ツバメが意味する幸運の全て!日本だけではなく世界的に吉兆の象徴!




ようやく暖かくなりだした頃に、早くもツバメがスイースイーと飛ぶ姿を見ることがありますよね。

まだ春とも呼べないような時期であっても、ツバメの姿を見ると季節が確実に変わったことを感じさせてくれます。

そんなツバメは、人の家の軒下に巣をつくる習性から昔から身近な存在であり、同時に幸運をもたらす縁起の良い鳥でもありました。

そこで本日は、ツバメがもたらすという幸運の意味を詳しくお伝えしていきます!

調べてみると、ツバメが世界各国でも吉兆の象徴として愛されていることが分かって、何だか感動してしまいました(笑)。

ツバメが意味する幸運

ツバメの意味top
ツバメ幸運をもたらす縁起の良い鳥とされるようになったのは、ツバメの習性が大きな理由です。

ツバメの習性については後ほど詳しくお伝えしていきますが、まずはツバメが意味する幸運全部リストアップしましたのでご覧ください。

    ツバメが意味する幸運の全て!

  • 家が栄える
  • 商売繁盛
  • 農作物が豊作になる
  • 良縁に恵まれる
  • 夫婦円満・家庭円満
  • 赤ちゃんができる
  • 火事が出ない
  • 病人が出ない
  • 故郷に無事に帰ることができる

この他に、復活祭のころに戻ってくることから、ヨーロッパでは復活と再生を象徴する鳥としても扱われているようです!

ただ、これらの幸運は最後の”故郷に帰る”を除いては、ツバメが家にをつくった場合という条件つきです。

クローバー

単に道を歩いていてツバメを見かけただけではラッキーとは喜べないということです。四葉のクローバーとは少し性格が違う吉兆ですね。

ちょっと残念ではありますが、気を取り直してツバメが幸運をもたらす鳥となった理由であるツバメの習性についてお伝えしていきますね。

ツバメが幸運の象徴になった理由

ツバメは、暖かい地域で暮らす渡り鳥ですが、次のような習性をもつ鳥です。

  • 春になると戻ってくる
  • 害虫を食べる益鳥
  • 人の家の軒下に巣をつくる
  • 夫婦で子育てをする

こうしたツバメの習性から、世界中にツバメを吉兆とする言い伝えや物語が誕生しました。

詳しく見ていきましょう!

ツバメは春になると戻ってくる

ツバメは、暖かい地域で暮らす渡り鳥です。

そのため、日本をはじめ世界で春の使者とみなされてきました。

暖かく明るい陽射しと花々が咲きほこる春は希望に満ちた季節です。

その春とともに訪れるというだけでもツバメは十分に好ましい存在だったのですね。

春

さらに、ツバメは同じ場所に戻ってくる習性をもちます。

これがヨーロッパでは、「遠くに旅立っても必ず戻ってくる」と、船乗りにとって安全のシンボルとされました。

昔は航海技術も発達していませんでしたから、海に出るということは命がけだったのです。

また、ツバメが見えると陸(港)が近いことが分かったことも、無事に故郷に帰ることができたという安心と喜びにつながったことも大きかったようです。

帆船

農作物を害虫から守ってくれる益鳥

ツバメと同じぐらい身近なスズメがお米などをついばむのに対して、ツバメは農作物を食い荒らす害虫をエサとするため、人間にとって役に立つ益鳥です。

特に農薬のなかった時代には、空中をスイースイーと飛びながら、ガやユスリカ・シロアリといった害虫を次々に食べるツバメは大切な鳥でした。

農村部では、ツバメを殺すのはもちろん、巣やヒナにいたずらすることも禁じていた地域もあったほどです。

害虫が増えると農作物がどんどん食い荒らされて収穫が減ります。

そこで、ツバメが巣をつくった家は害虫の被害にあうことがなく豊作になると考えられてたけですね。

面白いことに、ツバメのフンまで雑草駆除に役立つという迷信が江戸時代にはあったそうですよ。

豊作

人の家の軒下に巣をつくる

世界には約9,000種類の鳥が生息していますが、ツバメのように人の住む家に巣をかける鳥は他にいません。

ツバメが、人の家の軒下などに巣をつくる最大の理由は、カラスやヘビなどの天敵に襲われないためですが、ツバメが幸運の象徴とされるのは、ツバメが巣をつくる家を選び基準にあります。

  • 人の出入りが多いこと ⇒ 家が栄える、商売繁盛
  • 日当たりが良く風通しが良いこと ⇒ 病人が出ない

要するに、つばめは活気のある家を選ぶといえるわけで、そうした家は夫婦仲もよく子宝に恵まれる家だったわけですね。

赤ちゃん

さらに、中国ではツバメに危険予知能力があり危険を避ける鳥と言われることから、

  • 火事になりそうな家に巣をつくらない
  • 運気が下り坂の家には巣をつくらない

とまで言われるようになったのです。

風水でもツバメは幸運の証!

風水では一般的に鳥は幸運と結びつけられることが多いですが、鳥の巣作りは特に幸運の証とされます。

その上、日当たりと風通しが良いというのも風水では重要視されることですから、ツバメの巣が家にできることを風水では二重三重に幸運を意味します。

夫婦仲良く子育て

玄関などの軒下にツバメの巣があるわけですから、子育ての様子も他の野鳥ではありえないぐらい、子育てをじっくり観察できる鳥でした。

ツバメの子育てから見えたことは

  • ツバメは、オスも卵を抱く
  • ツバメは、オスもヒナにエサを運ぶ

と、夫婦で一生懸命子育てをするツバメの姿です。

この姿から、ツバメは夫婦円満、家庭円満、子宝をもたらす象徴とされるようになりました。

では最後に、世界に残されているツバメにまつわる神話や物語をご紹介していきますね。

つがいで子育て
ツバメは恋を運ぶ鳥?

着物には花鳥風月の柄が多くありますが、中でもツバメの柄は家庭円満のおめでたい柄になっています。

さらに江戸時代には、渡り鳥ということからか、ツバメは恋を運んで飛ぶという言い伝えが生まれ、良縁を求めるお嬢さん方の着物の柄としても人気を集めたそうです。

ツバメにまつわる神話や物語

ツバメ
になると戻ってくるツバメは、昔の人にとって、希望の存在でした。

ですが、ツバメが冬の間はどこにいるのか謎だったため、神秘的な存在でもあったようです。

日本に残るツバメの物語

常盤(ときわ)の国の使者

常盤の国というのは、北西の方角に位置する祖先の霊の国のことです。

中世の物語や田植歌に登場し、富や豊穣の源の国とされてきました。

ツバメは、祖先の霊の使者として常盤の国を行き来し、富をもたらす縁起の良い鳥とされてきました。

竹取物語

かぐや姫が5人の求婚者の一人、石上麻呂に出した無理難題にツバメが登場します。

難題の中身は、「ツバメが生んだ子安貝を持ってくる」というもの。

鳥が貝を生むというのがありえない話ではありますが、子安貝は安産のお守りとされていました。

ツバメが子育てを身近に見ることができた鳥というところから生まれた難題だったのでしょうか。

かぐや姫

沖縄の昔話

昔々、スズメとツバメは姉妹だったのですが、母親が病気となったときにツバメは着ていく服を用意するために実家に帰るのが遅くなってしまいました。

急いで帰った姉のスズメは、母親の看病をしますが、看病の甲斐なく母親は亡くなります。

ようやく身支度が整ったツバメがやってきたのは、母親の葬式も終わったあと。

様子を見ていた神様がお怒りになり、スズメにはお米を食べることを許しますが、ツバメにはお米を食べることを禁じられます

これ以降、ツバメは虫しか食べることができなくなったという昔話が沖縄に残されています。

ですが、このおかげで、ツバメは益鳥として幸運の象徴になったのですから面白いですね。

スズメ

中国に伝わるツバメの話

ツバメの卵でお妃が懐妊

殷(いん:紀元前17世紀から紀元前1046年)の最初の皇帝とされる契(せつ)は、母親がツバメの卵を食べて生んだとされます。

契(せつ)自体が伝説の存在ですが、この伝説から中国では赤ちゃんを授けてくださいとツバメに祈るのだそうです。

冬の間、ツバメはハマグリになる?

古代の中国人は、寒くなるとツバメは水に潜ってハマグリになると、何とも奇想天外なことを考えていました。

それは、ツバメが水界とのつながりが深い繋がりがあるとされて、雨乞いの祈祷に竜を呼び出すためにツバメが用いる風習がありました。

エジプトに伝わるツバメの話

古代エジプトにおいて、豊穣の女神であるイシスは、夜になるとツバメに変身し、夫オシリスの棺の周りを飛び回ったという神話があり、復活と再生を象徴しています。

渡り鳥で、寒い時期には姿を消すというツバメの習性は、昔の人にはよほど神秘的だったのですね。

イシス

まとめ

ツバメが人の生活圏に巣をつくる身近な存在だったこともあり、ツバメは次のような幸運を意味する鳥とされてきました。

  • 家が栄える
  • 商売繁盛
  • 農作物が豊作になる
  • 良縁に恵まれる
  • 夫婦円満・家庭円満
  • 赤ちゃんができる
  • 火事が出ない
  • 病人が出ない
  • 故郷に無事に帰ることができる

ただ、これらの幸運は最後の”故郷に帰る”を除いては、ツバメが家にをつくった場合という条件つきです。

人の家の軒下などに巣をつくるツバメがつがいでヒナを返して育てる姿や、人の出入りのある明るく通気性の良い家を選ぶということが、ツバメが幸運の鳥と言われるようになった理由です。

また、冬の間姿を消すことが昔の人にとっては神秘的にとらえられ、世界の各地にツバメにまつわる神話や物語が残されています。

春の空にスイースイーと飛ぶツバメの姿は、見ているだけで気持ちの良いものですが、一層身近に感じられる気がしますね。


あわせて読みたい記事