行事

お盆の帰省、喜ばれる手土産と添える言葉

更新日:


普段は遠く離れていて、なかなか会えない家族が集まる機会でもあるお盆。
自分の実家、配偶者の実家の両方に帰省するという人も多いことでしょう。

久々に会う両親に手土産を用意するという人も増えているようですね。
何を用意すればいいか分からないと早くから悩む人もいるかもしれません。

手土産を選び方や気を付けたい点について、まとめてみました。

手土産は何を用意すればよい?

里帰りの子ども

喜んでもらえるものは?

例えば、帰省で久々に会える友達に何か手土産を用意するとしたら、大体こんなことを気にして選ぶのではないでしょうか。

  • 何が好きで、何が嫌いか
  • 家族は何人か
  • 自分の住んでる土地の名産・名物(食べ物なら自分がおいしいと思っているもの)
  • 渡すときに賞味期限に余裕があるか

両親・義理のご両親に渡す手土産だからといって、特別に難しく考える必要はありません。
大切なのは、相手の立場になって考えて選んだということです。
義理のご両親の場合、遠くに住んでいて好みが分からないときは、配偶者もしくは義理の兄弟・姉妹に教えてもらうと良いですね。
もし親戚が大勢集まるよという家であれば、皆で食べれるような個包装されているお菓子なども喜ばれると思います。

帰省の間近に旅行に行くようなら、旅行先で手土産を買うのもありです。
手土産とともに旅の思い出やエピソードといった話も一緒に出来るので、離れて暮らす両親に楽しんでもらえると思います。

いくらぐらいの手土産を買う?

渡す相手はご両親ですので、負担にならない金額で用意するのがよいと思います。
家族で帰省したことと、手土産を用意した心配りが何より喜ばれるはずです。

いつ、どうやって渡せばいい?

渡すタイミング

玄関を入るなり渡してはいけません。
リビングなどに入って、挨拶をするタイミングで渡しましょう。
また買った時の紙袋に入っていることがほとんどだと思いますが、紙袋からは出して渡すのがマナーです。

手渡すときに添える言葉

「孫は来て嬉しいもの、帰って嬉しいもの」という言葉があります。
普段、夫婦二人で暮らしているご両親なら、子ども家族が帰省して嬉しい反面、迎える準備やいつもと違う生活に、どうしても疲れが出ます。

「今回、お世話になります。」
「いつもありがとうございます。」

帰省の間、お世話になるという気持ちを添えて渡してあげてください。

完全にお客様にならないこと

川遊びの子ら

私の母の世代などは、嫁は姑に仕えるものとして、かなり苦労したようです。
最近は、反対に、姑の方が嫁に気を使っているという話を耳にします(笑)

久々に会うということもあって、姑さんが「ゆっくりしていって」「何も手伝うことはない」と言われるという人も多いのではないでしょうか。
そこは、やはり、何かお手伝いしますの気持ちが大切です。
勝手のわからない台所なので、動きづらいとは思いますが、ちょっとした準備や後片付けを一緒にするだけで良い印象を持ってもらえますよ。

まとめ

帰省時の手土産は、多くの人が用意するようですが、色々と悩むことも多いようです。
贈る相手が両親だからといって、特別なことは必要ありません。
相手の立場になって選ぶ気持ちがあれば、おのずと伝わり喜んでもらえます。

tahe
帰省時には、感謝の気持ちをもって、お互いに心地よい関係を築きたいものですね。

あわせて読みたい

-行事

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.