ツバメの巣作りの時期はいつ?場所の条件や完成までの期間はどうなる?!




ツバメが家に巣を作ると幸福が訪れる・栄えると言われますよね。

私も春先にご近所の家にツバメの巣があるのを見ると、思わず心の中で「おめでとうございます」とつぶやいてしまいます(笑)。

近所に巣があるということはツバメが暮らせる環境なのですが、我が家にはツバメの巣が作られたことはありません。

ツバメが巣を作る場所として条件が欠けているからなのでしょうが、それが分かれば、ツバメが巣を作る時期に合わせて何とかなるかもしれません。

そこで本日は、ツバメの巣作りについて、いつごろの時期でどんな場所に作るのかを調べてきました。

私と同じようにご近所のツバメの巣がうらやましいという方、ぜひ参考になさってください!

ツバメの巣作りの時期

ツバメの巣作りtop
暖かい地域で暮らすツバメは東南アジアで冬を過ごし、春の訪れとともに日本へ戻ってきて子育てを始めます。

今回調べるまで、私は全く知らなかったのですが、ツバメが巣で暮らすのは子育ての期間だけ。

となると、子育てを始める前、つまり卵を産む前がツバメが巣を作る時期ということになりますよね。

    ツバメの子育てと巣作りの時期の目安

  • ツバメの子育て時期 ⇒ 4月から7月
  • ツバメの巣作りの時期 ⇒ 3月下旬から6月下旬

いずれも幅がありますが、ツバメが卵を抱く姿が最も多く観察されるのは5月上旬から中旬。

巣作りは4月上旬から観察されることが増えてきます。

また、日本列島はご存知のように南北に長く南の地域が先に暖かくなります。

そのため、南の九州での巣作りが北の東北より早い傾向にあります。

  • 九州 ⇒ 3月から6月
  • 関東 ⇒ 4月から7月
  • 東北 ⇒ 5月から8月

日本列島

どの地域も4ヶ月の幅があるのは、ツバメが年に1~2回産卵するため。

1回目の子育てを春に終えると初夏に2回目の子育てをするからなのです。

ツバメは1度目と2度目の子育ては違う巣でするそうですが、ツバメに巣を作ってもらおうと思ったら1度目の子育てをする春先に照準を合わせないといけません。

ツバメがどういった場所に巣を作るのか、続いてツバメの巣作りの条件を見ていきますね。

ツバメが巣を作る場所の条件

ツバメのカップル
ツバメが巣を作る場所がどのような場所なのかですが、ツバメにとって子育てができる地域であるかという大前提と、それぞれのお家の立地条件の2つを見る必要があります。

順番にお伝えしていきますね。

ツバメが子育てできる地域かどうか

ツバメにとって巣を作って子育てができる地域と言えるのは、次の2つの条件が満たされている地域になります。

  • 巣の材料になる土や草があること
  • エサになる小さな昆虫がいること

言われてみればなるほどですよね。

家そのものが次にお伝えするツバメの巣作りの条件を備えていたとしても、近くに巣作りの材料がなければ巣が作れませんし、エサがなければ子育てはできませんよね。

私の家は都会のど真ん中にあると感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、都市部であっても近くにちょっとした自然が残されていれば大丈夫です。

また、近所にツバメの巣がかかっているお宅があるなら、すでに前提となる2条件はクリアされていますのでご安心を。

小さな自然

ツバメが巣を作る条件

では続いて、ツバメが巣を作る立地条件ですが、主に次の5つがあげられます。

  • 人の出入りや人通りがあること
  • 雨露にさらされないこと
  • 風通しと日当たりが良いこと
  • 巣に出入りしにくい障害物がないこと
  • 壁に巣を作りやすい段差があること

ツバメが人の生活圏に巣を作るのは、人の存在を利用してヒナを天敵から守るためです。

そのため、個人の住居なら人の出入りのある玄関、人通りの多い駅のホームの天井などに好んで巣を作るわけですね。

軒下やホームの天井がツバメに好まれる理由としてもう一つ、雨に濡れないということもあります。

ツバメの巣は泥や草を唾液で固めて作りますから水に濡れるとボロボロと崩れてしまうからなのですね。

住宅

人間も風通しと日当たりが良い衛生的な住環境として好みますからツバメも同じですね。

巣に出入りしやすいかどうかは、ツバメのスイーとした飛び方を見れば納得できる条件です。

近ごろの住宅は、ツバメにとって巣をつくりにくいデザインが多いのですが、軒下さえあれば壁が少々つるつるでも問題はないようです。

それよりは、巣が落ちにくいように壁に出っ張りや引っ込みなどの段差があるほうがツバメにとって好ましい場所になります。

このほかに、一度巣があった場所はツバメが再度巣を作る可能性が高いと言われています。

ただし、壊れた巣がある場所は、天敵に襲われた・子育てに失敗した場所とツバメが判断して避けることも。

いずれにしても全ての条件が揃っていても、ツバメが必ず巣を作るわけではないというのが難しいところではあります。

ツバメに巣を作らせる方法がある?!

ここまで見てきて、ツバメが子育てができる地域で、立地条件もそこそこ揃っているのにツバメが巣を作ってくれないと少しがっかりされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな場合、いささか強引な手法ですが人工巣を設置するという方法があります。

ツバメは泥や草などを自分の唾液で接着して、お椀型の巣を作るのですが、あらかじめ巣の形状に似たものを設置しておくと、ツバメにとっては巣作りの手間が省けるので選んでくれる可能性が高まるのです。

使う物は、紙粘土やカップラーメンの容器といった身近なものでOK!

では、人工巣の作り方をご紹介しますね。

    人工巣の作り方

  1. 風通しが良くて雨露がかからない玄関の軒下など、設置場所を決めます
  2. 設置する壁に合わせて、お椀の形を作ります
  3. 紙粘土はお椀型に整形、カップラーメンの容器は壁の形に合わせて切りましょう。

  4. お椀の中に藁やちぎった新聞紙を敷き詰めます
  5. 落ちてこないようにガムテープなどでしっかり取りつけます

ツバメの子育て

調べてみると、ツバメの人工巣を制作して販売されている所がありました。
やまぼうし平山台さんのツバメの人工巣

一つ一つ手作りされていて、本当にツバメの巣みたいですよ~。

ツバメの巣作りにかかる期間

ツバメが巣を作り始めたのが分かったら、次に気になるのは完成までどれぐらいかかるかではないでしょうか。

調べたところ、ツバメが一つの巣を完成させるまでの期間は、新しく作る場合と、以前の巣を再利用する場合でかなり差があるようです。

  • 新しく作る場合 ⇒ 2週間から1ヶ月
  • 以前の巣を再利用する場合 ⇒ 数日

また、ツバメが巣を作るときは、複数を同時進行で始めます。

作っている途中、近くでカラスなどの天敵を目撃すると、その場所での巣作りを中断するということも多く報告されています。

天敵から身を守る術がないツバメのリスクヘッジなのですね。

また、巣作りの最中に、良かれと思ってフン除けやカラス除けを設置してしまうのもツバメが巣作りを中止する原因になりますので、完成まではじっと見守るようにしてくださいね。

飛ぶツバメ

まとめ

暖かい地域で暮らすツバメは、春になると日本へは子育てのために戻ってきます。

ツバメが巣を作るとその家には幸福が訪れて栄えるとして喜ばれてきましたが、ツバメが巣で暮らすのは4月から7月の子育ての期間だけです。

そのため子育てが始まる前になる3月下旬から6月下旬の間が、ツバメが巣作りをする時期となります。

また暖かくなるのが早い南の地域と寒さが長引く北の地域では巣作りの時期は少しずれます。

  • 九州 ⇒ 3月から6月
  • 関東 ⇒ 4月から7月
  • 東北 ⇒ 5月から8月

ツバメが巣を作る場所は、まずツバメにとって

  • 巣の材料になる土や草がある
  • エサになる小さな昆虫がいる

といった子育てができる環境であることが前提となります。

都心部であっても、近くにこうした自然が残されていればツバメにとって十分子育てができる環境。

そうした環境で、かつ次の5つの立地条件が揃っていると、ツバメが巣を作る可能性が出てきます。

  • 人の出入りや人通りがあること
  • 雨露にさらされないこと
  • 風通しと日当たりが良いこと
  • 巣に出入りしにくい障害物がないこと
  • 壁に巣を作りやすい段差があること

ツバメが人の生活圏に巣を作るのは、人を利用して天敵から身を守るためです。

そのため、人の出入りのある玄関や人通りの多い駅のホームの天井などにツバメは好んで巣を作ります。

これらの条件があう場所に、ツバメは数日から1ヶ月をかけて巣を完成させます。

ただ巣を作っている途中に近くでカラスなどの天敵を目撃すると、巣作りを中断ることもあるようです。

せっかく作り始めたと思って喜んでも、途中で放ったらかしになってガッカリということもあるかもしれませんが、ツバメのためには仕方ないと思うしかないありませんね。。。


あわせて読みたい記事