「ならでは」?「ならでわ」?どっちだったか自信がなくなって調べてみました


人には、それぞれよく使う言葉があるものですが、自分の癖を気づいていないことがあります。

私が最近、そうした言葉の一つと気づいたのが、「ならでは」です。

ところが、それに気づいた途端、急に、ならでは」が正しいのか、「ならでわ」ではないかと、急に不安になってきたのです。

日本語では、「は」を”わ”と発音するのは助詞だけのはず。となると「ならで」って何?と気になってきました。

本日は、そんな「ならでは」について今更ながらの疑問を調べた顛末をお届けしますね。

「ならでは」「ならでわ」、どちらが正しいか白黒つけましょ

ならでは、ならでわ、どっち
まずは、「は」なのか「わ」なのかの白黒から付けておきますね。

正しいのは、「ならではです。

良かった、間違えてなかった、と私が安心したのは言うまでもありません(笑)。

「ならでは」はこんな風に使う

日本ならではの富士山
ついでですから、「ならでは」の正しい(笑)使い方を見ておきましょう。

辞書によると、「○○ならではの」と連体詞として使われることが多いとのこと。

”○○”に入る物や事柄特有の性質を表現できる言葉ですね。

  • 日本ならではの繊細さだ
  • 桜ならではの美しさだ
  • 秋ならではの光景だ
  • 学生ならではの気楽さだ
  • スマホならではの便利さだ

また、最近は「○○ならでは」と体言止めのように使うことも増えていますね。

  • 一斉に咲く美しさは桜ならでは
  • 紅葉の見事さは秋ならでは
  • すぐに検索できる便利さはスマホならでは

かつては、「○○ならでは~ない」と打ち消す言葉と一緒に使われることが多かったということです。

この用法の例を一つ上げると、「東京ならでは見ることができない公演」。

  • 東京でなくては見ることができない公演
  • 東京以外では見ることができない公演
  • という意味になります。

    私だけかもしれませんが、この使い方は、近ごろでは、ほとんど見かけない気がします。

    さて、一通り、「ならでは」の使い方も確認しましたので、最後に「ならでは」を文法的に解剖してみます。

    「ならでは」を文法的に徹底解説

    「ならでは」を文法的に解剖すると次のようになります。

    1. なら」:断定の助動詞(なり)の未然形
    2. 」:未然形に接続する打ち消しの接続助詞
    3. 」:単語や文節などについて、前の語句を強調する係助詞

    高校の時以来、縁のなかった言葉がいっぱい出てきましたね。

    最初の「なら」の基本形である「なり」は、”~である”、”~だ”という意味です。

    「なら」は、「なり」の未然形で、後ろに否定や打ち消しの助動詞や助詞が続きます。

    「なり」の活用形を参考に表にしました(笑)。

    未然形なら
    連用形なり
    終止形なり(に)
    連体形なる
    已然形(いぜんけい)なれ
    命令形なれ

    懐かしのナリ活用ですね。

    次の「で」の意味は、”~しなくて”、”~しないで”。

    「なら」+「で」+「は」で、”~でなくては”。

    まさか、3語に分解できるとは思っていなかったので驚きました。

    まとめ

    ”日本ならではの伝統工芸”というように使う「ならでは」。

    「ならでは」と書くのではなく、「ならでわ」が正しいのではないかと自信がなくなって確認したところ、「ならでは」で間違いありませんでした。

    「ならでは」を分解すると

    1. なら」:断定の助動詞(なり)の未然形
    2. 」:未然形に接続する打ち消しの接続助詞
    3. 」:単語や文節などについて、前の語句を強調する係助詞

    という3語から出来ており、「は」は助詞だったのです。

    ”○○ならではの”と連体詞的に使われることが一般的ですが、もともとは「東京ならでは見ることができない公演(東京でしか見ることができない公演)」のように使う言葉だったのだとか。

    もともとの使い方を知っていれば、”は”なのか、”わ”なのかで、私も悩まなかったかもしれません(笑)。

    あわせて読みたい記事