あじまりかん

お付き合い 郵便

春色の候が使える時期!意味・読み方・お役立ち文例

更新日:

春色(しゅんしょく)は、春らしい様子や春の景色を指す言葉です。

新芽の淡い緑と百花が咲きそろう彩り豊かな春ならではの表現。

春色の候は、春本番となる3月中旬から下旬にかけて使う時候の挨拶です。

春色の候の読み方、意味、使える時期

春色の候

読み方しゅんしょくのこう
意味春色の候は、”春らしい景色が楽しめる頃ですね”という意味です。
春色の候」は、暦の上の春の終わりの時候の挨拶です。
使える時期春本番となる3月中旬から3月下旬に使います。
3月中旬3月下旬

春色の候を使った文例

春色の候のように、”~の候”とつく漢語調の挨拶は、時候の挨拶の中で最もあらたまった丁寧な言葉です。

ビジネス・公的な手紙や、目上の方に出す手紙の場合には、漢語調の時候の挨拶を使うのが慣例です。

では、よく使われる文例をご紹介しましょう。

ビジネスや公的な手紙

  • 拝啓 春色の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 春色の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 拝啓 春色の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

ちょっと一言

貴社は、会社の尊敬語です。
団体や協会に送る場合は、貴社を貴会に変えればそのまま使えます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 拝啓 春色の候、○○様におかれましてはいよいよご清祥のことと拝察いたしております。
  • 拝啓 春色のみぎり、皆様には一段とご壮健のことと存じます。
  • 拝啓 春色の折、御一同様におかれましてはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。

ちょっと一言

春色の候」は「春色のみぎり」「春色の折」に変えて使うこともできます。

親しい方に出す手紙ならこんな時候の挨拶はいかが

  • 桜のつぼみもふっくらと、春色の深まりを感じる頃となってまいりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 街もすっかり春色の装いとなり心浮き立つ今日この頃、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
tahe
「春色の候」は改まった印象が強いため、親しい方に送る手紙の場合、ご紹介したような柔らかい挨拶に言い換えることもできますので参考になさってください。
3月の時候の挨拶top
3月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

春を迎える3月は、卒業シーズンでもありますね。 人生の門出を迎え、お世話になった人に感謝の手紙を書く人も多いのではないでしょうか。 ところが、いざ手紙を書くとなって悩むのが、手紙の初めの時候の挨拶 ■ ...




あわせて読みたい

-お付き合い, 郵便

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.