財布の捨て方!風水で?財布供養で?どちらも感謝の気持ちを込めて!


財布は、大体3年置きに買い替えています。

風水的なこともありますが、薄い色の物だと汚れが目立ってきますし、3年経つと角も擦り切れてくるので、自然と替え時だなと感じます。

新しい財布を買うと以前の財布は当然使わなくなります。今までは、海外旅行で日本円とは別に外貨用の財布としてキープしてきました。

ですが、さすがに置いておきたい外貨の種類を使わなくなった財布の数が上回ってきています。

財布はお金を入れる物だけに、いざ捨てるとなると、そのままゴミ箱に入れていいものかどうか、悩みますよね。
私も普通に物を捨てる以上に後ろめたい気持ちが起こるのを感じます。

そこで、本日は財布の捨て方について調べています。
風水的に良いとされる捨て方もありますが、個人的には神社やお寺で供養していただけると知って、かなりそちらに心が傾いています。

では、詳しくお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

財布を捨てるときに一番大切な事

財布の捨て方toptop
財布の捨て方としては、風水で良いとされるやり方で自分で捨てる方法と神社やお寺などで供養して焚き上げてもらう方法があります。

自分にとって最もしっくりくる方法を選ぶことが一番いい方法ですが、どちらの方法を選ぶにしても共通して大切なことがあります。

それは、使わなくなった財布への「ありがとうございました」という感謝の気持ちです!

財布は、お金と切っても切れないアイテムだけに、出かけるときは必ず持っていきますし、手に取って使う頻度も高いですよね。そうした愛着もありますし、金運と密接にかかわるアイテムとして粗末にできないという思いもあります。
感謝

それだけに、いざ使わなくなった財布をただの物として捨てていいのかどうか悩むわけです。

ただ、こうして財布の捨て方を悩むということがすでに財布を大切に思っている証とも言えます。

財布を大切に思う気持ちを使わなくなった財布への感謝の気持ちに変える。

自分で捨てるにしろ、神社やお寺にお願いするにしろ、この気持ちをもって古い財布とお別れをしましょう。

財布と捨てる時の気持ちとして大切なことをお伝えしましたので、続けて財布の捨て方についてお伝えしていきますが、まず自分で捨てる方法から見ていきますね。

自分で財布を捨てる方法

自分で捨てる方法は、風水的に良いとされる方法です。

風水では、財布を捨てる時は『白い紙に包んで捨てる』が基本形です。その基本形に、捨てる日や方角をプラスするかどうかという考え方です。

では、基本形から順番に見ていきましょう。

白い紙に包んで捨てる

白い紙には、それまでの運気を断ち切るという意味があります。さらにしっかりと運気をリセットしたい、浄めたいという場合は、お財布にあら塩をかけるといいですよ。

財布を包む白い紙は、コピー用紙でも構いませんが、こだわるならやはり和紙が良いようです。

肝心なことは、白い紙で財布全体をきちんと包むこと。財布の一部が見えたりしてはいけません。

これだけで、部屋のゴミ箱に普通に捨てても大丈夫です。

それでは、心もとないと感じる場合は、さらに財布を捨てる日・場所と方角を選ぶことができます。

財布を捨てる日

風水的に財布を捨てる日として良い日は、“雨が降っている日”です。

風水の考え方に、木・火・土・金・水という5つの要素からなる「五行相性」というものがあります。「五行相性」でみると、「金」は「水」に交わると増える性質があるのです。

そのため、雨が降っていて「水」の気が満ちている日を選んで財布を捨てると、「金」の気が増えて金運が良くなるとされています。

雨の日

財布を捨てる場所

さきほどの雨の日は、「水」の気が多い日を選ぶということでしたが、この考え方は財布を捨てる場所にも応用ができます。

川や湖、噴水のある場所は「水」の気が多い場所
こうした場所の近くのゴミ箱に財布を捨てれば、「雨の日」に捨てるのと同じく、「水」の気によって「金」の気が増える効果があります!
(間違っても川に捨ててはいけませんよ!)

注意しないといけないのは、海辺です。

海は、風水では「水」ではなく「火」の気になります。「火」と「金」は、「火」が「金」を溶かすため非常に相性が悪い関係。

うっかり海の近くに捨てないように注意しないといけませんね。
川岸

財布を捨てる方角

風水で金運に関係のある方角は、西と北です。

「お金は西で呼び込み、北で貯める」と言う言葉があるほど、風水で金運といえば、西と北なのです。

自宅から見て西や北の方角に旅行に行くようなことがあれば、そのときに旅先で財布を捨てると、金運を引き寄せる力も強くなりそうですね。

これで風水的に良いとされる方法の紹介は終わりです。中には、財布を切り刻んで捨てるというものもありましたが、個人的にはそこまでしなくても・・・と思いましたので省いています。

では、次は神社やお寺で財布を供養してもらう方法についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

神社やお寺で財布供養をしてもらう方法

goodbye
「針供養」と言う言葉を聞かれたことがありますでしょうか。

「針供養」とは、折れたり曲がったりして使えなくなった針を神社やお寺に奉納して、針に感謝の気持ちとさらなる裁縫の上達を祈願する風習です。

このように長く使ったものに対する供養の気持ちは、日本には古くからなじみのある考え方ですね。

使わなくなったお財布についても、同じように神社やお寺で供養してもらえます

確かに財布の捨てることにはなるのですが、供養していただけるとなると受ける感覚が全く違ってくるのは私だけでしょうか。。。

財布の供養をされている神社とお寺をいくつかご紹介していきますね。

熊本県阿蘇郡 宝木宝木神社(ほぎほぎじんじゃ)

財布を送付すれば、毎月、「一日参りお祓いお焚き上げ祈願祭」で財布もお焚き上げしていただけます。
送付した月末の24時から約1分間、宝木宝木神社の方角に向かって、感謝の気持ちを込めて手を合わせてくださいと案内されています。

お祓い料:無料
詳細は⇒https://www.hogihogi.org/sanpai

京都市 ゑびす神社の財布塚

日本三大ゑびす神社であり、「えべっさん」と親しまれている京都のゑびす神社には、使わなくなった財布を奉納する財布塚があります。
しかも財布塚は、あの商売の神様・松下幸之助さんが寄進されたものなのです!

金運だけでなく、仕事・商売運もあやかれそうですね。

公式サイト⇒http://www.kyoto-ebisu.jp/

岐阜県瑞浪市 荷機稲荷神社(かきいなりじんじゃ)

毎年11月の第2日曜日に、長年使用してきた財布に感謝を込めて供養し景気の向上を願う「みのり財布供養祭」を開かれています。
供養祭以外でも財布の供養は受け付けておられますが、通常2,000円の供養料が供養祭の日は半額の1,000円に!
さらに金幣(きんぺい)入りのお守りがもらえます。

供養料:2,000円(供養祭では1,000円)
詳細は電話問合せ⇒0527-67-1421

東京都目黒区 五百羅漢寺(ごひゃくらかんじ)

3月12日(さいふの日)に財布供養の大祭を開かれる他、年4~5回ある天赦日に財布の供養を行われています。

供養料:2,000円
申し込みフォームも用意されていますが、詳細はこちらで確認ください。⇒http://rakan.or.jp/month/120

鳥取県日野郡 金持神社(かねもちじんじゃ)

名前からして、いかにも金運が良くなりそうな神社です。

年4回(1月4月7月10月の25日)の例祭で、財布のお祓いとお焚き上げをしていただけます。
財布のお焚き上げ後に、印として「金の素(かねのもと)」が送られてきます。

Webからネットショップ形式で申込ができますが詳細は⇒http://kanemochi-jinja.net/

お祓い料:2,000円

この他にも、

  • 千葉県東金市の妙泉寺⇒http://www.ningyo-kuyo.com/sp/saihukuyo.html
  • 京都府綴喜郡の安楽寺⇒http://www.kyoto-anrakuji.jp/kuyou/kuyoucat/cat01/
  • 名古屋市にある山田天満宮の金(こがね)神社⇒http://www.tenman.jp/kogane/

などでも財布の供養を受け付けておられます。

探せば、もっと多くの神社やお寺さんで財布供養をしておられそうですね。

私は幸いにも京都市に住んでいるので、ゑびす神社さんの財布塚に奉納させていただこうかと思います。

まとめ

財布は、お金を入れるということもあって、出かけるときもほぼ一緒、取り出して使う頻度も多いアイテムです。そのため愛着もありますし、金運と密接にかかわると言われていることからも、使わなくなった財布はどう捨てればいいのか悩むところです。

財布の捨て方としては、風水で良いとされるやり方で自分で捨てる方法と、神社やお寺などにお願いして供養して焚き上げてもらう方法があります。

自分にとって最もしっくりくる方法を選ぶことが一番いい方法ですが、どちらの方法を選ぶも使わなくなった財布に対して「ありがとうございました」という感謝の気持ちを持っていることが大切です。

お金の貯まる財布の使い方!お金に快適な環境が金運アップのカギ!

2017.12.13

新しい財布は寝かせる!財布の金運を上げる期間や金額を詳しく!

2017.11.18

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事