うんちく話

消えるボールペンの文字が消えた!復活方法を知っておくと安心!

更新日:


新しいアイテムに疎い私。

数年前、会社でのミーティング時、目の前でスタッフがペン書きしたはずの文字をペンのお尻でゴシゴシして消した時には、まじ驚きました。
何それ?と、そのペンを借りて、試し消しさせてもらったのも、今となっては笑い話です。

そんな画期的だった消えるボールペン。
字が消える条件が揃うと、消すつもりがなかった大切なメモなどが消えてしまうことがあります。

消えてしまったのが大事なメモだと、焦りますし、何とか復活させたいですよね。

消えるボールペンの原理を知っていれば、あわてず復活させることができます!
本日は、消えるボールペンで書いた文字が消えてしまっていた時の復活方法についてお伝えしていきますね。

消えてほしくないメモが消えた時の復活方法

冷凍庫にノート
車に手帳を置き忘れていたら、文字がきれいに消えていたという笑えない話、夏場の消えるボールペンにまつわるエピソードとしてちょくちょく目にします。

消えてしまった文字の復活方法として、一晩冷凍室に手帳ごと入れておくという復活方法があります。
インキの特性として、マイナス10度以下にすると色が復活し始めて、マイナス20度前後で完全に戻るからだそうです。

冷凍室に入れるときは、水滴が付かないようにするためと、食品を保管する場所に食品以外の物を入れるということから、手帳をビニール袋に入れてください。
一晩も待てない、今すぐメモ書きの内容が必要というときは、コールドスプレーを吹きかけるという復活方法もあります。

ただし、一旦消えた文字を温度を下げて復活させると、その場所に数回書き消ししていた文字も全部復活してしまいます。
そうなると、解読するのが難しそうですね。

こうした状況を避けるためにも、消えるボールペンの文字が消える原理についても見てみましょう。

消えるボールペンの文字が消える原理

消えるボールペンのインキは、特殊なマイクロカプセルに含まれています。
ペンの後ろの専用ラバーでこすって摩擦熱を加えると、カプセルの中にある変色温度調節剤が働いてインキを透明にする仕組みです。

文字が消える温度は60度以上の熱が加わった時
その条件以外では、他のボールペンと同じように、紫外線で少しずつ色褪せはしますが、文字は消えることなく残っています。

書いたメモや書類を60℃以上に置くのは、真夏の車ぐらいと思うところですが、他にも注意した方が良い状況がありますのでご紹介しますね。

消すつもりが無いのに消えてしまう状況

さきほどの、気温が高い季節の車の中が代表的ですが、その外にもこんな状況で消えてしまうことがあります。
大事なメモやノートの記入が、うっかり消えてしまわないよう気を付けましょう!

自分の手元にあるときはこうした状況に注意できますが、手元を離れた後に消えるボールペンで書いた文字が消えると困ったことになりますね。
特に消えるボールペンを使ってはいけない書類がありますので、続いて確認していきますね。

消えるボールペンを使ってはいけない書類

消えるボールペンtop
メーカーの説明によると、消えるボールペンの文字が消えるのは60℃以上の熱を加えたときであって、その状況にならない限り消えないということです。

では、もし消そうと思っていないのに、何かの拍子で60℃以上の熱が加わったら?

はい、そうです。
文字は消えてしまいます。
実際、一度、ほぼ字が消えたあて名書きの郵便をもらったことがあります。
(届けてくれた日本の郵便局は、ほんと優秀!)

メーカーでも証書類など、消えてはいけない書類に使用しないでと注意書きをしていますが、もう少し具体的に、消えるボールペンを使ってはいけない書類の実例をあげます。

最近では、窓口や書類の作成見本に、消えるボールペンでの記入不可と書かれていることも増えていますね。

基本、役所や会社に提出する書類には一切使えないと覚えておいた方がよさそうです。
出勤簿に消えるボールペンを使っている派遣社員さんがいて注意したこともありますが、個人で使うノートやメモ書きに使うと限定した方が安心ですね。

まとめ

消えるボールペンは、製品の性質上、60℃以上の環境になると消えてしまいます。
真夏に、うっかり車の中に手帳を置きっぱなしにしたり、温かい飲み物が入ったカップを書類の上に置いたりすると文字が消えるので要注意です。

そんなときは、慌てずに一晩冷凍庫に入れましょう。
消えた文字は、インキの特性として、マイナス10度以下にすると色が復活し始め、マイナス20度前後で完全に復活します。

ペンで書いた文字は消せないという常識をひっくり返した消えるボールペン。
便利さから普段使いのペンとして、どの書類にも使ってしまうという人も多いようですが、公的書類などに使って書いた文字が消えてしまうと自分にも不利益が出ます。

消えるボールペンは、自分のノートや手帳など、使う場面を限定したほうが安心です。
その場合も、大事なメモが消えないよう、置き場所には注意しましょう!

あわせて読みたい

-うんちく話

Copyright© 四季おりおり快適生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.