お米1升は何キロある?お茶碗では何杯分かも調べてみた!


先日、会社の後輩の子供さんが1歳を迎えました。
そのお祝いの席の写真やら動画やらを見せてもらったら、一升餅ならぬ一升米を背負っているものがありました。

一生お米に困らないようにという親心ゆえですけど、子供にすればわけわからない重たいものを背負わされて、まぁ不機嫌そうな様子で(笑)。

それもそれで愛らしい姿でしたが、ふと思いました。

お米1升だと何kgあるの?
1歳の子供が背負うのには重すぎるということはない?

一生食べることに困らないようにという願いがあるのは分かりつつも、やはり1升の重さは気になりませんか?

気になることは調べるに限ります。

早速、お米1升が何kgあるのか調べてきました。
何kgあるかはすぐに分かったのですが、他にもお米の重さが生米と水につけたときと炊いたときでどう変わるかとかも分かって、楽しい調べものでした。

そんな米1升にまつわる“あれやこれや”をお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

お米1升の重さ

お米1升何キロtop
お米1升は何kgあるのか。
数値ですので、ズバッといきますと、お米1升は約1.5kgに換算できます。

1升というのは、重さではなく、容量の単位です。
馴染みのある単位でいうと、リットルや㏄と同じようなものですね。

お米を炊くときは、2合3合といった“合”を使いますが、この“合”も“升”と同じく容量の単位で、東アジアで広く使われている尺貫法(しゃっかんほう)と呼ばれる単位の系列です。

そして、1升=10合ということも覚えておくと便利ですね。

ここで、ちょっと1合・1升のお米の重さを整理しておきましょう

お米の量重さ
1升(10合)約1.5kg
1合約150g

最近は、核家族が当たり前なので、1升もご飯を炊くということも日常では少ないですし、炊飯器も5合炊きサイズが一般的かと思います。

私の家は父が長男でしたので、お正月やお盆には1升炊ける炊飯器を出してきて、1升(10合)のご飯を炊いたものです。
うーん、懐かしいと同時に親戚が集まって大変だったことも思い出しました(笑)。

あの頃、何人の親戚が集まるから、1升もご飯を炊いていたんでしょう。
お米1升を炊くと何人分になるのか、ちょっと計算してみたくなってきました。

お米1升を炊くと何人分になる?

さて、お米1升が何人分になるかを計算するためには、1人分のご飯の量(重さ)と炊きあがったご飯の重さを知る必要がありますね。

それぞれ調べたら出てきました!

  • 1人分のご飯の量(重さ)
  • これは、ご飯茶碗の大きさにもよるのですが、中盛りサイズを確認したところ、中盛りサイズのお茶碗によそえるご飯は約150gでした。

  • 炊きあがったご飯の重さ
  • お米は、生米のときと水につけてから、そして炊きあがったご飯のときで重さが変わっていきます。
    (考えたら当たり前ですね(笑))
    標準的な白米1合の重さで確認してみると、まず、生米では約150gです。
    1時間水につけた段階では約200g。
    炊きあがると、1合は約350gの重さになりました。

さ、必要な数値は揃いました。
お米1升が、何人分になるのか計算しましょう!

1合のお米=350gのご飯
1升のお米=10合のお米=350g×10=3500gのご飯

中盛りサイズのお茶碗1杯のご飯=約150g

お米1升のご飯÷お茶碗1杯のご飯=3500g÷150g=23.3

お米1升からは中盛りサイズのお茶碗約23杯分のご飯が炊けるということですね!

ちょっと今、親戚の顔を思い浮かべながら数えてみたのですが、確かに総勢、20名はいました。
1升炊く必要があったのだと今更ながらに納得しました(笑)。

スポンサーリンク

ところで一升って何リットル?

お米1合
ずっと重さの話をしてきましたが、1升というのは、そもそも容量の単位だと先ほどお伝えしました。

容量の単位といえば、リットルや㏄です。

お米1升や1合は、リットル・㏄といったお馴染みの単位に直すとどれぐらいなのでしょうか?
こちらも気になったので調べてみました。

その数値がこちらです!

お米の量リットル・㏄換算
1升(10合)約1.8リットル
1合約180㏄(180ml)

ここで不思議なのが、お米1合は180㏄あるのに重さは150gしかないことです。

お水の重さは1㏄で約1gですが、お米はお水に沈むので、お米のほうが1㏄あたり1g以上ないとおかしいのです。

ですが、次の瞬間、お米を180㏄のカップに入れても、お米同士の間に隙間で出来るので、150gという重さにしかならないことに気づきました。

それに気づくと、お米の炊飯器は“合”基準なのに、売られているのが10kgや5kgといった重さなのかも理解できますよね。

ちなみに、お米を炊くときは、お米の容量に対して水の量が決まります。

ご飯を炊くときの水加減の目安は、お米の容量×1.1~1.2倍。

お米1合(180cc)を炊くときは200ccの水加減。
お米1升(1.8リットル)であれば、2リットルの水で炊けばよいということですね。

もし、水気を切った洗い米であれば、お米の量とお水の量は同じと覚えておけばOKですよ!

お米10kgは何合?
お米が1合は約150g、1升が約1.5kgでしたが、その逆、お米10kgは何合になるのかも見てみましたよ。

お米の重さ合に変換
10kg約6.7升(66.7合)
5kg約3.3升(33.3合)
1kg約6.7合
スポンサーリンク

一升餅と一升米

満1歳のお誕生日のお祝いで行う一升餅・一升米
「一生お米に困ることがありませんように」という願いを“一升”と“一生”にかけて行われる風習ですね。

実は私は丸い一升餅しか知らなかったのですが、地域によってお米の場合やお餅であっても角餅の地域、丸餅の地域と別れるようです。

近頃は、お米の方がお祝いに来てくれた人に小分けに出来ることや、急に子供が体調を崩してお祝いが延期になった時も置いておいて使えるといったメリットからお米が選ばれることが増えているのだとか。

また、子供にとっても、同じ1升でもお餅が約2kgに対して、米は約1.5kgと軽いこともお米が選ばれる理由のようです。

満1歳の時期は、体重が男の子は7.7~11kgぐらい、女の子は7.2~10.5kgぐらい。

1升のお米1.5kgとなると、体重50kgの大人が10kgのリュックを背負うようなものでしょうか。
お米だとしても決して軽いとも言えない重さですものね。

最初に触れた私の会社の後輩の子供さんは女の子で、下の写真の女の子よりも小柄ちゃん。
それで1.5kgのお米は、さぞかし重たかったんだろうなぁと、写真の顔を思い出すと笑えるものがあります。

まとめ

お米1升は、お米の容量を表わしていますが、約1.5kgの重さになります。

お米を2合炊くというように使う“合”も“升”と同じく容量の単位で、東アジアで広く使われていた尺貫法と言う単位の統計でした。

容量の単位としてお馴染みのリットルや㏄にすると、“合”は約180㏄(180ml)、“升”は約1.8リットルに変換できます。

1升のお米は、炊くと約3.5kgに増え、中盛りのお茶碗23杯分にもなります。
最近では核家族化もますます進み、家庭の炊飯器も5合炊きサイズが一般的ですので、1升もお米を炊く機会もそうそうないですが、この数値も覚えておくとどこかで役に立つかもしれませんね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事