ウォーキングは時間帯で効果が違う!違いを知ってより健康に!


ウォーキングを日課としている人は多いのではないでしょうか。
ウォーキングの目的も、健康維持のため、ダイエットのため、運動不足解消のためと人によって様々だと思います。

私の両親は、すでに70歳を超えています。
高齢者の認知症予防や健康維持には自分の足で歩けることが大切と言われていることから、足の筋力維持を目的にウォーキングを朝の日課としているのですが、いつまでも健康でいてもらいたいものです。

ところが最近、朝のウォーキングは健康に望ましくないということを目にしました。

健康のためにウォーキングをしているのに、実は体によくないことをしているとしたら?

時間帯によって、ウォーキングの効果が違うとは考えてもいなかったため心配になり確認したところ、確かにそういう一面もあるようですが、ウォーキングの目的によって効果がある時間帯が違うということも分かりました。
皆さんにもウォーキングから、健康のためにより高い効果を得ていただきたいと思いますのでシェアしますね。

スポンサーリンク

ウォーキングの効果の高い時間帯

ウォーキング効果時間帯top
一日を朝・昼・夕と分けて考えた場合、確かに特定の効果の高い時間帯がありました!

  • ウォーキングの目的が健康維持であるなら、一日で体温が最も高くなる夕方の時間帯のウォーキングの効果が高い
  • ダイエットを目的とする場合は、血糖値が低い朝食前のウォーキングが、効果が高い

ただ、朝・昼・夕のいずれの時間帯も全く効果がないわけではありませんので、それぞれの時間帯についてどんな効果があるのかを説明していきますね。

時間帯別のウォーキング効果

朝の時間帯

まずは、朝のウォーキングから得られる効果としては大きく次の2点です。

  • 朝食前の空腹状態でウォーキングをすると、脂肪燃焼効果が高い
  • ウォーキングで朝日を浴びると、心身が目覚め集中力が高くなり一日の仕事や勉強の効率がよくなる

具体的にはどういうことか詳しく見ていきましょう。

脂肪燃焼効果

人が運動すると、血液中の糖分を燃やしてエネルギーに変えていきますが、空腹時には血液中の糖分が低いので、体は脂肪を燃焼して糖に変えます。
これが、運動をするとやせる仕組みなのですね。

特に夕食と朝食の間は時間が空くので、朝食前は血糖値がかなり低いため、脂肪燃焼効率が高くダイエットに効果があるのです!

仕事や勉強の集中力があがる

朝日を浴びることと、リズム運動であるウォーキングをすること、この2つが「セロトニン」という物質の分泌を増やします。
セロトニンは、覚醒を促進する神経伝達物質で心身の安定にも大きく関わっていますので、朝にウォーキングをするとセロトニンが増えるので、心身がすっきり目覚めて、集中力が高い状態になるのです。

会社や学校に行く前のウォーキングは時間を作るのが大変ですが、ここぞという時期には試してみる価値がありそうですね。

朝のウォーキングの注意点!

ダイエットが目的なら、特におすすめの朝のウォーキングですが、朝の時間帯ならではの注意点があります。

朝は、体温も低く体も硬い状態ですので、思いがけないケガを防止するためにもストレッチをしてから歩くようにしてくださいね。
ストレッチは、ケガの防止になるだけでなく、準備運動にもなるのでウォーキングの効果を引き上げてくれますよ。

スポンサーリンク

昼の時間帯

昼は、交感神経が活発な時間帯ですので、すべての活動に適しています。
ウォーキングも例外ではなく、昼は、ウォーキングに適した時間帯でもあります。

もし、昼にウォーキングの時間が取れるようであれば、昼のウォーキングもダイエットの効果が期待できる時間帯ですよ。

ただ夏は、熱中症のリスクがあるので十分な水分補給が必要ですし、女性の場合はやはり日焼けが心配かなと思います。

夕方の時間帯

夕方は、一日の中で体温がピークとなる時間帯。

体温推移グラフ

夕方の時間帯にウォーキングを行うと、さらに体温を上げることができ、夜、眠りに入るときの体温の底上げになるので、睡眠の質が良くなります

 

さらに加えると、睡眠中にはホルモンが分泌されるのですが、有酸素運動であるウォーキングを夕方に行うと、血行が良い状態が睡眠中にも続くので、ホルモンの分泌を助け代謝を活発にしてくれます。

また夕方のウォーキングでも、リズム運動に変わりはないので夕方であってもセロトニンの分泌が増えますが、この時間帯にセロトニンが増えると、一日のストレスの軽減やリフレッシュができるという効果があります。

こうしてみると、確かに朝より夕方のウォーキングの方が、健康にプラスな面が多いですよね。
早速、両親にも朝ではなく夕方に歩けば?と伝えたいと思います。

さて、こうしてそれぞれの時間帯のメリットを中心にみてきましたが、ウォーキングをしてはいけない時間帯があることも今回分かりましたので、そちらもご紹介しますね。

ウォーキングをしてはいけない時間帯

ウォーキング

ウォーキングに適した時間帯もあれば、反対にウォーキングをしてはいけない避けるべき時間帯がありました。

  • 朝起きてすぐの1時間
  • 夜寝る前の1~2時間
  • 食後の1時間

なぜ、この時間帯が良くないか、その理由は次のような内容です。

朝起きてすぐの1時間

一晩で500mlの寝汗が出ると言います。
そのため、朝起きたての体は水分不足で、血液がドロドロの状態です。
その状態でウォーキングをすると、血栓ができやすく心筋梗塞・脳梗塞になるリスクが高いのです。

また、体が完全に目覚めていない状態ですので、急に動くと転倒してケガをするといったリスクもあります。

生活のリズムが出来ていて、やはり朝に歩きたい、ダイエット効果のためにも朝歩きたい場合、起きてすぐに、まずはコップ1杯の水を飲んで、ある程度体が目覚めた状態になってから歩くようにしてください。

あくまで健康・美容のためのウォーキングですので、コップ1杯の水、本当に守ってくださいね。

夜寝る前の1~2時間

寝る前のウォーキングをすると、交感神経を刺激してしまい、体も神経も高ぶった状態になりますので、かえって眠れなくなってしまいます。

また夜のウォーキングは、防犯の観点からもリスクがありますので、避けたほうが無難です。

食後の1時間

食後は、胃に血液が集まり消化酵素が活発になる時間です。
その消化に当てるべき時間に運動を行うと、胃に血液が集まらず消化不良を起こしてしまうのです。

ウォーキングの時間が、朝食後や夕食後に作りやすいという人もいると思います。
そんな場合も、食べてすぐではなく、食事の後1時間ぐらい経ってからであればOKですよ。

1日の歩数!理想とすべき歩数や歩き方は目的と年代で違った!

2017.08.02

まとめ

ウォーキングを避けるべき、“起きてすぐ、寝る前、食後の1時間”以外は、時間によって異なるものの効果はきちんとあるということが分かりました。
途中でも書きましたが、ウォーキングは健康・美容のための良い習慣となるものなので、絶対この時間でないとダメだとか、不調を押してでも歩くとか、生活のリズムを崩すようなことなく、楽しんで取り入れてもらいたらなと思います。


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事