収入印紙を貼る金額?領収書・契約書ごとの必要額が分かる一覧表!


社会で働いていると、契約書や領収書を作成する機会がどうしてもやってきます。そんなときに、必要性に気づかされるのが収入印紙の存在ではないでしょうか。

収入印紙は、領収書に記載する金額や、契約金額によって貼らないといけない金額があります。

金額を間違えても文書としての効力には影響しないものの、印紙税という税金の納付ミスになってしまうので正確な金額の収入印紙を貼らなければいけません。

そこで本日は、作成する頻度の高い領収書・契約書に貼る収入印紙の金額を見やすい一覧表にまとめてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

収入印紙の金額

収入印紙金額top
では、早速、領収書や契約書に必要な印紙の額をご紹介していきましょう。(ご紹介するのは2018年9月現在の法規に拠ります)

領収書に貼る収入印紙の金額

最も収入印紙を貼る機会が多いのが領収書ではないかと思いますが、受け取る金額が次のいずれかで印紙の金額が変わります。

  • 売上代金を受け取って発行する領収書
  • 売上代金以外を受け取って発行する領収書

具体例もあげて詳しく見ていきましょう。

売上代金の領収書に必要な収入印紙の金額

ここでいう売上代金とは次のようなものになります。

  • 商品販売代金
  • 不動産の賃借料
  • 請負代金
  • 広告料
記載金額収入印紙の金額
5万円未満不要
5万円以上、100万円以下200円
100万円超、、200万円以下400円
200万円超、300万円以下600円
300万円超、500万円以下1千円
500万円超、1千万円以下2千円
1千万円超、2千万円以下4千円
2千万円超、3千万円以下6千円
3千万円超、5千万円以下1万円
5千万円超、1億円以下2万円
1億円超、2億円以下4万円
2億円超、3億円以下6万円
3億円超、5億円以下10万円
5億円超、10億円以下15万円
10億円超20万円
受取金額の記載のないもの200円

売上代金以外の領収書に必要な収入印紙の金額

売上代金以外になるのは、次のような項目があります。

  • 貸したお金の返済金
  • 保険金
  • 損害賠償金
  • 保証金の返還
記載金額収入印紙の金額
5万円未満不要
5万円以上は1通につき200円
受取金額の記載のないもの200円
領収書

領収書の金額は税込?額面?

領収書の記載金額と収入印紙の額は分かりましたが、気になるのは多くの場合、領収書の金額には消費税が含まれていることです。

一番わかりやすい例が、税抜きなら5万円未満だけど、税込みでは5万円以上になるような金額は収入印紙が要るのか要らないのか

同じように消費税が入るか入らないかで、必要な収入印紙の額が変わる場合は、どっちを貼ればいいのか、重要なポイントですよね。

この答えは、「消費税抜きの金額と消費税額が、領収書に明記されていれば、収入印紙の金額は諸費税抜きの金額が基準になる」です。

消費税抜きの金額と消費税額が明記されていると認められる具体的な記載例
(税抜き金額 49,000円、消費税額(8%)3,920円、領収金額 52,920円の場合)

  • 税込価格52,920円 税抜価格49,000円
  • 領収金額52,920円 内消費税3,920円
  • 本体価格49,000円 消費税額3,920円 合計52,920円

税込み・税抜きの両方もしくはいずれか片方の金額が何円かを記載しておけばOKということですね。

合計額を記載した領収書は論外ですが、次のような記載は消費税額がいくらか分からないとして認められません。

    消費税額が明記されていると認められない記載例

  • 領収金額52,920円 消費税額8%を含む

領収金額が少ない場合は数百円の違いですが、大きくなると数万円の差になりますから、大きいですよね。

クレジットカード決済の領収書は収入印紙不要!

支払はクレジットカードというとき、クレジットカードの控えとは別に領収書をくださいと言われることがあります。

この場合、直接金銭の授受が発生していませんので、額面にかかわらず領収書に収入印紙は不要です!

ただし!領収書の但し書きに「クレジットカード利用」と明記することが必須。この但し書きを忘れると、クレジットカード利用分なのに収入印紙の添付が必要となりますのでご注意ください。

クレカ払い領収書印紙不要

契約書に貼る収入印紙の金額

では、続いて契約書に貼る収入印紙の金額を契約書の種類ごとにご紹介していきますね。

売買契約や賃貸借契約の契約書に必要な収入印紙の金額

次のような契約が、売買契約・賃貸借契約と同じ基準で収入印紙が必要です。

  • 不動産売買契約書など
  • 土地・家屋賃貸借契約書など
  • 金銭消費賃貸借契約書など
  • 運送契約書など
契約金額収入印紙の金額
1万円未満非課税
1万円以上、10万円以下200円
10万円超、50万円以下400円
50万円超、100万円以下1千円
100万円超、500万円以下2千円
500万円超、1千万円以下1万円
1千万円超、5千万円以下2万円
5千千万円超、1億円以下6万円
1億円超、5億円以下10万円
5億円超、10億円以下20万円
10億円超、50億円以下40万円
50億円超60万円
契約金額の記載のないもの200円

不動産譲渡契約の収入印紙の軽減措置

不動産譲渡契約書に貼る収入印紙について、2020年3月31日までの作成分は軽減措置が適用されます。

契約金額本来の収入印紙の金額軽減後の収入印紙の金額
10万円超、50万円以下400円200円
50万円超、100万円以下1,000円500円
100万円超、500万円以下2,000円1,000円
500万円超、1千万円以下10,000円5,000円
1千万円超、5千万円以下20,000円10,000円
5千万円超、1億円以下60,000円30,000円
1億円超、5億円以下100,000円60,000円
5億円超、10億円以下200,000円160,000円
10億円超、50億円以下400,000円320,000円
50億円超600,000円480,000円

うっかり軽減前の印紙を貼ることがないよう気をつけてくださいね。

土地譲渡契約の印紙軽減措置

請負に関する契約書に必要な収入印紙の金額

請負に関する契約書は、売買契約とは必要な収入印紙の金額が違ってきます。

  • 工事請負契約書・工事注文請書
  • 広告契約書
  • 物品加工注文請書
契約金額収入印紙の金額
1万円未満非課税
1万円以上100万円以下200円
100万円超、200万円以下400円
200万円超、300万円以下1千円
300万円超、500万円以下2千円
500万円超、1千万円以下1万円
1千万円超、5千万円以下2万円
5千万円超、1億円以下6万円
1億円超、5億円以下10万円
5億円超、10億円以下20万円
10億円超、50億円以下40万円
50億円超60万円
契約金額の記載のないもの200円

建設工事請負契約の収入印紙の軽減措置

建設工事請負契約に関しても、不動産譲渡契約を同じく、契約書に貼る収入印紙が2020年3月31日までの作成分について軽減措置が適用されます。

契約金額本来の収入印紙の金額軽減後の収入印紙の金額
100万円超、200万円以下400円200円
200万円超、300万円以下1,000円500円
300万円超、500万円以下2,000円1,000円
500万円超、1千万円以下10,000円5,000円
1千万円超、5千万円以下20,000円10,000円
5千万円超、1億円以下60,000円30,000円
1億円超、5億円以下100,000円60,000円
5億円超、10億円以下200,000円160,000円
10億円超、50億円以下400,000円320,000円
50億円超600,000円480,000円

金額が大きい分、軽減される額も大きいですね。

建築請負契約の印紙軽減措置

これで、一とおり、領収書や契約書に貼る収入印紙の金額を見てきました。最後に、収入印紙とは何なのかについても簡単に説明していきますね。

そもそもの話、収入印紙とは

収入印紙とは、そもそも何のために貼るものなのでしょうか。

簡単に説明すると、収入印紙は税金や手数料を払うために財務省が発行している証票です。

収入印紙

収入印紙を通じて支払っている税金は印紙税と呼ばれるもので、経済的取引などで作成される文書(課税文書)に対して課税される税金です。

先ほど説明しました領収書や契約書は、課税文書に該当しているわけですね。

収入印紙で支払う手数料としては、次のようなものがあります。

  • 許可申請の手数料
  • 訴訟費用
  • 不動産・法人登記の登録免許税

手数料の場合、既定の額の収入印紙が貼られていないと、そもそも受け付けてもらえませんから貼り忘れるということはありません。

問題となるのは、領収書や契約書に収入印紙を貼り忘れた場合です。

収入印紙を貼り忘れたらどうなる?

領収書や契約書といった課税文書に収入印紙を貼り忘れるということは、納付すべき税金を納付しなかったということになってしまいます。

収入印紙が貼ってなくても文書自体は有効ですが、印紙税の納付義務者に対して過怠税が課せられます。

  • 発覚した場合 → 本来の印紙税額① + ①の2倍の過怠税
  • 自己申告した場合 → 本来の印紙税額① + ①の10%の過怠税

故意に印紙を貼らなかったと認められた場合はですね、過怠税だけではなく「一年以下の懲役若しくは20万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」という刑事罰が下されます。

貼り忘れて過怠税

くれぐれも貼り忘れのないよう、また正しい金額の収入印紙を貼るよう気をつけましょう!

まとめ

契約書や領収書は、契約の金額や記載の領収金額によって、添付しないといけない収入印紙の金額が決められています。

    領収については、

  • 売上代金の領収書
  • 売上代金以外の領収書
  • によって、収入印紙の金額が変わります。

領収書では、税抜き価格もしくは消費税額を明記すれば、税抜き価格が収入印紙の基準になります。

    また契約書については、

  • 売買契約や賃貸借契約の契約書
  • 請負契約書
  • によって必要な収入印紙の金額に違いがあります。

その中でも不動産譲渡契約・建設工事請負契約は、2020年3月31日までに契約書を作成すると軽減措置の適用を受けることができます。

収入印紙は、国に印紙税や許可の手数料・訴訟費用・登記の登録免許税を納めるための証票です。

領収書や契約書といった課税文書に収入印紙を貼り忘れた場合は、過怠税が課されることになります。

しっかりと正しい金額の収入印紙を貼るようにしましょう。

収入印紙の購入場所!郵便局・コンビニの違いが一目で分かる!

2018.09.23

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事