食べる

オクラを食べ過ぎるとどんな影響がある?1日何本までなら大丈夫か考えてみた!

更新日:

ネバネバして独特の食感のオクラが大好きという方、多いのではないでしょうか。

刻んでしょう油でかき混ぜてよし。肉巻きにして炒めてよし。夏野菜のカレーにしてよし。

私もオクラは大好きで、冷蔵庫に入っていると、一人で使い切ってしまうこともしばしばです。

ですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし

ネバネバ野菜で体にいいと言われるオクラも食べ過ぎると思いがけない影響があるのは困ります

そこで本日は、オクラを食べ過ぎると体に何か困った影響があるのかについて調べてきました!

オクラの食べ過ぎで考えられる影響

オクラ食べ過ぎるとtop
ある特定の食品を食べすぎたら、どんな影響があるのかを考えるときに、確認しないといけないのはその食品には、どんな栄養成分が多いのかということです。

なぜなら、それぞれの栄養成分は体に必要不可欠なものですが、取り過ぎになると、反対に悪影響が出ることもあるからなのです。

では、オクラの食べ過ぎ過剰摂取になる栄養成分があるかを見ていきましょう。

オクラの食べ過ぎで過剰摂取になる栄養成分ってある?

オクラに含まれている量の多い栄養成分を抜き出して、厚生労働省が定める1日の摂取基準量と比較したものが次の表です。

栄養成分オクラ100g1日の摂取基準量*
カリウム260mg(目標)2600mg
ビタミンA(β-カロテン)670μg(目安)700μg
ビタミンK71μg150μg
葉酸110μg(目安)240μg
食物繊維総量5.0g(目標)18.0g

*厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)30歳の女性の場合

オクラ100gは、スーパーで売られているオクラ1パックとほぼ同じ重さです。本数では10本程度というところでしょうか。

もし1日にオクラを10本 、つまり100g食べたとしても、どの栄養素も過剰摂取にならないということが分かりますね。

もちろん他の食材と総合した結果、特定の栄養成分が過剰になる恐れはゼロではありません。

ですが、カリウムはいらない分は体外に排出されます。

β-カロテンは必要な分しか体内でビタミンAに変換されませんので取り過ぎを心配する必要がありません

また、ビタミンK葉酸に関しても、不足すると体に不都合が起こりますが、過剰摂取による症例がないのですね。

なんだ、これならいくら食べても安心ね!となるところですが、唯一心配なのはオクラのネバネバの正体である食物繊維の存在です。

オクラ栄養と効果top
オクラの栄養と効果!ネバネバ成分のパワーはやっぱり半端なかった!

オクラをはじめとしたネバネバのある食品は、今や健康食品の代名詞ですね。 またオクラは、緑も鮮やかな緑黄色野菜ですので、さらに健康への効果が期待できる野菜です。 オクラもご多分にもれず、今では1年中手に ...

オクラの食べ過ぎで唯一心配されること?

オクラに含まれる食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維にあたります。

コレステロールやナトリウムを排出してくれるので、動脈硬化や高血圧のリスクを減らしてくれるというありがたい栄養成分ですが、取り過ぎはやはり禁物。

水溶性食物繊維の取り過ぎで心配されるのは下痢です。

ですが、1日にオクラを1パック(10本)食べても取れる食物繊維は5gです。即、下痢になる量ではありません

1食で食べるオクラの量は3~4本ですから、毎食食べても1日に9~12本です。

オクラの味噌汁

食物繊維も現代の食生活では不足気味とされますので、むしろ必要な食物繊維の量が取れていいぐらいの量です。

ただし、すでにお腹の調子が緩いというときは要注意です。オクラを食べ過ぎると下痢が悪化するかもしれませんので控えるようにしてくださいね。

食物繊維の取り過ぎで便秘?

オクラに多く含まれる食物繊維が水溶性なのに対して、ごぼう・にんじん・さつま芋には水に溶けない不溶性食物繊維が多く含まれます。

水溶性食物繊維は便をやわらかくしますが、不溶性食物繊維は便のかさを増やすという違った役割があり、腸を整える効果があります。

ですが、もともと便秘がちな人が不溶性の食物繊維を取り過ぎると、便のかさが大きくなりすぎて、さらに便秘をひどくしかねませんのでご注意ください。

オクラは1日に何本までなら問題ない?

オクラ
さて、ここまでオクラを食べ過ぎると何か困ったことがあるのかを見てきましたが、唯一心配なのは食物繊維の取り過ぎから下痢になるかもということでした。

それも1日、毎食3~4本程度食べても、下痢を心配するだけの量ではないということでしたね。

ですが、私はオクラが好きだから毎日もっと食べたいという方もいらっしゃるかもしれません(笑)。

では、1日に何本までなら問題ないかですが、調べてみたところオクラを1日15本というツワモノがいらっしゃいました。

オクラ15本で約150gとすると、食物繊維の量は7.5g。

目標摂取量の18gには、まったく余裕の数字です。

一時流行ったオクラダイエットでは、オクラを毎食3~5本食べるという方法でしたから、1日15本ぐらいは問題ない本数なのでしょう。

オクラ何本まで

食物繊維の限界にオクラで挑戦するとしたら、オクラ1日360g、35本ぐらいはOKになりますね。

ですが、他の食品との兼ね合いもあります。

食生活のバランスという点からも、オクラは毎食3~5本、1日15本までが、1日に食べて良いオクラの本数と結論付けたいと思います(笑)。

まとめ

ネバネバ野菜で体にいいと言われるオクラですが、食べ過ぎてしまって思いがけない影響があるのは困ります。

オクラに多く含まれる栄養成分は、

  • カリウム
  • ビタミンA(βーカロテン)
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • 食物繊維

ですが、

カリウムはいらない分は体外に排出されます。

β-カロテンは必要な分しか体内でビタミンAに変換されませんので取り過ぎを心配する必要がありません

また、ビタミンK葉酸は、過剰摂取による症例がありません

唯一、食物繊維を取り過ぎた場合の下痢は心配されるところですが、1日にオクラを1パック(10本)食べても取れる食物繊維は5gです。

食物繊維の1日の摂取目標量は30代の女性で18g

また、現代の食生活では食物繊維も不足がちとされますので、1日10本オクラを食べても、むしろ必要な食物繊維の量が取れていいぐらいと言えます。

もし、1日の食物繊維の摂取目標量全部をオクラでまかなおうとすると、1日に約35本まではOKという計算です。

ですが、1つの食材だけに頼るのは健康的とは言えません。

一時流行ったオクラダイエットは、毎食3~5本、1日で最大15本のオクラを食べるというものでした。

食生活のバランスからも、オクラを食べていいのは1日に15本までと結論付けたいと思います。

ただし、すでにおなかの調子が緩いときに、オクラを食べると下痢がひどくなる危険がありますので、そういう時は控えるようにしてくださいね。

オクラの保存方法top
オクラの保存方法!常温保存と冷凍保存のやり方と違いを詳しく解説!

ネバネバと野菜の歯ごたえの両方を楽しめるオクラですが、たくさん貰ったりすると新鮮なうちに食べきるのが大変ということがありますよね。 残念ながら、オクラは保存期間が4~5日と短く、長持ちさせるのは厳しい ...




あわせて読みたい

-食べる

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.