水無月ってどんな和菓子?由来とあわせて徹底的にご紹介!


6月になると、京都の和菓子屋さんには必ず並ぶ「水無月(みなづき)」という和菓子があります。

京都では、近所の小さなおまんじゅう屋さんでも売られていますし、本当に身近なお菓子ですが、大阪の友人に「水無月?知らない」と言われたときは、ちょっとしたカルチャーショックだったことを覚えています。

そこで、本日は京都では6月を代表する和菓子「水無月」の由来と、なぜ京都だけなのかを見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

水無月はこんな和菓子です

京都の和菓子水無月
まず初めに、和菓子の水無月をご覧になったことが無い方もいらっしゃると思いますので、どんな和菓子なのかをご紹介しますね。

百聞は一見に如かず。上の画像が、まさしく水無月です。

外郎(ういろう)の上に、小豆を甘く煮たものがびっしりと乗せて蒸しあげ、三角形に切り分けたもの

水無月について説明するなら、こういう文章になります。

基本形は、白いプレーンな外郎と小豆の組み合わせですが、最近は黒糖味や抹茶味の外郎と小豆という組み合わせも定番化しています。さらに変わったところではプレーンな白い外郎にうぐいす豆という水無月も見かけるようになりました。

最初でも触れましたが、水無月が和菓子屋さんの店頭に並ぶのは6月だけです。『水無月』と貼りだされたのを見ると、あらためてそんな時期かと感じることができる、水無月は京都では、そんな和菓子なのです。

もちもちっとした外郎の食感と和菓子ならではのあっさりとした甘さがとても美味しく、私も6月には必ず数回は食べますが、6月という期間の中でも、京都では水無月は6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日に食べる和菓子として浸透しています。

6月のことを水無月とも呼びますが、水無月(6月)にある行事から生まれたお菓子であることが名前の由来と考えてよさそうです。このあたりも後ほど詳しく説明しますね。

そうしたことひっくるめて、ここからは「水無月」という和菓子の由来のあれこれに迫っていきますね!

和菓子「水無月」の2つの由来

京都で、6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日に水無月を食べるのは、暑さに負けずに夏を超すため、つまり水無月は暑気払いの和菓子です。

「夏越しの祓」とは、12月31日の「年越しの祓」とともに、それまでの半年の穢れ(けがれ)を祓い、残りの半年の無病息災を祈願する「大祓」の神事のこと。「水無月祓(みなづきはらえ)」とも言われます。

となると、水無月の由来は夏越の祓といきたいところですが、実はもう一つの由来となる「氷の朔日(ついたち)」という6月の行事があるのです。

氷の朔日は、今では完全に廃れてしまっているので、初めて聞くという方も多いと思います。また、氷の朔日は6月1日なのに、なぜ6月30日の夏越の祓に食べる水無月と関りがあるのか分かりづらいですよね。

氷の朔日と夏越の祓について説明しつつ、水無月誕生までをじっくりと見ていきたいと思います。

一つ目の由来、氷の朔日

氷の朔日とは、氷の節句とも呼ばれており、旧暦6月1日(新暦の7月前半)に氷を口にすると、夏バテしないという暑気払いの行事です。

江戸時代まで各地で氷の節句が行事として行われていましたが、初めて文献に登場するのは平安時代まで遡ります。室町時代に入ると、年中行事として宮中や幕府で行われるようになりました。

現在では、製氷室の扉さえ開けば氷はいつでも手に入るものですが、そんな暮らしが当たり前になったのは1960年代から1970年代と、わずか50~60年のことです。

江戸時代はおろか、室町時代や平安時代に旧暦6月1日に氷なんてあったの?と思いますよね。

それがあったのです。当時、氷室(ひむろ)という冬の氷を貯蔵する地下室が京都の北山にありました。

氷の節句とは、氷室を開く日でもあり、氷室から宮中まで運ばれた氷を臣下に配る日だったのです。

貴族

そんな貴重な氷ですから、庶民の口に届くはずもありません。庶民の間で、氷の代わりに食べられていたのが、氷をイメージした三角形のその名も「氷室(ひむろ)」と呼ばれる生菓子で、和菓子の水無月の原型と言われています。

なぜ、その習慣が6月30日夏越の祓いと結びついたのか、続けて見ていきましょう。

2つ目の由来、夏越の祓い

先ほども少し触れましたが、夏越の祓いとは、1年の折り返しである6月30日に、半年の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。

室町時代、夏越の祓いに食べられていたのは、小麦から作られる「小麦餅」というお餅です。

麦は、初夏が収穫期の穀物です。ちょうど夏越の祓いの時期には豊富にあったのでしょうね。先ほどの、氷の朔日が貴重な氷、冬のお餅で作った貴重な保存食というのと対照的な印象を受けます。

また、小麦餅は、水無月とは全く異なり、「ネチ餅」と呼ばれるねじった形が一般的でした。形の上からも「小麦餅」が水無月の原型になったとは言い難いように感じますね。

ここで京都の食文化を彩ってきた和菓子屋さんが登場します。

今まで見てきた2つの由来から、どうやって現在の水無月が生まれて、京都では「夏越の祓」に食べる和菓子として定着したのか、いよいよ次で決着付けたいと思います!

茅の輪のくぐり方!半年の穢れを祓って心身すっきりハッピーに!

2018.04.05
スポンサーリンク

水無月が6月を代表する京都の和菓子になるまで

氷
先ほど、夏越の祓には麦から作られた小麦餅を食べる習慣があったとお伝えしましたが、宮中でも6月30日には小麦餅が食べられていました。

ここから、どうして現在の水無月に繋がっていったのか、その経緯から見ていきましょう。

現在の水無月ができるまで

1725年には、現在も続く老舗の和菓子屋さん、虎屋さんが6月30日の夏越の祓の小麦餅として、御所に「水無月蒸餅」なるものを納めていたという記録が残されています。

水無月蒸餅は、砂糖や大角豆が使われるなど、小豆を使う水無月と共通する点もありましたが、基本はねじった形の麦の餅でした。

要は夏越の祓で食べられていた小麦餅なのですが、御所に納める、今でいう宮中御用達であるがゆえに、「水無月蒸餅」という名前が付けられていたものと思われます。宮中では、「水無月餅」と最初こそ呼ばれていましたが、時代とともに「水無月」と”餅”を省略して呼ばれるようになりました。

宮中で食べられていたという「水無月餅」と、現在の「水無月」は同じ物ではありませんが、夏越の祓に食べる和菓子という大きな共通点があります。「水無月餅」が、「水無月」の直接の由来であることは間違いないと思われます。

  • 「水無月」の名前は夏越の祓に宮中で食べられていた「水無月餅」に由来する
  • 「水無月餅」という名称は夏越の祓を水無月祓といったことから
  • 水無月祓と呼ばれるのは水無月(6月)にある大祓だったから

「水無月餅」から逆にたどってみましたが、色々と歴史の背景はありつつも、とどのつまりは6月水無月に食べるお菓子だから「水無月」というシンプルな話になりますね(笑)。

残る疑問は、氷の朔日に食べられていた三角形の生菓子「氷室」との結びつきと、暑気払いのおまじないとして食べられるようになったかですが、その答えを「日本の菓子」という本から引用したいと思います。

お菓子の「水無月」は、生菓子の「氷室」より考案されたもので、加茂の水無月祓の神事にこじつけて、京都では、毎年6月30日に暑気払いのおまじないとして市民が頂くように、菓子屋の知恵で創られました。
「日本の菓子」から引用

水無月祓は、夏越の祓の違う呼び方でしたね。

つまり、6月30日夏越の祓に食べられていた水無月餅を6月1日の氷の朔日の行事に結び付けて、和菓子の「水無月」に暑気払い・無病息災という意味を持たせたのは江戸時代の和菓子屋さんだったということになります(笑)。

恐らくなのですが、宮中で食べられていた「水無月」という名前のプレミアム感も大きかったのではないでしょうか。

改めて、水無月の形と由来を整理すると

  • 三角形の形は暑気払いの氷のかけらをかたどった氷室餅から
  • 魔除けや邪気を払う力があるという小豆は小麦餅から

ということが見えてきました。

小豆

土用の丑の日のうなぎはうなぎ屋さんが、節分の太巻きもお寿司屋さんが生み出した風習だということからしても納得感ありつつ、ちょっとずっこけるのは私だけでしょうか。

では、最後に水無月が京都の和菓子となった理由を見ていきたいと思います。

水無月が京都だけの和菓子になったのは

水無月が夏越の祓の和菓子として京都で広く食べられるようになった理由は、はっきりしたことは分かっていないのですが、次の2つではないかと考えられています。

  • 「水無月餅」が食べられていた御所が京都にあった
  • 京都には和菓子屋が多かった

ちょっと単純と言えば単純な背景ですが、意外とこんなものなのかもしれません。おそらく、夏越の祓に食べると残りの半年が元気で過ごせるというコピーも京都の人には受けが良かったのでしょう!

また、大阪や福井・石川・岐阜県には、京都の水無月と同じように、氷の朔日に、正月のお餅を凍らせた凍み餅(しみもち)を氷に見立てて食べる習慣が残されています。これは、江戸時代、氷の朔日には、諸大名から将軍に、寒のうちに作ったお餅を凍らせて作る氷餅を献上されていたものを真似たものです。

わざわざお餅を凍らせたのは、保存食という役割もあったようですが、お正月のお餅には霊力があると考えられていたからです。お餅の霊力を凍らせることで温存しておき、6月に食べて夏を乗り切るという意味があったようです。

「水無月」が京都だけの和菓子であり続ける意外な真実

水無月が京都で生まれた背景も由来も分かりましたが、現在は高度情報化社会(?)です。
いまだに京都以外の地域の和菓子屋さんで水無月が作られないのは何故?と思ったら、意外な真実に突き当たってしまいました。

実は、「みなづき」は京都菓子工業組合が商標登録をしているため、組合以外の和菓子屋さんでは使えなかったのです。”The大人の事情”という感じですね。

そんなことも知らずに、大阪の友人に「水無月、知らん?へぇー京都だけ?」と得意になっていた自分が少し恥ずかしくもあり。。。今度、その友人に会ったら、”大人の事情”を教えてあげようと思います(笑)。

まとめ

京都で親しまれている6月の和菓子水無月は、厄払いの神事「夏越しの祓」のある6月30日に食べる和菓子として知られています。

由来となったのは、現在では廃れてしまった旧暦6月1日の氷の節句、氷の朔日(ついたち)と呼ばれた暑気払いの行事と、半年の厄を落として残りの半年の無病息災を願う6月30日にある夏越の祓という神事の2つです。

氷の節句は、その名のとおり、氷のかけらを臣下に配るという室町時代の宮中や幕府の年中行事でしたが、庶民の間では氷の代わりに、氷のかけらに似せた三角形の「氷室」と呼ばれる和菓子が食べられていました。「氷室」が水無月の原型と言われています。

夏越の祓には、ねじった形の「小麦餅」を食べる習慣があり、江戸時代には老舗の和菓子屋虎屋さんが宮中にも麦と砂糖・大角豆を使った「水無月餅」を6月30日に納めていたという記録が残されています。

こうして江戸時代に、京都の和菓子屋さんが考案して、氷の節句の「氷室」と夏越の祓の「水無月餅」をくっつけて、6月30日に食べると夏バテしないとして和菓子の水無月が生まれたのでした。

水無月餅が食べられていた御所が京都にあったこと、そして京都には和菓子屋さんが多かったことが、水無月が京都の和菓子として根付いた大きな理由と考えられています。

夏越の祓の水無月も、土用の丑の日のうなぎを食べる習慣のように、商売から生まれたと知って少し拍子抜けしましたが、案外こんなものかもしれません(笑)

いずれにしても、水無月は6月にだけ食べることが出来る美味しい和菓子であることに変わりはありませんし、これからも楽しみにしたいと思います!

【参考図書】
日本の菓子(河原書店)


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事