ご先祖をお迎えして感謝する期間、お盆としきたりについて


お盆休みといえば、ご先祖様を迎える準備をして、お墓参りに行ってと、ぱっと浮かびますよね。
小さい頃から、そういうお盆の過ごし方が当たり前すぎて、お盆の意味や準備していることの意味を知らなかったりしませんか。
あらためて、お盆の意味やしきたりについて調べてみました。
※地域や宗派によって当てはまらないケースがあることをご了承ください。

お盆とはどういう意味のある行事なのか

ほおづき
お盆は、中国から伝わった仏教行事と日本古来の祖先の霊をまつる風習が融合して根付いたと考えられています。

仏教の行事である盂蘭盆会

お盆は、仏教用語である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を短く略した名称です。
「盂蘭盆会」は、サンスクリット語の“ウラバンナ”を似た音を持つ漢字にしたもので、“逆さ吊り”、“非常に苦痛”を意味しています。

この“ウラバンナ”が名称になっている盂蘭盆経という仏教の経典には、こんな伝説が記されているそうです。

古代インド、お釈迦様の弟子に目連尊者(もくれんそんじゃ)という人がいました。
目連尊者は、物事を見通せる神通力を持っていたのですが、修行をしていたある日、亡くなった母親が、飢餓道という地獄に堕ちているのが見えました。
母親は、地獄で逆さに吊るされて、食べ物を与えられずにガリガリになっていました。
目連尊者は何とか母親に食べ物を届けようとするのですが、ことごとく火に焼けてしまい、母親の口に届きません。
どうにかして母親を助ける方法がないだろうかと、目連尊者はお釈迦様に相談しました。

すると、お釈迦様が、「修行が終わる最後の日に、修行僧たちに施しをすれば、修行僧たちの力を借りて、母親を助けることができる」とお答えになりました。

この伝説から、盂蘭盆は、修行が終わる最後の日であった7月15日に、父母や先祖をしのんで供養をする仏教の行事となりました。

日本古来の先祖信仰

古代史の時代、日本では、初春と初秋の時期の満月の日、先祖の霊が地上に戻ってくると考えられており、その日に、戻ってきた先祖の霊を迎え入れ供養するとともに、先祖に豊かな収穫を祈る儀式が行われていました。
やがてこの儀式のうち、初秋の行事が、家を守ってくれる先祖を神であるとして、神に一年の豊作を祈る儀礼としてお正月になり、初春の満月の日は、盂蘭盆会と融合して先祖供養を行うお盆の行事となったのでした。

広まったのは江戸時代

盂蘭盆会が、初めて日本の歴史に登場するのは、606年推古天皇の時代までさかのぼります。
その年の4月8日(お釈迦様の誕生日)と7月1日に”斎”を設けたという記録があり、それが最初の盂蘭盆会とされています。
733年に聖武天皇が盂蘭盆会を行なって以降、7月14日の盂蘭盆供養が宮中の習いとなったそうです。
それから長らくは、貴族や武家など上流階級の風習でしたが、江戸時代になって庶民の間にも盂蘭盆会の習慣が広がり定着しました。

お盆の期間

お盆は、多くの地域は新暦の8月13日~16日の4日間です。
日照時間によって日にちが動く夏至やお彼岸の期間とは異なり、毎年同じ期間がお盆となります。

お盆期間が変わったのは明治時代

明治6年に、新暦(太陽暦)が導入されました。

それまで、旧暦(太陰暦)では7月14日から16日がお盆の期間でした。
旧暦の7月15日前後は、新暦では8月の下旬から9月の上旬の時期になります。
新暦の7月15日前後は、農作業の繁忙期にあたります。

新暦を導入した明治の最初、農業は日本の主要産業でした。
主要産業に打撃が出てはいけないと、お盆を1ヶ月ずらし、8月15日を「月遅れの盆」と決めたのだそうです。

地域によっては旧暦にお盆を迎えるところも

多くの地域は、新暦の導入以降、8月13日~16日をお盆の期間としましたが、一部の地域では違う日程期間をお盆としています。

旧暦7月13日~16日
沖縄地方
旧暦の場合、年によって日にちが変わります。
2017年は9月3日~5日、2018年が8月23日~26日が、旧暦のお盆期間に当たります。

新暦の7月13日~16日
東京、横浜、静岡

新暦の8月1日~4日
東京多摩地区と岐阜県中津川市のそれぞれ一部
この地域は、いずれも養蚕が盛んな地域。
養蚕の手が空くこの時期をお盆としています。

多くの企業がお盆に休むのは

江戸時代に、小正月(1月16日)とお盆(7月16日)は、「藪入り(やぶいり)」といって、奉公人が休みをとって実家に帰ることができました。
その習慣が今も続き、金融機関と官公庁をのぞいた多くの企業が、お盆の時期を「盆休み」としています。

お盆のしきたり

ご先祖の霊を迎えるために、お供えなど、色々としきたりがあります。

精霊棚(しょうりょうだな)とお供え

お供えを置くためのお盆だけの祭壇のようなものを精霊棚といいます。
盆棚(ぼんたな)と呼ぶ地域もあります。

盆花

ほおずき・ガマの穂・枝豆の花などを、盆花として、精霊棚に逆さに吊るします。

きゅうりの馬・なすの牛

きゅうりの馬となすの牛は、一緒に作って12日からお盆が終わる16日まで、精霊棚の位牌の横に置きます。
きゅうりの馬は、お迎えする先祖の霊が、少しでも早く帰ってこれるよう用意します。
宗派によって異なりますが、先祖が東の方向から帰ってくるため西に向けて置きます。

なすの牛は、お盆が終わってあの世に戻っていくときに、なるべくゆっくりと戻ってもらいたいために用意します。
こちらは、帰っていく方向である東に向けて置きます。

お盆が終わったら、きゅうりの馬となすの牛は、土に埋めるか海か川に流します。
それが出来ない場合は、塩で清めたのちに、白い紙に包んでゴミに出します。
くれぐれも食べないようにしてください。

盆提灯

先祖の霊が、迷わず帰ってこられるよう目印として灯りをともします。

盆供(ぼんく)

お盆に行う供養そのものを意味する言葉ですが、一般的にはお盆の供え物(金封も含む)を指して使われます。

新盆・初盆

その年に亡くなった故人の四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことです。
家族・親族だけでなく、故人の友人・知人も招いて法要を営むます。
僧侶に経をあげていただき、焼香ののち、会食しながら故人をしのびます。
初盆以外のお盆は、家族・親族だけで、祖先の霊として一緒に故人を供養します。
また、お盆の時期に四十九日が明けきっていない時は、翌年のお盆が初盆となります。

お墓の花

お墓参りの花の選び方!選んではダメな種類を知っておくと安心!

2017年7月4日
お墓参り

お墓参りの作法、時間や服装についてちゃんと知りたい!

2017年7月4日

迎え火と送り火

灯篭流し

先祖をお迎えする迎え火

先祖の霊が家まで迷わずに帰ってこれるよう、オガラや麦わらで迎え火を焚いて導きます。

盆の入り、13日にお墓にお参りし、墓前で迎え火を焚き、その火を提灯に移して家まで帰ります。
先祖の霊は、オガラや麦わらを燃やした煙に乗って帰ってくると考えられています。

昨今は、お墓が遠いという住環境もあり、家の門や玄関口で迎え火をたくことも増えています。
マンションともなると、迎え火は難しいため、白提灯で代用することも多いようです。

先祖をお送りする送り火

盆明けの16日、今度に先祖の霊をお送りするために火を焚きます。
送り火が、先祖が戻っていくあの世までの道を照らすと言われています。
有名な京都の五山の送り火は、この送り火の風習の一つです。

五山の送り火_大文字

京都の夏を彩る五山の送り火、その起源について

2017年7月2日

送り火をする時間は、午後の場合、夕方、夜になってと様々です。
家の門や玄関で火を焚いて先祖の霊をお送りします。

白提灯は、お盆が終わるとともに役割を終えるとして、送り火で燃やします。
マンションに住んでいて、白提灯を燃やすのが難しい場合、菩提寺にもっていって供養してもらいましょう。

精霊流し(しょうろうながし)

毎年8月15日に行われる長崎市のお盆の風習です。

初盆を迎える家が、故人の霊を弔うために作った精霊船を曳きながら町中を練り歩いて、故人を極楽浄土に送り出します。
8月15日の当日、長崎市では、夕暮れになると、あちらこちらから鐘の音と掛け声・爆竹の音が鳴り響き、精霊流しの行列が夜遅くまで続きます。

灯篭流し(とうろうながし)

先祖の霊を送り出すために、灯篭やお盆の供物を海や川に流す伝統行事です。
海や川を汚さないよう、灯篭・供物を流すことを禁じている地域もあります。

灯篭流しで有名なところとしては

  • 広島市 ピースメッセージとうろう流し
  • 京都市 嵐山灯篭流し
  • 横浜市 大岡川灯篭流し
  • 福島市 福島とうろう流し花火大会

があります。

 まとめ

お盆は、中国から伝わった仏教行事と日本古来の祖先の霊をまつる風習が融合した伝統行事でした。
毎年、8月13日から8月16日の4日間がお盆の期間です。
迎え火で先祖の霊をお迎えし、お盆の間供養をした後に、送り火で再びあの世にお送りします。
日々あわただしい中で、お盆には穏やかな気持ちで先祖を思い感謝する。
これからも大事にしていきたい風習ですね。

子どもとお金

子ども喜び大人はトホホ?お盆玉は夏の新習慣として定着するか問題

2017年6月29日
里帰りの子ども

お盆の帰省、喜ばれる手土産と添える言葉

2017年6月28日

あわせて読みたい記事