南枕で寝ると風水的に良くない?すべての運が落ちるわけではないけど・・・


枕の向きで良くないと言えば、北枕。そう言われてきた人は多いのではないでしょうか。

ところが、風水では、北枕があらゆる方角の中で一番良くて、南枕が東西南北では一番良くないと言われています。

南枕は、ノーマークだっただけに、良くないと言われると、ちょっと驚きますよね。

ですが、南枕が、すべての運気に悪いわけではありません。南枕で寝ることで、上がる運下がる運があるのです。

本日は、そんな南枕が、風水的に見てどういう効果があるのかをお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

南枕で寝ると上がる運はこれ!

南枕で寝るとtop
風水では、人間は夜寝ている間に、頭から気を取り入れると考えます。

しかも、眠るときに頭を向けた方角の気が自然と入ってくるということもあり、枕の向きは非常に大切になってくるのです。

南枕で寝るということは、南の方位が持っている運気が取り込まれてアップするということですね。

風水から見たとき、南の方位には次のような運気があるとされています。

  • 人気・名誉
  • 発見・直感力・知性
  • 創造性・芸能
  • 美容

つまり、南枕で寝ると、これらの運気の上昇が期待できるのです。

特に、南枕で寝ると、直感力と想像力が養われると言われます。

直感や創造というと、芸術家やクリエイターのものという気もしますが、会社の中でも企画やアイディアは求められることが多いものです。

プロジェクトに参加している時や、ブレストミーティングの前日なんかに、南枕で寝てみると、案外良い意見が出せるかもしれませんね。

南枕もこうした効果だけなら心配することもありません。風水的に、東西南北では一番よくないと言われる理由を続けてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

南枕で下がる運気が問題

南枕で寝ると、ズバリ、金運と健康運に良くない影響が出ます。

直感が少々鈍くても毎日の生活に支障はありませんが、毎日の生活を幸せに過ごすためには、健康とお金は必要不可欠ですよね。

この2つの運気に良くない。なので、南枕は一番避けたほうが良いと言われるわけですね。

もう一つ、南枕が良くないと言われる理由に、感情の起伏が激しくなるということがあります。

では、南の方位の一体何が良くないのか。それについても詳しく見ていきましょう。

金運を下げる火の気

風水の基本に、物事を木・火・土・金・水の5つに分ける五行説という考え方があります。

金運は、そのまま「金」に当たります。

そして、五行にはそれぞれ相性が良いものと悪いものがあるのですが、「金」にとって相性が良くないのは、金を溶かしてしまう「火」です。

南の方角は、五行でいうところの「火」の方位。

南枕で寝ると、火の気を取り入れることになるので、金運にとってはマイナスになるということなのです。

金運ダウン

熟睡できなくて疲れる

眠っている間、人間は、先ほどの五行でいうところの「水」の存在になるのだと風水では言われます。対する南は「火」

水と火、考えるだけで相性が良くありませんね。

水は、火を消すことができますが、それはつまり水の力を消耗しているということなのです。眠っているのに、要らない力を使うと、それは疲れますよね。

また、北枕が良いと言われる理由の一つに、頭から足に向かう気の流れと、地球全体の北から南に向かう気の流れが一致するからというものがあります。

南枕は、北枕は逆に、体と地球の気の流れが対立する寝方なのです。

南枕は、本人はしっかりと眠っているようで、気を消耗して、熟睡できていない可能性があるのです。そのため、風水的に見て、南枕は健康運を下げると言われるのですね。

寝不足

感情の起伏が激しくなる

南枕で寝ると、喜怒哀楽がはっきりして、感情の起伏が激しくなると言われます。

南枕で寝ると直感や想像力が養えると言いますが、この2つは言ってしまえば理性の対極にあるもの。感情を解き放つからこそ手に入るとも言えます。

喜びや楽しいという感情が大きくなるのはウェルカムですが、怒りは、無用の争いの元ですので、それは困りますよね。

若い人は元気なので気づかないと思いますが、激しい感情は、けっこう体力を消耗してくれます。40代も半ばを過ぎると、怒った日は夕方になるとグッタリしちゃうんですよね。

南枕で寝る
 ↓
喜怒哀楽が激しくなる
 ↓
怒って疲れる
 ↓
疲れたから早く寝る
 ↓
南枕で知らず知らずに気を消耗する
 ↓
眠りが浅いから疲れが取れない

この図式が日々のこととなると、やはり南枕は”うーん”と思えますよね。

イライラする

ですが、部屋の間取りや家具の配置上、南枕がベストと言うことも十分にあります。

気にしないで済めば、案外すんなり行くものですが、何か嫌なことがあった時に『南枕だから?』なんて思うのも嫌ですよね。

そんなことにならないために、南枕の良くない影響を抑えてくれる方法を最後にお伝えしますね。

スポンサーリンク

南枕しか選べない場合のリカバリーは?

南枕
枕の向きを取り入れたい運気の方角にできないときには、枕カバーの色を希望の方角の色にしちゃえばOK!(便利すぎ(笑))

ただ、間取りなどから南枕しか選べないという場合、取り入れたい運気以前に火の気を弱める必要大です。

火の気を弱めるためには、枕カバーを水の気を持つ白色にすること!

白には、「北」の気もありますから、健康運と金運の気を補ってくれて、まさに一石二鳥ですよね。

水

反対に絶対避けたほうがよい枕カバーの色は、赤。

赤は、見たまんま「火」の色です。火に火の気を重ねることになるので、南枕で赤の枕カバーはNG中のNGです。

また、「水」なら黒もいいのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、寝室に「陰」の気を持つモノトーンも良くありません。

白色の枕カバーは、とても手軽なリカバリー策ですよね。これで、南枕でも安心です(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

枕の向きでタブーといえば北枕でしたが、風水では北枕が最も良い向きで、南枕は最も良くない向きと言われています。

風水では、寝ている間に運気を取り込むと考えており、頭が向いている方角の運気が重要になってきます。

つまり、南枕では、南という方角の持つ運気が取り込まれると考えますが、風水では、は次のような運気を持つ方角です。

  • 人気・名誉
  • 発見・直感力・知性
  • 創造性・芸能
  • 美容

特に、南枕で寝ると、直感力と想像力が冴えますので、仕事で企画やアイディアを出す必要がある時には南枕を試す価値がありそうです。

一方で、南枕は、風水のベースとなる五行説では「火」にあたり、金運を溶かすと考えます。また、寝ている間、人間は「水」の存在となるため、やはり「火」との相性は良くありません。

そのため南枕は、金運健康運には良くないのです。

直感が鋭くなくても日常で不便はありませんが、お金と健康は幸せな生活には欠かせないものです。その2つに良くない影響があるということから、南枕は一番避けるべきとされるのも納得ですね。

また、南枕には、感情の起伏が激しくなるため、イライラから無用のケンカが増えるリスクもあります。

もし、間取りや家具の配置上、南枕にせざるを得ない場合は、枕カバーを「水」の気を持つ白色にします。

白には、健康運と金運を上げるという「北」の方角の意味もありますので、南枕のデメリットを中和する効果が期待できますよ。

【参考図書】
小林 祥晃著「Dr.コパの金運風水大全」主婦と生活社
紫月香帆「神様が教える風水の教科書」ナツメ社

枕の向きはどこがいい?風水的に東西南北でおススメの方角はここ!

2018.07.03

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事