うんちく話 郵便

梅鶯の候が使える時期!意味・読み方・お役立ち文例

更新日:

梅鴬(ばいおう)とは、「梅にウグイス」のこと。

早春を象徴する光景ですが、仲の良い間柄を例える言葉としても使われます。

梅の花は2月・3月と楽しめますが、時候の挨拶としては2月に使うとよいでしょう。

梅鶯の候の読み方、意味、使える時期

梅鶯の候

読み方ばいおうのこう
意味梅鴬の候は、”梅の花が咲きウグイスの声が聞かれる頃ですね”という時候の挨拶です。
梅鶯の候」は、暦の上の春の初めの時候の挨拶です。
使える時期2月を通じて使えます
2月上旬2月中旬2月下旬

梅鶯の候を使った文例

梅鶯の候のように、”~の候”とつく漢語調の挨拶は、時候の挨拶の中で最もあらたまった丁寧な言葉です。

ビジネス・公的な手紙や、目上の方に出す手紙の場合には、漢語調の時候の挨拶を使うのが慣例です。

では、よく使われる文例をご紹介しましょう。

ビジネスや公的な手紙

  • 拝啓 梅鶯の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 梅鶯の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 拝啓 梅鶯の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

ちょっと一言

貴社は、会社の尊敬語です。
団体や協会に送る場合は、貴社を貴会に変えればそのまま使えます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 拝啓 梅鶯の候、○○様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。
  • 拝啓 梅鴬のみぎり、皆様にはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 梅鴬の折、ご家族の皆様におかれましてはますますご清祥のことと拝察いたしております。

ちょっと一言

梅鴬の候」は「梅鴬のみぎり」「梅鴬の折」に変えて使うこともできます。

親しい方に出す手紙ならこんな時候の挨拶はいかが

  • 鶯の初音が聞かれる頃となりました。皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  • 梅林から鶯の初音が聞こえてまいりました。ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか。
tahe
「梅鶯の候」は改まった印象が強いため、親しい方に送る手紙の場合、ご紹介したような柔らかい挨拶に言い換えることもできますので参考になさってください。
2月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬別の例文を結び文と一緒にご紹介!

春に向けて環境の変化が増える2月は、近況報告をかねた手紙を書く機会が多くありますよね。 ところが、いざ手紙を書くときに悩むのが時候の挨拶ではないでしょうか。 うっかり、季節に合わない時候の挨拶を使って ...




あわせて読みたい

-うんちく話, 郵便

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.