2018年のお盆休みはいつからいつまで?カレンダーで楽ちんチェック!


学生の頃は、お盆休みは祖父母の家に行く日という程度でしたが、社会に出るとお盆休みは、お正月休み・ゴールデンウィークと並ぶ、貴重な『まとまった休み』ですよね

ですが、お盆休みはお勤め先によって長さに、かなりの差があります。私も2回転職していますが、9連休という会社にいたこともあります。

お盆(8月13日~16日)だけがお休みでも、前後に有給を前後に取れれば、旅行や帰省の予定もタイトにならずに済みますが、そこは同じ会社でも部署によっても違うということもありますよね。

そこで本日は、盆休みについてまとめています。一般的なお盆休みのパターンをカレンダーで確認した後は、勝手ですけど休まないでほしい銀行や官公庁の状況など、一緒にお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

2018年のお盆休みはいつからいつまで?

お盆休み2018いつtop
お盆休みは、8月13日から16日までのお盆時期のお休みです。

お盆と言えば、帰省・お墓参りと多くの人が思い浮かべるのではないでしょうか。なぜならば、お盆は元をたどれば、父母や先祖をしのんで供養する盂蘭盆(うらぼん)という仏教行事から始まったものだからなんですよ。

さらに江戸時代になると、商家などの奉公人が小正月とお盆は休みを取って実家に帰る「藪入り(やぶいり)」という習慣ができました。それが現在まで続いているのが「お盆休み」というわけです。

ですが、最近はお勤め先によってお盆休みも様々です。一般的なお休みや長期にわたる場合など、順番に見ていきましょう。

一般的なお盆休み

お盆休みは、8月13日~16日のお盆期間と重なるという形が一般的です。前後に土日がくっつかない場合は、基本的には、お盆休みは4日間です。

ただ8月16日のお盆明けの日は、地域や会社によってお休みではないこともあり、その場合は8月13日~15日の3日間がお盆休みになりますね。

では、早速、2018年のお盆休みはどうなるか、8月のカレンダーを確認してみましょう!

お盆休み2018年カレンダー

お盆の前に土日がくっつきますので、2018年のお盆休みは8月11日から16日の6日間というところが多いのではないでしょうか。あらためて整理しますと、次の日程になります。

  • 8月11日(土) 山の日
  • 8月12日(日)
  • 8月13日(月) 盆の入り
  • 8月14日(火)
  • 8月15日(水)(地域や会社によっては、お盆休みはこの日までということも)
  • 8月16日(木) 盆の明け

2016年から、8月11日が山の日として祝日になりましたが、2018年は土曜日と重なるため、お盆休みの長期化に貢献していないのが残念です!

それにしても、8月17日の金曜日に1日だけ出社かと思うと、今からすでにブルーな気分です(笑)。

スポンサーリンク

お盆休みが長い会社

会社によっては、お盆休みが、お盆期間の前後の土日まで含めた9連休という会社もあります!

長いお盆休み2018年カレンダー

このパターンが多いのは、上場企業系、外資系、不動産業、製品の生産工場など。

私の以前の勤め先は、一応上場企業系列だったこともあり、7月から9月の3ヶ月の期間に5日間の夏季休暇をとる形式でした。

業務や自分の都合でバラバラにとってもOKでしたが、会社は月から金の5日連続して取得する(つまり9連休になる)ことを推奨していました。それでというわけでもないですが、私は、大体お盆期間に夏季休暇をとって、しっかり9連休にしていました。

今となっては懐かしいと同時に、うらやましい9連休のお盆休みです(笑)。

お盆休みが9連休という人がいる一方でお盆がお休みではないという業種の方もいらっしゃいますね。

お盆期間が休みではない業種

多くの人が休みのときに出かける観光地や行楽地、ショッピングモール・デパート、飲食店など一般の人がお休みの時ほど繁忙期ですので、お盆期間だからといって休めない業種です。

こういう業種の方は、お盆期間以外のときに交代で休みをとられます。ある意味、私の前の勤め先もサービス業の一種でしたので、会社としてはお盆休みをとらず、社員が7月から9月の間に交代で夏季休暇を取るという形態でした。

多くの人が休んでいる時に休めないと一見損な感じですが、オンシーズンを外して休めるので旅行代が安かったり空いていたりするので、お得な点もあるんですよ。

遊園地

変わったところでは、テレビのアナウンサーもそうですよね。NHKのニュースを見ていると、お盆やゴールデンウィークは担当の方が出ていても、しばらくすると2週間ぐらい違うアナウンサーが担当されていますよね。

さて、さきほどお盆休みがない業種として銀行や官公庁も紹介していましたが、銀行や官公庁などは長く休まれると国民生活(大げさ)に支障が出てしまいます。お盆の期間の営業について確認しておきましょう。

スポンサーリンク

銀行や官公庁は、お盆期間は開いている?

家族旅行
毎日用事があるわけではありませんが、長く休まれると困るというのが、次のようなところです。

  • 市・区役所など官公庁
  • 郵便局(ゆうちょ銀行)
  • 銀行窓口・ATM
  • 大学病院や公立病院など

区役所なんかは、休みだから手続きに行けるという時もありますしね。お盆期間に開いていると助かるという方も多いのではないでしょうか。

上にあげた4機関は、基本的にお盆は平日扱いのため、いつもどおり開いています。特に銀行は、「銀行法施行令」というもので、土日・祝日、12月31日~1月3日が休日と定められているそうですよ。知りませんでした!

もちろん、お盆期間である8月13日から16日の間に土日が入ると、その日は休みになります。

ただ、2018年の場合は、8月13日から16日のお盆期間に土日は入りませんので、お盆期間は毎日開いているので、何かと安心ですね!

郵便局

まとめ

お盆休みは、8月13日から16日のお盆期間にとる休みです。江戸時代に、商家などの奉公人が、「小正月」と「お盆」には休みをもらって実家に帰れた『藪入り(やぶいり)』という習慣が、現在のお盆休みの原型です。

一般的には、8月13日から16日までのお盆期間が休みという場合が多いです。(地域によっては、15日までというところも)

2018年は、11日と12日が土日のため、お盆休みは次のようになります。

  • 8月11日(土) 山の日
  • 8月12日(日)
  • 8月13日(月) 盆の入り
  • 8月14日(火)
  • 8月15日(水)(地域や会社によっては、お盆休みはこの日までということも)
  • 8月16日(木) 盆の明け

上場企業系や外資系など、お盆期間の前後の土日を含めて9日間のお盆休みという会社もあります。

一方で、休みの時に多くの人が出かける観光地や行楽地、ショッピングモール・デパート、飲食店などは繁忙期のためお盆期間を外して休みをとられます。

また、長く休まれると困ることがある、官公庁・郵便局・銀行・大きな病院などは、お盆期間は平日として、いつもどおり開いていますが、お盆期間に土日が入ると、その日はもちろん休みになります。

お盆期間に休める方も、お盆期間は働いてお盆以外に休む方も、存分に休養する・旅行に出かける・帰省して家族と会うなど、休みの間にしっかりリフレッシュして、次のお正月休みまでの英気を養いましょう!


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事