財布を買うのは時期より日が大事?2018年の金運に良い日もご紹介!


お財布を買うなら、春や秋が金運によい時期というのが、すっかり有名になりました。

でも、春と秋が有名になり過ぎて、それ以外の夏や冬に買い替えるとなると、少しばかり損したような気持ちになってしまいませんか。

だからといって、春や秋を待って財布を買うというわけにも行きません。お財布を落としたとか、破れてしまったとかの場合もあるでしょうしね。

ところが、調べてみると春と秋という時期にこだわらなくても、夏や冬でも財布を買う日を選べば大丈夫ということが分かりました!

そこで、本日は、お財布を買うと良い日について、詳しくお伝えしようと思います。一目でチェックできる年間カレンダーもありますので、春や秋で良い日がいつかも確認いただけますよ~。

どんな日が良いか知っているから、カレンダーを先に見たいという方はこちらからどうぞ!
財布を買うと良い日カレンダー

スポンサーリンク

財布を買うと良い日はこんな日

財布買う日2018top
この日に買うと、金運の良い財布になると言われる日には、いくつかの種類がありますので、まずそちらからご紹介しますね。

  • 一粒万倍日などの吉日
  • 古くからのしきたりや行事のある日
  • 個人の記念日

上の2つは誰にとっても良い日ですね。そして最後の1つはあなただけの良い日となります。

では、詳しく見ていきましょう!

一粒万倍日などの吉日

吉日として、最も知られているのは大安でしょうか。

大安は、何をするにも良い日ですので、お財布の購入や使い初めにも良い日です。ですが、それ以外にも財布を買うと金運アップにつながる日として、一粒万倍日天赦日などがありますよ。

順番にご紹介していきますね。

天赦日(てんしゃにち)

『百神が天に上り、天が全てを赦す(ゆるす)日』というのが、天赦日という吉日です。

いかにも有難みのある感じですが、それもそのはず。天赦日は日本の暦の中で最上最高の吉日なのです。

しかも、1年に5~6回だけと、他の吉日と比べても、貴重さは群を抜いています。

財布を買うにも吉。もちろん、結婚、引っ越し、開店・開業と、あらゆることに良いとされる吉日です。

天赦日イメージ

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒のモミからお米がたわわに実るように、一粒万倍日は、何かを新しく始めると大きく実るとされる吉日です。

かつては、種まきに良い日とされていましたが、それが現在のビジネスや仕事にも当てはまるとして、出資や開店・開業に適した日とされるようになりました。

ただ、この何倍にするというパワーは、マイナスの場合も同じように働きます。そのため、一粒万倍日に借金をしてしまうと、返済の苦労が倍になると言いますので気を付けないといけませんね。

一粒万倍日の最大のメリットは、他の吉日と重なった時に、幸運度が倍になるという点です。また、凶日と重なってしまった場合、凶を半分にしてくれますが、吉も半分になってしまうので、しっかりチェックする必要があります。

稲お米

大安

おそらく大安は、日本で最もポピュラーな吉日ではないでしょうか。大安も、全てにおいて良いとされる吉日ですね。

大安に新しいことを続くと、その後もずっと「良い気」が続き、成功・幸運の確率が高くなるそうです。

そのため、結婚、引っ越し、開店・開業など、新たな生活や仕事の始まりに良い日とされますが、とくに結婚や縁談に良いとされますね。

特別に金運に対して、こんな良い事がある!ということはありません。大安に財布を買うと、吉日の「良い気」を財布に入るという感じかなと思います。

寅の日

”今年の干支は戌年”と言いますが、干支は年だけはなく日にも割りふられています。寅の日とは、寅が回ってきた日という事ですね。

昔の中国では、虎は、「千里を行って千里を戻る」と言われるほど、俊敏かつスタミナがある動物と考えられていたそうです。

そこから、寅の日は旅たちに良い日とされてきましたが、お金に関しても“使ってもすぐに戻ってくる”として、財布を買うにも使い始めるにも良い日と言われるようになりました。

そして、虎の毛皮黄色い色をしていますよね。黄色と言えば、風水で黄色は金運を表す色ですよね。このことも財布を買うと金運が上がる日と考えられる理由の一つです。

また、寅は毘沙門天という神様のお使いでもあります。1月と5月と9月の最初の寅の日は、毘沙門天との縁が深い日(縁日)ですので、寅の日の中でも選びたいという人におススメです。

走る虎

巳の日

寅の日と同じく、十二支の巳が回ってきた日です。

さきほど、寅は毘沙門天のお使いとお伝えしましたが、巳(へび)弁財天という女神のお使いです。

弁財天は、財宝や福徳を授ける神様として信仰される神様です。弁財天と縁のある巳の日は、金運や財運に良い日とされてきました。

また、白蛇は弁財天の化身とも言われており、巳の日に白蛇にお金にまつわる願い事をすると弁財天が叶えてくれるというそうですよ。

中でも、己巳(つちのとみ)の日は、弁財天と縁が深い日(縁日)のため、普通の巳の日よりも財布を買うと良い日と言われています。

古くからのしきたりや行事のある日

伝統的な風習が少なくなってきているとはいえ、お正月や節分など、今でも大切にされているしきたりや行事ってありますよね。

Dr.コパ氏によると、こうした古くから続くしきたりや行事のある日『幸運の扉の開く日』なのだそうですよ!

神社やお寺などがパワースポットに建てられているのと同じように、パワーのある日だから行事が行われてきたということかもしれません。

しきたりや行事日もカレンダーにも記載していますが、財布を買うのに良い行事日をここでも表にしておきますね。

1月正月(3日)、大寒の日(20日ごろ)
2月節分(3日ごろ)、立春の日(4日ごろ)、建国記念日(11日)、神宮記念祭(17日)
3月ひな祭り(3日)、春分の日(21日ごろ)
5月こどもの日(5日)
6月夏越の祓(30日)
7月七夕(7日)、お盆(15日)
8月お盆(15日)
9月重陽の節句(9日)、中秋の名月(下旬)、秋分の日(23日ごろ)
10月神嘗祭(17日)
11月七五三(15日)
12月年越しの大祓:大晦日(31日)

個人の記念日

さて、最後にご紹介するのは、あなたにとってだけ財布を買うと良い日、つまりあなただけの記念日です。こちらもDr.コパ氏がおっしゃっていることですね。

代表的なのは、誕生日春生まれでも、夏生まれでも、秋生まれでも、冬生まれでも関係なく、誕生日は財布を買うと良い日です。

他に個人の記念日としては、結婚記念日もそうですし、お子さんを出産した日なんかもそうですよね。

記念日

多分なのですが、何とはなしに財布を買うのではなく、特別な日に財布を買うに行くことが、お金に対する意識が高くて良いという事なのでしょうね。

では、ここまでの情報を踏まえて、財布を買うと良い日のカレンダーを見ていきましょう!

スポンサーリンク

財布を買うと良い日2018年カレンダー!

ではでは、財布を買うと良い日が一目で分かるカレンダーをご覧いただきましょう。(すでに2018年も6月ですので、1~4月については2019年のカレンダーをご紹介しますねm(__)m)

また、財布を買うと良い日は、実は財布を使い始めると良い日でもあるので、両方を確認していただけますよ~。

財布を買ってから、使い始めるまでに、財布を寝かせて、財布のお金の気を覚えさせると良いですよ!
新しい財布は寝かせる!財布の金運を上げる期間や金額を詳しく!

カレンダーのアイコンや色の見方については、下記をご覧くださいね。

2018年5月~8月の良い日

財布を買うと良い日2018年5月から8月
※6月30日は、夏越の祓ですが、2018年は天赦日と寅の日に重なるので、カレンダーから省略していますm(__)m。

5月5日の立夏から、8月7日の立秋までは暦の上では夏です。五行説では夏は”火の季節”のため金運と相性の悪い時期とも言われます。

良い日であっても、そこが気になるという方は、火の気が強くなる昼間は避けて、水の気が強くなる夕方を選ぶと良いですよ。

2018年9月~12月の良い日

財布を買うと良い日2018年9月から12月

9月から11月の半ばぐらいまでは、秋財布の購入時期です。この間であれば、日を選ぶことでさらに安心というところ。

11月の下旬から12月にかけては、暦の上でも冬となりますが、12月は年の締めくくりの月ですから「締め財布」で節約上手な財布になると言われますよ。

秋財布の購入時期はいつ?2018年秋の金運の良い日もご紹介!

2018.04.15

2019年1月~4月の良い日

財布を買うと良い日2019年1月から4月

1月から4月は、財布を買う時期としては最も良いとされる春財布の時期ですね!

天赦日と一粒万倍日は、立春から立夏までは寅の日の中から決まりますので、2月から4月は吉日が重なる日が多いですよ。

財布を買うのは時期より日が大事?2019年の金運に良い日もご紹介!

2018.09.17
スポンサーリンク

財布を買うなら運のいい場所!流行っている店!

よく方角が良いとか悪いとかも言われますが、こだわるなら、やはり吉方位の店で買うべきと言うのが風水の考え方です。ただ、吉方位は調べるのも大変ですし、お財布を買うお店が吉方位にあるとは限りません。

そこで方位に関係なく、財布を買うと良いのは、一般に繁華街と言われる人の集まる場所にあるお店です。

人が集まる場所というのは、その土地のエネルギーが高い証拠。

東京では、山手線のどの駅も京都一の繁華街四条河原町ぐらいの人出がありますが(笑)、やはり銀座がピカ一と言われますね。

そうしたエネルギーが高い場所の中でも、さらにお店が明るく、きれいで活気があり流行っているお店が運のいいお店です。

幸運は幸運を呼びますから、財布も買うお店も繁華街で流行っているお店がおススメです。

人気店
スポンサーリンク

まとめ

財布は、春や秋に買うと金運に良いと言われますが、場合によっては、夏や冬に財布を買う必要があるときも。

そんな時には、買う日を選ぶと、春や秋と同じように金運に良い財布にすることが可能だと分かりました。

時期に関わらず、財布を買うと良い日は、次の3つがあります。

  • 吉日⇒天赦日、一粒万倍日、大安、寅の日、巳の日
  • 行事のある日⇒節分や立春、ひな祭りや子供の日など
  • 個人の記念日⇒誕生日、結婚記念日、子どもが生まれた日など

一粒万倍日や天赦日などの吉日は、比較的知られているように感じます。

節分やひな祭りなど、古くから伝わる行事やしきたりの日も、Dr.コパ氏によると『幸運の扉が開く』開運日のため財布を買うのに持って来いの日となります。

そして、誕生日や結婚記念日などの記念日も風水では大切なものと言われます。

また、そうした自分にとって大事な記念日に財布を買うということが、お金に対して高い意識があるということなので、金運アップに繋がるのではないかなと感じました。

【参考図書】
小林祥晃著「なぜかお金が貯まるDr.コパのお財布風水」主婦と生活社
浅野美佐子著「愛もお金も引き寄せたいなら財布の神さまと仲良くしなさい」すばる舎


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事