リップクリームの使用期限!期限が過ぎたものはシミや肌荒れの原因に!


どうも胃に熱がこもる体質のようで、冬だけでなく唇がガサガサするほうです。

毎晩、ちゃんとリップクリームを塗ってから寝るといいのですが、ちょっとのカサつきは慣れっこになっていて、つい忘れることのほうが多いです。

カサつくたびにきちんと塗っていれば、リップクリームも半年もあれば使い切れると思うのですが、そんな性格がたたって、1年たってもリップクリームが使い切れないことはザラです。

以前にアイシャドウの使用期限を調べたことがありますが、その時一緒に調べた口紅の使用期限は半年だった記憶があります。

ふとドレッサーに転がしているリップクリームを見て、リップクリームはスキンケア用品ですし半年よりも短い?!と、ハッとしました。

口元に使うスキンケア用品だけに、リップクリームの使用期限がどれぐらいなのか気になりますよね。

すでに使用期限切れの予感をいだきつつ、リップクリームの使用期限について調べてきました!

スポンサーリンク

リップクリームの使用期限

リップクリーム使用期限top
リップクリームの使用期限ですが、いったん開封したら半年以内に使い切るのが目安のようです!
半年より短くなくてよかったと思う反面、やっぱり1年は無理だったか!です(笑)。

また、未開封のリップクリームの使用期限は製造日から3年以内が目安です。

    リップクリームの使用期限

  • 未開封であれば、製造から3年以内
  • 開封したものは、半年以内

リップクリームって、貰うことも多いですし、2本セットで売られていたりしますから、未開封のものが手元にあるという人も多いのではないでしょうか
使いかけのリップクリームの使用期限も気になりますが、未開封のものも、うかうかしていると3年経ってしまいそうです。

ところが、リップクリームのパッケージを見ても使用期限も製造日も記載がないことがほとんどです。

化粧品の使用期限の表示がないのは、製造から3年以内で変質する化粧品でなければ、使用期限を表示しなくてよいという法律(医薬品医療機器等法)があるからなのです。

3年は品質が変わらないのは分かるけど、いつ作られたか分からないと3年経っているかどうか判断がつきませんよねぇ。
そんな場合は、パッケージに印字されている製造番号でメーカーに問い合わせると教えていただけます。

まぁ、私なんかは大雑把な性格なので、大体3年以内に買ったなという記憶だよりで済ましてしまいそうですけどね(笑)。

さて、使用期限があるのは分かりましたが、使用期限を過ぎるとリップクリームの何がいけなくなって使わないほうがいいのか。やはり、理由は知っておいたほうがよいと思いますので、続けてシェアしていきますね!

スポンサーリンク

使用期限が過ぎたリップクリームを使ってはいけない理由

使用期限が過ぎたリップクリームを使ってはいけない理由は、ずばり酸化と雑菌の繁殖です。

この2つがどういう悪い影響を唇に与えるのか、詳しく見ていきましょう!

酸化

開封すると同時に、リップクリームに含まれる油分が空気に触れて酸化が始まります。

酸化した油分は、やがてシミや色素沈着などの原因になる活性酸素に姿を変えてしまうのです!

唇は、リップクリームの上にグロスや口紅を重ねることも多いため、シミや色素沈着を起こしやすい部分です。唇には血管も集中していて気づきにくいですが、一度できたシミは厄介ですので、半年過ぎたリップクリームの使用は控えないといけませんね。

雑菌の繁殖

リップクリームは、唇に使うものですので、どうしても唾液がついて雑菌が繁殖しやすいアイテムです。

唇は皮膚が薄いため、雑菌がついたリップクリームを塗ると、てきめん肌荒れをおこします。

特にスティックタイプのリップクリームは要注意。使用期限内でも品質を考えれば、リップクリームもブラシか清潔な指で塗るほうが良いそうです。

2つの理由ともに、なるほど!と思うものでしたね。
ここで一つ注意しておきたいのが、使用期限前でも酸化と雑菌の繁殖が進むことがあることです。

使ってはいけない状態のリップクリームの見極めポイントを次でお伝えしています。

こんな状態のリップクリームは使っちゃダメ!

後ほど、保管方法についても触れますが、リップクリームが次のような状態になっているときは、使用期限前でも使ってはいけません!

  • 嫌な匂いがする
  • 変色している

変色は、色付きのリップクリームだと分かりづらいかもしれませんが、保湿目的の薬用リップクリームだと、白かったものが黄色く変色していると、まず雑菌うようよです。
変色した部分を削れば使えなくはないですが、夏を越しているようならちょっと怖いかなと思いますので、思い切って捨てましょう。

今、ちらっと夏という言葉が出ましたが、リップクリームを長持ちさせるには温度と湿度がポイントになってきます。

スポンサーリンク

リップクリームを長持ちさせるには

製品によって異なってはきますが、リップクリームの多くは25℃ぐらいまでは変質しません。

ですが、温暖化の昨今、早ければ5月の中旬には最高気温は25℃を超す日があります。
涼しくなるのも遅い傾向ですから、10月中旬でも25℃を超す夏日ということがありますよね。

そうなると、室温での保管は厳しいということになってきます。
かといって、冷蔵庫では低温過ぎて、品質が変わる可能性があり、冷蔵庫での保管も向きません。

結論から言うと、ひと夏使わずに部屋に置いておいたリップクリームは使わないほうが無難です。(と自分に言い聞かせる)

夏の間も続けて使う場合は、次のような場所に保管するようにしましょう!

  • 高温多湿を避ける
  • 直射日光を当てない
  • 室温の変化の激しいところは避ける

また、蓋の閉め方ゆるいと隙間からの空気で酸化が進みますので、使い終わったら蓋はしっかりと閉めておきましょう

それでもリップクリームを使い切れなかったり、また使っていないリップクリームをあったりすることも多いのでは。
そこで、リップクリームは意外な活用方法を次でご紹介していきます!

使い切れないリップクリームを使い切る方法

内緒!
ここでは、無色の保湿用リップクリームの色々な利用方法についてご紹介していきますね。
意外といろんな方法があるので、リップクリームを最後まで使えなくてもったいないという思いをすることを減らせそうですよ。

メントールやミントが入っているもの、使用期限が過ぎていないもの、過ぎたもので活用方法が違ってきますので順番に見ていきましょう!

使用期限前でメントールやミントが入っている

風邪や花粉の鼻づまりの緩和

メントールやミントの入っているスースーするリップクリームは、鼻の下に塗ると鼻づまりを緩和してくれます!

風邪や花粉症の時は、ティッシュの使い過ぎで鼻の下がガサガサにもなりやすいですね。
そんなガサガサの保湿対策もかねて、鼻の下にリップクリームを塗るといいですよ。

特に↓のリップクリームは高山シャクナゲのスーッとした香りがおススメ!

使用期限前でメントールやミントが入っていない

次にご紹介する2つは、目の周りですので、メントールやミントが入っていないものを使うことが必須です。

まつ毛の保護

リップクリームの保湿力は、まつ毛にも効果ありです。

指や綿棒にとって、目に入らないよう注意して、まつ毛にそっと塗ってください。
丈夫な長いまつ毛が生えるそうです!

アイシャドウの下地

手の甲に少しリップクリームをとって、まぶたに指でなじませていきます。
その後に、よれないよう注意してファンデーションをぬり、いつものようにメイクをします。

リップクリームを下地に使うとメイクの発色が良くなり落ちにくいというメリットがあるそうです!

使用期限前のリップクリーム

使用期限前なら、メントールやミントが入っていても入っていなくても使える方法です!

指先や関節のケア

皮膚の薄い唇の保湿用のリップクリームは、かさつく指先や関節など、ハンドケアにも使えます。
また、天然の保湿成分、蜜蝋(みつろう)が入ったものなら、爪のケアにも良いですよ!

指に取って使うタイプのリップクリームなら、米一粒大が片手のケアの目安です。しっかりマッサージすれば、血行も良くなって冷え症対策にもなって一石二鳥です。

ヘアーワックス代わりに

リップクリームを少し指になじませて、毛先にヘアーワックス代わりにつけます。
おくれ毛をなでつけると適度なまとまり感も出ますし、傷んだ毛先を保護して潤いも与えてくれます。

毛先は顔や首の肌に触れることが多いので、使用期限前のリップクリームを使うようにしてくださいね。

使用期限が切れたリップクリーム

ここまでの活用方法は肌につけるものでしたので使用期限前のリップクリームの利用をお願いしますが、次にご紹介する方法は使用期限が切れたものでも大丈夫なものです。使い切れないリップクリームを最後まで使うという点でもおすすめの方法ですよ!

靴擦れの防止

かかとや足の甲など靴擦れしやすい靴の部分に直接リップクリームを塗ります。そうすると、靴の滑りが良くなるので靴擦れになりにくくなるのだとか。

新しい靴をおろした時に試してみたい方法です。

かばんや靴、革製品のお手入れ

リップクリームの油分を使って、かばんや靴のお手入れをする方法です。

かばんや靴の汚れを落としてから、リップクリームを磨くための布に少しとって、むらのないよう薄く塗っていきます。
その後に仕上げ用の布で磨いていくと、革になめらかさと輝きが戻ります。また適度な油分は革製品を長持ちさせてくれますよ。

ただし!革の色が変わらないか、まずは目立たない場所で確認してから始めてください。スエード製品には使えませんのでご注意を。

まとめ

唇の保湿にかかせないリップクリームですが、使用期限は未開封であれば3年以内、一度開封したものは半年以内と短めです。

一度開封すると、リップクリームに含まれる油分が空気に触れて酸化を起こしシミや色素沈着の原因になります。

また、リップクリームは唇に直接つけるスティックタイプも多いため、唾液などがついて雑菌が繁殖しやすいアイテムです。唇の皮膚は薄く荒れやすいので、雑菌が繁殖したりして品質が落ちたリップクリームは肌荒れの原因となります。

長持ちさせるためには、湿度の低く温度の変化の少ない冷暗所で保管すること。
25℃以上になると品質の変化が起こりやすくなりますので、ひと夏使わなかったリップクリームは使用しないほうが良いでしょう。

貰ったり、2本セットで買ったりするリップクリームは、未使用のものが手元にあることも多いですが、意外と活用方法も多いので、そうした方法で使い切るともったいないという思いをしなくて済みそうです。

私も今使っているものは夏を越して1年経っていますので、何とかいろんな方法で使い切るようにしたいと思います!

アイシャドウの使用期限は?期限切れは酸化で肌トラブルの元に?!

2017.07.30

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事