやウレアーゼなど聞きなれない単語が並びましたが、要するに大豆が発酵して納豆に変わる過程で、納豆には多くの消化を助ける酵素が作り出されているということが説明されていますよね!

納豆菌が作るこれらの酵素は、発酵とともに納豆の中にどんどん増えていきます。

納豆菌自体の効果も注目されていますが、納豆は、納豆菌と消化酵素のかたまりと言える食べ物なのです。

下記に納豆に含まれる主な消化酵素と働きについてを表にまとめていますので参考にご覧ください!

消化酵素主な働き
ブロアテーゼタンパク質をアミノ酸に分解する
アミラーゼでんぷんなどの糖質をブドウ糖に分解する
リバーゼ脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する
カタラーゼ活性酸素を水と酸素に分解します
ウレアーゼ尿素をアンモニアに変換する
トリプシンタンパク質を分解する
セルラーゼ食物繊維を糖に分解する

発酵によって納豆自体も消化されやすい食べ物になっていますが、これらの消化酵素は納豆と一緒に食べたものの消化吸収も高めてくれる働きがあります。

胃の働きが弱っているときには、納豆を一緒に食べると消化を助けてくれますね!

スポンサーリンク

納豆のタンパク質は消化吸収がいい

消化がいい、つまり消化時間が早いということですが、食べ物は発酵することで成分や性質が変化し、消化吸収がよくなるというメリットが生まれてきます。

たとえば、牛乳とチーズやヨーグルト。

私も牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのですが、チーズやヨーグルトでお腹ゴロゴロは起こりません。
これも、ゴロゴロの原因である「乳糖」を乳酸菌が分解してくれるので、チーズやヨーグルトでは大丈夫なのですね。

これが納豆に置き換えると、納豆菌が大豆を発酵させる過程で大豆のタンパク質をより小さく分解してくれるため、消化吸収されやすくなっています。

納豆が消化にいいことを昔の人は経験から分かっていたようで、「納豆めしに食あたり無し」と言われています。
納豆ご飯は消化が早いので、少々食べ過ぎても食あたりの心配はないよという意味だそうですよ。

さて、ここまで、納豆が消化にいい食べ物であるという理由を見てきましたが、納豆は消化に悪いという声もあります。

なぜ、納豆が消化に良くないと言われるのか。
そちらも調べていますので、ご覧ください。

納豆は胃にも優しい食べ物

納豆のネバネバに含まれる多糖類には、胃の粘膜を保護する力があります。
多糖類そのものに消化を良くする働きはありませんが、アルコールなどの刺激から胃を守ってくれますので、納豆は胃にも優しい食べ物なのでした。

「納豆が消化に悪い」と言われるのはナゼか

納豆の小鉢
納豆が消化に悪いと言われる理由を見ていくと、納豆は「消化に時間がかかる」という点に集約されます。

さきほど、消化にいいということは消化が早いということとご紹介しましたが、これはその逆ということですよね。

その意見もさらに見ていくと次の2つに分類できるようです。

  • 納豆は食物繊維が多いので消化に時間がかかる
  • 納豆は豆の形が残っているから消化に時間がかかる

納豆そのものが、納豆菌の力で消化吸収されやすく、また食物繊維を分解する酵素も豊富なため、食物繊維の量が消化に及ぼす影響は少ないといえます。

また、納豆は豆の形が残っているという意見も、詳細は豆腐や味噌など他の大豆製品に比べての話のようです。
こちらも、大豆製品の中で比べると消化が悪い方という話ですので、納豆が食べ物全ての中で消化が悪いということにはなりません。

あとよく聞かれたものとして、翌朝、トイレで納豆が原形をとどめて出てきたとか(笑)。

これも納豆の消化の良し悪しよりも、噛む回数が足りていないから豆の形が残ってしまっているのではないでしょうか。

どんなに消化にいい食べ物でもきちんとよく噛んで食べないと胃に負担をかけます。

胃の調子が良くない時こそ、ゆっくりとよく噛んで食べること
胃の消化を助けるためにも心がけたいですね。

スポンサーリンク

ひきわり納豆ならさらに消化にいい

納豆巻に使われるひきわり納豆。

ひきわり納豆と粒納豆では製造工程そのものに違いがあります。
粒納豆は、大豆をそのまま発酵させて作りますが、ひきわり納豆は大豆を割って砕いたものを発酵させて作ります。

そして、大豆を砕いた段階で大豆の皮を取り除くため、豆を丸ごと発酵させる粒納豆よりも食物繊維が少ないという特徴があります。

食物繊維がやや少なくなりますので、ひきわり納豆は粒納豆よりもやや消化がよくなります。

納豆の食物繊維が、やっぱり気になるという方は、ひきわり納豆なら安心して召し上がっていただけるのでおススメです!

納豆の栄養と効果!納豆は究極の健康食品です!

2017.10.17

まとめ

大豆を発酵させて作る納豆は、昔から「納豆めしに食あたり無し」と言われるほど消化にいい食べ物です。

納豆が消化にいい理由としては、

  • 発酵の過程で消化酵素が数多く作られる
  • 発酵することで大豆のタンパク質が小さく分解される

からですが、特に消化酵素の存在が重要です。

発酵の中で、大豆のタンパク質も小さくなり、納豆そのものも消化しやすくなっていますが、これらの消化酵素は納豆と一緒に食べたものの消化吸収も高める働きがあるからです。

特に、大豆を砕いて大豆の皮を取り除いて作るひきわり納豆は、粒納豆よりも食物繊維が少ないため、さらに消化にいい食べ物です。

栄養価も高く消化に優れた納豆は、胃の弱い人や高齢者・乳幼児に特に食べてもらいたい食べ物です。


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事