お札のシワを伸ばすアイロンのかけ方!ピン札を量産すればリッチな気分間違いなし


お祝い金などを包むために新券が必要な時ってありますよね。それなのに、銀行に行く時間が取れなかったりして、新券を用意できなかったということがあります。

用意できなかったからと言って、折り目のついたお札を入れるわけにもいかず。

困って、家族で誰か持っていないか聞いたら、「なんで、ちゃんと用意しとかへんかったん!」と怒られて余計にへこんだり(笑)。

そんな時に、お札にアイロンをかけると、シワや折り目が消えてピン札になるのです!ただし、方法を間違えると、ピン札になるどころか、お札を焦がす危険があります。

そこで本日は、安全にお札のシワを伸ばせるアイロンのかけ方についてお伝えしていきますね。

ピン札をアイロンで作れると、お財布にもピン札だけ!なんてことも可能なので、お金持ちに一歩近づけるかも!です(笑)。

スポンサーリンク

アイロンで取れないシワや折り目があります

お札しわくちゃ
さぁ、これから!という時に、やる気をなくさせるようなことを言ってすみません。。。

アイロンをかければ、どんなお札もピン札にできるかというと、そうではありません。

お札についた、きつい折り目やシワは、アイロンでは伸ばせません。まずは、シワや折り目が浅いお札を選んで準備してくださいね。

シワや折り目の浅いお札、ありましたか?では、アイロンのかけ方に移りましょう!

お札のシワを伸ばすアイロンのかけ方

お札のことを紙幣とも言うように、お札は紙です。

普通の紙をアイロンかけるなんて考えもできませんが、お札の場合はそれが可能。

なぜなら、日本のお札は、みつまたという和紙が主原料のため、強い耐久性を持っているのです。

とはいえ、そこは紙。

どんなに強くても、注意点を守らないといけません。お札のシワを伸ばすアイロンのかけ方の前に、まずは注意点からお伝えしますね。

アイロンをかける前に注意点!

お札にアイロンをかけるときは、必ず次の3点を守らないといけません!でないと、お札が縮む・焦げるなどお祝いに使うどころか、銀行でお札と交換してもらわないといけない羽目になってしまいます。

  • スチーム機能は使わない ⇒ 縮みます
  • 温度は低温(100~120℃)設定 ⇒ 焦げます
  • ホログラムにアイロンをかけない ⇒ 機械で使えなくなります

ホログラムとは、偽造防止のために1万円札と5千円札に印刷されているピカピカ光るマークです。角度によって模様が変わるのですが、アイロンの熱を当てると模様が消える危険があります。

焦げたり縮んだりすると、お札そのものの価値に影響が出るのに対して、ホログラムが消えてもお札としての価値は変わりません

ホログラム

ですが、普通にお店などの支払いには使えますが、ATM・自販機・券売機といった機械では使えなくなります。これはこれで、お祝いなどに包むと問題ありですから気を付けないといけません。

では、いよいよアイロンのかけ方を説明しますね。

お札が焦げたり縮んでしまったら?交換方法を詳しく説明しています
破れたお札の対処と交換方法!銀行ではなく郵便局でも大丈夫?

いざアイロンをかけましょう!

お札にアイロンがけをする基本は、簡単3ステップです。

お札を濡らす ⇒ 低温でアイロン ⇒ 平らにして冷ます

準備する物は、お札はもちろんですが次の4つです。

  • アイロン(当たり前ですね)
  • ハンカチなどの当て布(焦げ防止です)
  • アイロン台(シワを伸ばすために必要です)
  • 分厚めの本(挟んで冷まします)
アイロン準備

問題(?)は、何でお札を濡らすかですが、3つの選択肢がありますよ。

お札を濡らす3つの選択肢

お札を濡らすなら、水でしょ?!と思いきや、意外なものがあるのです!特徴とあわせてご紹介しますね。

  •  ⇒ 可もなく不可もなく
  • 洗濯のりを薄めた水 ⇒ パリッとした仕上がりに、ただし焦げやすいかも
  • 大根おろしの絞り汁 ⇒ 同じくパリッと仕上がる、りんごやカブでもOK

洗濯のりは分かりますよね。洋服と同じく、パリッと仕上がります(笑)。

大根おろしは、“まさか!”な生活の知恵と申しましょうか。

大根には、でんぷんを分解するアミラーゼという消化酵素が含まれています。そして、お札の表面には強度を強めるためにでんぷんが処理されています。

大根おろしの絞り汁をお札に塗ると、表面のでんぷんが分解されて柔らかくなります。そこに、アイロンをかけると再びでんぷんが固まってパリッとした強度が戻るという原理なんですね~。

大根は冷蔵庫に常にある野菜の一つかと思いますが、無かった場合。アミラーゼは、リンゴやナシ、カブ、じゃがいもにも含まれます。

大根おろし

とはいえ、昔、リンゴやジャガイモの絞り汁であぶり出しなんて遊びがありました。焦げのリスクを考えると大根が安心かなと思いますね。大根が無ければ、水で濡らした方が良いと個人的には思います。

3つのどれでお札を濡らすかが決まったところで、お札のアイロンがけ3ステップを詳しく見ていきましょう!

お札にアイロンをかける3ステップ

お札をアイロンtop
お札を濡らすのが、先ほど紹介した3つは濡らし方に少し違いがあります。ここで確認しながら見ていきましょう。

  1. お札を濡らし、お札が湿るまで置く
  2. 霧吹きで、お札の両面を均等に濡らします。
    霧吹きがない場合は、濡らしたタオルにしばらくお札を挟みます。
    洗濯のり
    薄めた水
    水80mlに洗濯のり小さじ1を溶かし、霧吹きで両面にまんべんなく吹き付けます。
    パリッとさせたいからと濃い目にしたり吹き付けすぎると焦げるので注意です!
    大根おろし
    絞り汁
    大根おろしをキッチンペーパーに乗せて丸く包みます。
    丸く包んだ面で、お札の両面全体を軽く濡らしていきます。
  3. お札にアイロンをかける
  4. お札に①の水分が浸透して、湿った状態になったら、アイロン台の上に置きます。
    この時に、バスタオルなどフカフカしたものを下に敷くと、シワが取れません。
    100~120℃の低温にアイロンを設定して、焦げ防止の当て布をして、お札のシワを伸ばすようにアイロンを当てていきます。
    スチーム機能を使うと、高温のスチームがお札の一部に集中して当たるため、縮みやゆがみの原因になりますので、使わないようにしましょう!
    ホログラムは、熱で変質しやすいので、アイロンが当たらないようにしましょう!

  5. 平らにして冷ます
  6. 低温とはいえ、熱を紙に与えるので少しお札が反ることがあります。
    余熱が残っている状態で、分厚めの本や板に挟み、平らな状態にして冷まします。上から重しを乗せれば、さらに効果的ですね。

    これで、ピン札完成です!

    アイロンを使えば、大根おろしをするところから始めたとしても、1時間もかかりません

    ただ、お札(紙)をアイロンかけるのは不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。アイロンがけよりは時間はかかりますが、こんな方法もありますので、参考になさってください。

    スポンサーリンク

    アイロン以外でお札を伸ばす方法ってある?

    シワのないお札が必要な時まで、時間の余裕があるようなら、アイロンを使わずにピン札にすることも可能です。

    基本は、アイロンをかけるのと同じく、お札を濡らし、シワを伸ばした状態で乾かすという方法です。

    • 水で湿らせたお札をキッチンペーパーに挟んで、本で重しをしてシワを伸ばし乾かす
    • 水で湿らせたお札を窓にシワを伸ばして貼りつけて乾かす

    熱を使わない分、ホログラムが消える危険も焦げる心配もありませんね。ただ、乾く時間が必要なので、そこは、問題でしょうか(笑)。

    新券(新札)とピン札は同じ物?!

    実は、私自身、この点があやふやだったので、調べてみました。

  7. 新券:発行されて初めて使われる真新しい紙幣
  8. ピン札:折り目やシワ、汚れのない紙幣
  9. お祝い事で新券を用意するのは、お祝い事はいついつと予定が分かっているので、お祝いを準備するという気持ちをあらわすという意味があるようです。

    やはり、ちゃんと新券を用意するようにしないとと反省です。。。

    あと、常にお財布の中を新券だけにすると、金運に良いなんて話も最近よく聞きます。

    要はお財布の中身に気を使うことが、すなわちお金を大事にすることとなり、お金に喜ばれるのだとか。お金持ちほど、そうされているとも言いますね。

    こちらの場合は、ピン札で揃えても効果があるようですよ!


    お財布の使い方について詳しくはこちらで紹介しています
    お金の貯まる財布の使い方!お金に快適な環境が金運アップのカギ!

    スポンサーリンク

    まとめ

    お祝いなどで、新券が必要なのに銀行に行く時間が無かったという時、アイロンでお札のシワを伸ばす方法があります。

    普通の紙と違い、強度のある和紙が主原料のお札は、アイロンを使った次の3ステップでピン札にすることが出来ます。

    1. シワや折り目の浅いお札を水などで湿らします
    2. 100~120℃の低温に設定したアイロンでシワを伸ばします
    3. 余熱が残っているうちに本などに挟んで真っすぐにして冷まします

    お札を湿らせるものには、

    • 洗濯のりを溶かした水
    • 大根おろしの絞り汁

    の3つがありますが、パリッと仕上がるのは水以外の2つです。

    また、アイロンをかける時に注意する点は、

    • スチーム機能を使わない(お札が縮んでしまう)
    • 高温にしてはいけない(お札が焦げます)
    • ホログラムにあてない(機械で使えなくなります)

    の3つがあります。

    時間のあるようなら、湿らせたお札をキッチンペーパーに挟んで本で重しをして乾かすという方法も。アイロンを使わない分、焦げたりホログラムが消えたりという心配はありませんね。


    あわせて読みたい記事