風水的なカーテンの色の選び方!東・西・南・北別に徹底解説!


部屋の印象を大きく左右するカーテン

引っ越しするとなると、新しい家の窓のサイズに合わせてのカーテン選びは大変ですけど楽しいものですよね。

また、ずーっと同じ家・部屋に住んでいても、気分転換にカーテンは定期的に変えたいという人も多いのではないでしょうか。

実は私も今のカーテンにして数年経っちゃいましたので、カーテンを新調しようと目論み中の一人。

そこで気になりだしたのが、カーテンの色と運気の関係です。

環境学といわれる風水では、方角と色によって運気に影響があると言いますし、後から知って”あちゃ”と思うのは避けたいですしね。

そこで本日は、風水的に見たカーテンの色の選び方を調べてきました。方角や引き寄せたい運気によってカーテンをどう選べばいいのか詳しくお伝えしてきますね。

風水から見たカーテンの役割とは?

カーテン色
風水開運に欠かせないことの一つが、快適で過ごしやすい環境であるということです。

住まいにおけるインテリアは快適さを演出する欠かせない要素ですし、インテリアにおけるカーテンの役割の大きさからも、カーテン選びと運気の関係が深いことも分かりますよね。

そこでカーテンの色についてみていく前に、カーテンの種類によって開運効果が変わるのかを確認しておきましょう。

カーテンの種類と開運効果

カーテンには大きく分けて4つの種類がありますが、開運効果は次のようになります。

  • ドレープカーテン
  • 一般的にカーテンと呼ぶ場合、ドレープカーテンを意味します。
    厚手の生地から作られるため、色も柄も本当に豊富ですので、欲しい運気にあわせて選ぶことが可能。

  • レースカーテン
  • 薄手のレースカーテンは、閉めたままで光が差し込めて気を取り込むのにも最適です。ただし、大きな窓にレースカーテンだけでは、気が反対に外に出て行ってしまうのでドレープカーテンと二重にすることが必須です。

  • ブラインド
  • 金属やプラスチック、木製の細長い板をつないだブラインドは、シャープさが集中力を高めるので仕事部屋にかけると良いですね。ほこりが溜まりやすいので掃除だけは小まめにしましょう。

  • ロールスクリーン
  • カーテン生地がロール状になっているロールスクリーンカーテンには、気のバランスを安定させる効果があり、かける部屋を選びません。

カーテン種類

レースカーテンとドレープカーテンを二重にしておけばまず間違いはなさそうですが、お部屋のインテリアや窓枠の位置によってはロールスクリーンも魅力的ですね。

では、続いてカーテンの色と運気について詳しくお伝えしていきますね。

カーテンの色で引き寄せる運気も自由自在?!

カーテンの色一つで、ガラっと変わってしまうのが部屋の印象です。

さらに、

    には欲しい運気を引き寄せる力があると考えるのが風水

ですから、カーテンが運気に与える影響が大きいことが想像できますよね。

では、いよいよ欲しい運気によっておすすめのカーテンの色が何色か見てきましょう!

金運を引き寄せるカーテンの色

どの運も大切ですが、金運を最初にご紹介しちゃいます(笑)。

風水で金運とくれば黄色、ですよね。黄色の他には、ゴールド・シルバーも金運アップの色の定番です。

カーテンにするなら、明るめで落ち着いたトーンの黄色がインテリア的にもおしゃれなものがありそうです。クリームイエローなんかも落ち着いていていいですね。

黄色は苦手という方の場合、高級感のあるカーテンが金運アップには効果的です。

たとえば、カーテン生地の素材を上品なサテンにして、タッセルにゴールドを使う。こんなカーテンの選び方もおすすめです。

黄色のカーテン

仕事運を引き寄せるカーテンの色

仕事運が上がると、ひいては収入アップにつながりますから、仕事運もぜひとも引き上げていきたい運気です。

また仕事が充実すると毎日が楽しくなりますよね。

風水で仕事運を高める色は冷静さをもたらす青色です。青には浄化の作用もありますから、悪い流れを断ち切り、タイミングよく物事が進むようになるという作用が期待できます。

書斎があるというご家庭なら、書斎にはぜひ青色のカーテンをかけてみてくださいね。

ストライプ模様なら、やる気と集中力が高まる相乗効果も期待できますよ~。

青色カーテン

恋愛・結婚運を引き寄せるカーテンの色

風水恋愛運・結婚運を引き寄せる色といえば、何はさておきピンクですね。

ピンクが引き寄せる良縁には、生涯の伴侶だけではく、仕事の取引先や協力者も含まれます。

恋愛運だけではなく、人との良い縁を通じて金運をアップする効果も期待できるのがピンク色のカーテンです。

おすすめのカーテンの柄は、やはり花柄ハートのモチーフ。

花柄では

  • 新しい出会いを求めている場合は大きな花柄
  • 今の関係を維持したい場合は小花柄

と花の大きで少し意味合いが変わりますので、その点もご注意くださいね。

ピンクのカーテン

人間関係運を良くするカーテンの色

人間関係を良くするならオレンジ色のカーテンです。

太陽を象徴するオレンジ色には、周りの人と友好な人間関係を築けたり、人気運が高まったりという効果があります。

また新しいことに積極的になるという効果もありますので、毎日が前向きになること間違いなしです。

さらに、水玉柄やボーダー、リーフ模様などが、人間関係運を良くするサポートになる柄です。

オレンジ色カーテン

家庭運を安定させるカーテンの色

安らぎのある家庭は、明日への活力ですよね(笑)。

夫婦円満で家庭運安定に効果があるカーテンの色は、ベージュや茶系などの心を穏やかにする効果のある色です。

  • 茶色には、温かく豊かな家庭を守り育てる力
  • ベージュには、陰陽バランスを整えて家庭の安定をもたらす力

花や葉っぱといった自然モチーフの柄とペーズリー柄を使うと、さらに家庭運の安定に繋がります。

ベージュ色カーテン

健康運が高まるカーテンの色

健康はお金では買えないと言いますが、まさしくその通りで、健康は、何にも代えがたい大切なものです。

最後は体が資本ですから、健康であればどんな困難も何とかなるものです!

風水健康運を高める効果のあるカーテンの色は、心をいやす植物の色・グリーンです。リーフの柄を選ぶと、さらに健康運を高める効果が期待できます。

グリーンには、仕事運や才能運を引き出して育てる力も期待できます。即効性は欠けるかもしれませんが長い目で見ると幸せに必要な運気をもたらしてくれる色ですね。

グリーン色カーテン

方角からカーテンの色を選ぶならこの色!

カーテン
さて、カーテンの色と運気の関係は分かりましたが、次に気になるのが方角です。

それも調べだすと、カーテンの方角

  • 窓の向きなのか
  • 部屋がある方角なのか

どちらで考えればいいのか悩ましいところです。

ですが、風水師の方の本を読んでいると、リビングや寝室など、部屋がどの方角にあるかでインテリアの色を決めると書かれていることに気づきました。

方角で大事なのは部屋の向き?窓の向き?

冷静に考えてみるとそうだなと思ったのですが、例えば窓が2つ以上の方角に向いているような場合、窓の方角でカーテンの色を変えるとインテリアのまとまりがなくなりますものね。

バランスや調和という点からも、同じ部屋で違う色のカーテンがかかっているのは運気的にマイナスになりそうです。

東向きの部屋でも、それがリビングなのか寝室なのかによっても重視したい運気が変わるのでカーテンの選び方も少し変わってきます。

ですので、風水的には部屋の方角でカーテンの色は決めてよいというのが私の結論です。

方角ごとに運気をあげるカーテンの色!

ただ部屋の方角と窓の向きが一致する場合は、悩む必要もありません!(笑)

これからご紹介する方角ごとの運気アップのカーテンの色を参考にしてくださいね。

健康運を司る北の方位

北の方角が司るのは健康運子宝運です。

太陽が当たらない方角の上に、”水の気”を持っていますので、北向きに窓がある場合は冷たい気が入りやすく家全体の運気を左右します。

北側の部屋や窓にかけるカーテンとしては

  • ピンク・オレンジ・ワインレッドなど、暖色系

を選びます。

できれば花を飾るなどして、窓辺を明るく華やかな雰囲気にすると、なお良しです。

健康運

不動産運・貯蓄運を司る東北の方位

不動産運貯蓄運を司る東北は、相続・跡継ぎを意味するため、男性の健康に影響が大きい方角です。

また方位的に鬼門にあたるため、どの方角よりも清潔・清掃を心掛けないといけない方角です。

基本、東北に向いた窓はないほうが良いのですが、東北向きの窓がある場合は、部屋に観葉植物を置いて室内の浄化をはかります。

東北の部屋や東北向きの窓にかけるカーテンとしては

  • 白系

を選びます。

貯蓄運

発展運をを司る東の方位

朝日が昇る方角である発展運を司り、やる気を引き出し、物事の始まりを意味する方角。

東側の大きな窓は、良い気をたくさん取り込めるので運気的に大いに吉です。とくに陽があたる午前中は窓を開けて家中に良い気を取り込むようにしましょう。

東側の部屋や窓にかけるカーテンには

  • ラッキーカラーの赤・青・ピンク

を選びます。

赤は、色自体のエネルギーが高いため、少しだけ取り入れると良いですね。

やる気

恋愛運を司る東南

東南は人間関係全般にかかわる方位ですが、特に恋愛や結婚に良縁をもたらす力がありますので、特に若い女性には大切になってきます。

東南の方角に日当たりのよい窓があるのは大吉ですので、さらにカーテンの色で理想的な環境を整えましょう。

東南の部屋や東南向きの窓にかけるカーテンとしては

  • ピンク・オレンジ色など明るい色の花柄

を選びます。

東南の部屋を使うのが男性で、ピンクやオレンジのカーテンはちょっと・・・という場合は、モノトーンを避けて花柄にするとOKです。(花柄もモダンなものがありますし)

恋愛・結婚運

美とひらめきを司る南の方位

太陽が最も高くなるには、ひらめきや直感力を高める作用があると言われており、美術や文学などの才能を後押しする方角です。

よいアイディアがひらめくことが期待できますので、仕事運的にも良い方位です。

南側の部屋や窓にかけるカーテンとしては

  • グリーン系・アイボリー

を選びます。

年配者にはエネルギーが強すぎますので、茶系やベージュのカーテンで気を調整してくださいね。

ひらめき

家庭円満を司る南西の方位

南西の方位は、母性家庭運を司ります。

また東北の表鬼門に対して裏鬼門に当たるのが南西。清掃・清潔をこころがけて吉相にすると、根気や忍耐力が養われますので、あらゆることが安定していきます。

南西の部屋や南西向きの窓にかけるカーテンとしては

  • 西日を遮る目的でベージュ系

を選びます。

南西向きの窓がある部屋は、小さくても良いので観葉植物を置いて気を浄化すると良いですよ。

家庭運

金運と喜びを司る西の方位

風水で、お金と深い関係があるのが西の方位というのは有名ですね。

中でも西が金運で司るのは、お金が入ってくるパワーです。西のパワーを上手に活用すると、給料がアップするなどお金の流れが良くなる効果が期待できますよ。

西側の部屋や窓にかけるカーテンとしては

  • 黄色・白・茶系で遮光機能があるカーテン

を選びます。

大きな窓は、入ってきた金運が逃げていきますので、夕方以降は必ず窓・カーテンとも閉めましょう。

収入アップ

仕事運を司る北西

仕事運を司る北西は、主人の方位とも呼ばれる格の高さを持っています。

さらに仕事運だけでなく、出世・事業・信用・リーダーシップといった仕事に関するありとあらゆる事が関連する方位です。

北西の部屋や北西向きの窓にかけるカーテンとしては

  • ベージュ・グリーン・オレンジなど

を選びます。

水玉柄や花・植物モチーフの柄との相性が良い方角です。

出世運

まとめ

部屋の印象を左右するカーテンですが、風水では引き寄せたい運気によってカーテンの色を選ぶと良いと言われます。

  • 金運 ⇒ 黄色、ゴールド、シルバー色のカーテン
  • 仕事運 ⇒ 青色のカーテン
  • 恋愛運・結婚運 ⇒ ピンク色のカーテン
  • 人間関係運 ⇒ オレンジ色のカーテン
  • 家庭運 ⇒ ベージュ、茶系のカーテン
  • 健康運 ⇒ グリーン色のカーテン

また方角によっても司る運気があるため、部屋のある方角、窓の向いている方角にあったカーテンの色を選ぶことで、方位の運気をいっそう高めることも可能なのが風水の考え方になります。

  • 北は健康運 ⇒ ピンク・オレンジ・ワインレッドなど、暖色系のカーテン
  • 東北は不動産運や貯蓄運 ⇒ 白系のカーテン
  • 東は発展運 ⇒ 赤・青・ピンク色のカーテン
  • 東南は恋愛・結婚運 ⇒ ピンク・オレンジ色の花柄カーテン
  • 南はひらめきと美 ⇒ グリーン・アイボリー系のカーテン
  • 南西は家庭運 ⇒ ベージュ系のカーテン
  • 西は金運 ⇒ 黄色・白・茶系の遮光カーテン
  • 北西は仕事運 ⇒ ベージュ・グリーン・オレンジ色のカーテン

明るい色のカーテンで部屋の雰囲気も温かく快適になって、欲しい運気も上がる(はず)のは一石二鳥ですよね。

カーテンの柄

風水で見るカーテンの柄の選び方!引き寄せたい運気との関係は?!

2018年12月13日

あわせて読みたい記事